集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
日米の利益比率、取り分8対2程度か

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

1511030221 日米の利益比率、取り分8対2程度か

(2015/11/03)

アメリカ主導の監視犯罪改善

日米の利益比率、取り分8対2程度か





アメリカ主導の監視犯罪改善

 今後、世界規模での監視犯罪の改善を視野に入れた活動へ方向転換していくことを考えています。 当面の私の世界分析でも、世界情勢は超大国アメリカによる1強体制が続くであろうと予想しています。 世界大戦のような大規模な戦争行為は、すでに克服された状態にありますので、1強体制をくつがえすような急激な大きな変化が起こるようなことは考えにくいでしょう。 世界全体を考えてもアメリカ主導の監視犯罪改善を目指すことになるでしょう。

 今年、アメリカで同性愛者の結婚が法的に認められましたが、これをきっかけに日本でも同性婚を認める自治体が現れました。 この強烈な影響力を活用したいと考えています。 司馬遼太郎のアメリカ旅行記のような文章にも書いてありましたが、20年くらい前でしょうか、アメリカではすでに同性愛者が自ら町をつくったり政治家になるなどして権利を主張していたそうです。 同性婚については20年以上の努力が実ったということでしょうから、アメリカが特別に自由・平等で公正な社会であるとも言い切れませんが、その活力は、注目すべきものがあります。 集団ストーカー犯罪はアメリカにも存在します。 ギャングストーキングといいます。 被害者も加害者も当然存在していて、今なお、その被害と加害行為は行われていることでしょう。 監視犯罪の改善方法としては、アメリカでの改善例を日本に輸入するといったかたちになるでしょうか。 (2015/11/06)





日米の利益比率、取り分8対2程度か

 日米の関係を歴史的にみると、敗戦後に占領、民主化が行われ、冷戦勃発後はおおむね協力関係を維持していましが、冷戦終結後はバブル崩壊、週休二日の計などを経てその後約20年、アメリカは日本の国力を抑制する方針をとっていたようにみえます。

 後から振り返ると、冷戦終結後、アメリカのライバルであったソ連が崩壊し、日本が次のライバルとなってしまっていたようです。 そして現在は、急成長を果たした中国が、すでに日本の2倍を超える国力を持つにいたり、アメリカの新しいライバルとなっているようです。 あまり根拠のない見立てですが、現在のアメリカは日本をライバルというより同盟者としてみていると思われますので、国力の比率からすると、アメリカの2割程度であれば、発展を容認するのではないかと予想しています。 経済成長率でいうと、アメリカが3%程度ですから、その2割、0.6%程度の成長であれば、日本にも認められるであろうという、いささか卑屈な見方です。 あまり詳しく調べていませんし、どこで何を調べればよいのかも、あまり知りませんが、超大国アメリカと組むのであれば、その取り分の比率は8対2くらいが妥当で、これを超えれば抑制され、これを下回れば何らかの支援が得られる、といったのがおおまかな見立てとして、当たらずとも遠からずといったところになるのではなかろうかと、私は考えています。

 日本国内でも大手企業と中小企業が組んで商売をすると、その取り分は似たようなものになっているようですから、日米のどちらかに問題があるというより、自然な流れだろうと思います。 仮に、日米の国力が逆だった場合、日本が世界一の超大国として3番手のアメリカと組んだような場合でも、同じような結果になることが予想されます。 (2015/11/03)





アメリカのギャングストーキング改善活動

 アメリカにおける集団ストーカー犯罪、ギャングストーキングについて私は、その存在を知りつつも、いまだに実態を把握しているとは言い難い状態にあります。 できれば改善したいところですが、さしあたり調査すべきだ、とは考えています。 日本の公安警察が強制尾行などと称し堂々と集団ストーカー犯罪を行っているように、アメリカでも治安維持組織が似たようなことをしているという報告があります。 そのため、おそらく同じように宗教関連や企業関連の集団ストーカーも存在するであろうことが予想されます。

 日本でも報道されている、アメリカの大量射殺事件の原因が集団ストーカーだった、などという可能性もあるかもしれません。 アメリカではいまだに全体としては黒人の社会的地位が低い傾向がありますので、事件が起こると人種差別問題として扱われがちですが、一見人種差別に見えるその裏に監視犯罪がひそんでいる可能性は十分あるだろうとみています。 その場合、監視犯罪の改善と同時に、銃殺問題(?)の改善の可能性も見込めます。

 さいわい来年の10月まで、現在の黒人大統領であるオバマさんの任期が続きます。 高度監視技術や洗脳の歴史の末路が、人種差別問題として扱われ、さらに、後の世から自分の責任のように扱われるは、初の黒人大統領としても、かなり不名誉なことでしょう。 史上初の黒人大統領であるオバマ大統領の存在自体が人種差別問題の改善のあらわれである、とも言えますが、監視犯罪を改善した大統領としても、歴史に名を残して欲しいところです。 (2015/11/06)







目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system