集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
2017年7月7日 2プラス2突如延期、稲田防衛大臣に密約漏洩疑惑 アメリカは稲田さんを防衛大臣としては認めていない?

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > 政界名珍場面集 >

2017年7月7日 2プラス2突如延期、稲田防衛大臣に密約漏洩疑惑

アメリカは稲田さんを防衛大臣としては認めていない?

20170701-Two-plus-two-meeting-postponement, 2017/7/7, 評価:★

 日本は総理大臣も国務大臣も問題が起こればすぐに辞めさせることができますので、大臣がそろそろ入れ替わるのではないか、という時期には、総理大臣であっても重要な国際会議に呼ばれなかったりすることがあります。

 今回は、日米2プラス2という両国の外務大臣・防衛大臣にあたる大臣級の会議が突如中止となりました。 次の内閣改造、あるいは政権交代などの予定が内々に進んでいるのか、いないのかはよく分かりませんが、稲田大臣や岸田大臣とは、今は話したくないというのがアメリカの本音なのでしょう。

 どちらにより大きな原因があったのか、あるいは両方がその原因となったのかは分かりません。 しかし、稲田大臣の政治関連の知識の浅さは有名です。 そのせいか、稲田大臣が普天間基地に関する密約を漏洩したのではないかと疑いがかかっています。

 どうやら普天間返還には8つの条件があり、それを満たしていないから返還されない、ということになるのではないかとみられています。 これは当事者となる普天間基地のある沖縄では大問題となっていて、また一波乱ありそうな展開となっています。

 稲田さんは先日も、自衛隊法も知らずに、自衛隊を政治的に利用しようとして国民から強く批判されたり、以前には弁護士なのに週刊誌を訴えた裁判で負けてしまったりと、頼りないイメージがあります。 日本ではすでに子供大臣として有名になっていが、常識的にみても、重要な情報をやり取りする相手としてはあまりふさわしくないでしょう。

 今回のアメリカ、トランプ大統領側の対応を好意的にみれば、逆に稲田さんの失策を未然に防いでくれた、と言うこともできるかもしれません。 2017/7/7





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system