集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ネット停止直後の迷惑防止条例改正

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

1512040221 ネット停止直後の迷惑防止条例改正

(2015/12/04)

 集団ストーカー犯罪者が私に対してマスコミを利用した犯行を行っていることがほぼ確実であるという予測から、無関係な人々に不用意に影響を与えるべきではないと判断し、3ヶ月前の、2015年8月下旬まで、自宅でのインターネットの使用を停止しました。 そのため、我が家には今年の8月末までネット環境がありませんでした。 その間、マスコミ、主にテレビニュースを中心とした情報収集活動を行っていました。

 ネット使用を停止した2013年9月末の翌日、平成25年10月1日より、群馬県の迷惑防止条例の改正案が施行され、集団ストーカー行為の多くが規制の対象となったという事実は、いずれ群馬県知事や群馬県警などへの疑惑として検証してもよいかもしれません。 しかし、私の地元の群馬県でも、末端の集スト実行犯については、証拠さえ確保できれば、逮捕できる状態になったのも事実です。 警察は、つきまといなどでの音声・振動・光などの状況証拠くらいでは動きませんが、犯行場面を確実に証明できるような映像証拠を確保し示すことができれば、迷惑防止条例違反での検挙は可能なはずです。

 そのようなことは本来、公安や警察が行うべきですが、現状ではそうなっていませんので、そうさせるような警察組織全体の健全化を促すような努力を今後も続けていくつもりです。 警察も本当に犯罪について理解しているのであれば、自ら進んで取り締まってほしいところです。







目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system