集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
責任は警察組織が取る!? 現役警察官の氏名隠蔽事件 全10回

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

15101601.21 責任は警察組織が取る!? 現役警察官の氏名隠蔽事件 全10回

(2015/10/16)

 いたずら電話に出ることで通信記録という動かぬ証拠を得ることに成功し、警察へ証拠を残すため交番へ出かけました。 監視犯罪被害の相談で、あきらかになる警官の非協力的な態度、「責任は組織がとります」などという、聞いてもいない責任問題への言及、氏名をあかさない警官などを不審に思ったささやか任三郎は独自の捜査に乗り出します。 交番から県警本部・公安委員会から所轄の警察署をめぐる一連の真実の物語です。

 被害改善責任論のIT構想がオンラインで開始されるなか、事件は群馬県の交番や県警本部などオフラインで起こりました。 日本の安全関連組織、警察・公安・自衛隊の癒着を防ぐ、疑惑の時限爆弾を利用した、安全関連組織三分の計がここで初めて公表されました。 これをきっかけに、社会の監視犯罪への警戒感は一気に高まることになります。 (2015/10/16)




1508310121 第1回

1508310121 第2回

1508310121 第3回

1508310121 第4回

1508310121 第5回

1508310121 第6回

1508310121 第7回

1508310121 第8回

1508310121 第9回

1508310121 第10回




追伸 氏名隠蔽はルール違反だった … 後に警察の内規違反であることが発覚

 後の調査で、警察官には手帳の提示義務というものが存在し、顔や氏名を明らかにするルールがあることがわかりました。 実際の警官は、手帳の提示もしなければ、存在しない勤務中の肖像権を主張して撮影を妨害するなど、市民がルールを知らないのをよいことにやりたい放題に自分勝手な活動を続けています。 この点には多くの証拠が存在しますが、たいへん残念なことです。

 改善策としては、内規違反の罰則強化といったところでしょうか。 (2016/03/20)

詳細:Youtube警察健全化リスト用説明文
 肖像権主張の嘘など不正や偽証罪への警鐘 (2016/03/19)




戻る



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system