集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

第三世代監視社会の到来と個人監視被害へのささやかな改善策と被害記録
Damage improvement responsibility argument. It struggles against the organized stalking crime to improve damage. This is a Japanese Web site.

被害対策 概要 対策の優先順位、コストなど

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

15092701.20- 被害対策 概要 対策の優先順位、コストなど

(2015/09/27)

・ 被害対策 概要 対策をどう進めるべきか

 個別の被害への対策は、みなさんの受けている被害の度合いや関心の強さによって、それぞれ取られているのではないかと思います。しかし、被害全体の改善を戦略的に考えた場合、何をどの順番で行うのが効率的でしょうか。個々の被害対策を効率やコストなどの面から検討していきます。



・ 効率的な対処 速攻強打理論が理想ではあるが

 監視被害、テクノロジー犯罪の被害、集団ストーカー被害、それらの犯罪者に対して確実な反撃ができる場合は、それを確実に行うことが理想的な対処でしょう。しかし、多くの場合、犯罪者・加害者は、反撃を受けないよう自分の安全をある程度確保した状態から攻撃してきますので、確実に反撃しダメージを与えることは難しいでしょう。その中でも、より高い効果が期待できる対処、と現段階で思われるものをあげておきます。対処法は、随時、追加していく予定です。



・ コスト 金銭面 予算はいくらぐらいか

 金銭的なコストがよい順番を上から並べてみました。

・チラシ配布:100円から15,000円程度

・思考盗聴 電波妨害機導入:30,000円から65,000円程度

・思考盗聴 アンテナ電線撤去:0円から3,000円程度



・ コスト 労力・作業量 何時間くらいかかるか、疲れるか

 労力・作業量となると体力・技術力・習熟度などで個人差があるかと思いますが、おおむね以下の順となるのではないでしょうか。

・チラシ配布:1時間以上、初回以降は月1回程度の継続推奨

・思考盗聴 電波妨害機導入:30分以上、設置後の数日は効果の高い設置場所の調査が必要

・思考盗聴 アンテナ電線撤去:2時間以上、電線を無闇に切断することはできないため慎重な調査が必要、撤去作業も肉体労働となる



・ 以下、それぞれの対処法の金銭面、労力・作業量的コスト面からの考察



・チラシ配布 被害の苦しみや被害者の正当性を訴える 広範囲に有効な広報活動

 監視犯罪、被害の世界は情報や技術を駆使した心理戦の世界でもあります。チラシ配布は、その心理戦を少しでも有利に戦うための情報戦略のひとつと考えてください。(2015/09/27)

 被害者がその苦しみを訴えようとしても、通常、加害者が被害者の声に耳を傾けるような機会は訪れません。被害者の情報は監視犯罪者が独占的に取得し管理・販売しているからです。犯罪者側も被害者と周囲の人たちが直接対話することがないようにマインドコントロールしています。犯罪者は加害者には、被害者への嫌がらせはさせても、仲良く会話をするような機会は与えないようにしています。(2015/11/25)

 そのため、被害者が周囲の人に被害を訴えるのも簡単ではありません。この情報的に分断された被害者と加害者を結びつけ橋渡しするのがチラシ配布です。多くの人に正しい情報を伝え、犯罪者の防犯情報詐欺の魔の手から、加害者を救うために、最も有効な対処法のひとつであると考えています。

 当サイトでも、そのチラシの内容を検討中ですので、いずれはそちらの内容を、パソコンのプリンターなどで印刷・コピーして配布することで、被害者の苦しみや正当性、加害者が犯罪者として罪に問われる危険性などの情報が、世間に広まっていくことでしょう。その過程で、被害者が社会から理解を得られるようになり、被害が改善されることが見込まれます。

 この対策は、金銭的コストに優れており、100円ショップでB5コピー用紙が120枚、三つ折で入れるB5封筒も120個ほど手に入ります。プリンターやインクを買うと10,000円以上かかってしまいますが、会社・学校・その他の施設などのプリンターが利用できれば、無料で実現できるかもしれません。郵便で送る場合、封筒1通あたり82円かかります。直接手渡すことは難しいが、どうしても情報を伝えたいような相手がいるのであれば、100円、200円の小銭を出し惜しみするべきではないでしょう。被害の改善が遅れることを考えれば、封筒を送ってしまうほうよいでしょう。



・思考盗聴対策 電波妨害機導入

 携帯電話の電波妨害機で思考盗聴の盗聴率の低下させるという対処法です。家の中の物がなくなったり、移動させられているような、住居不法侵入被害が防げない状態にある場合は、残念ながら妨害機が犯罪者によって破壊されるような危険があるため、取り扱いには注意が必要です。

 妨害機は値段が30,000円から50,000万円程度と高額のため、金銭的コストは悪いですが、細工や破壊工作などで機能が停止されたりしなければ、確実な効果が期待できます。副作用として、テレビ電波の受信も妨げてしまうため、置き場所には注意が必要となります。また、電磁波自体が人体に悪影響を与えることも指摘されていますので、あまり体から近い距離に設置するのは避けたほうがよいでしょう。

 妨害機がすでに破壊工作などで機能が停止している可能性がある場合、対処法が必要となります。まずはじめに妨害用の電磁波が発生しているか確認すべきでしょう。これも15,000円くらいしてしまいますが、電磁波計、電界・磁界などを計測するトリフィールドメーターという計測器がありますので、これらを使えば確認できます。セットで購入すると45,000円の出費となり、すぐに用意するのは難しいでしょうが、思考盗聴の被害は、精神的に特に強い圧迫感を受ける、重篤な被害ですので、被害の大きさを考えれば、高いなどとは言ってはいられないのが現実ではないでしょうか。



・思考盗聴対策 電線など受信アンテナにあたるものの撤去

 思考盗聴で脳が発する電磁波を盗む場合、NTTの電話線や地デジ・BS・CSなどテレビのアンテナケーブル、その他の電磁波、電気を通すような金属などが、思考盗聴器の補助アンテナのような役割を果たすことが確認されています。そのため、使用していない電話線・アンテナケーブル・金属(物干し竿やハシゴなど)を取り除くことで思考盗聴の精度を下げることができます。我が家の例では、NTTのロゴの付いたカバーから出ている電話線のうち、実際には使用していないもの、どこにも接続されていない線が見つかり、これを取り除くことで思考盗聴の被害を緩和することに成功しています。不審な電線らしきものを見つけた場合は、とりあえず撤去しておいたほうがよいでしょう。

 この対処は、自宅周囲の調査に必要なハシゴと電線を切断するペンチのようなものがあれば、それ以外に特に必要なものがないため、安上がりです。しかし、調査には、実際に屋根に登ったりする必要もでてくるため、作業量が多く、体力的なコストが高い、体が疲れる対処法といえます。(2015/09/27)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


・Twitter hkskns20150904 ・メール ・ダウンロード サイト全文章 説明
集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
集団ストーカーまとめサイト (Wiki Main)
凶悪な組織的ストーキング犯罪と電磁波犯罪まとめ@wiki (Wiki Mirror)

Copyright (C) 2015-2016 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system