集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーの3つの問題 … 人為的・科学的・社会的問題

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

集団ストーカーの3つの問題

【作成中】
[3_problems_of_gang_stalking] (2016/02/04)

人為的・科学的・社会的問題




目次

概要

社会問題としての対処・解決を阻害している様々な集スト利権

集ストなど隠れた犯罪が在日犯罪だと確定した場合、在日排斥の人種差別が行われる予想

レイシズム、人種差別は実行が難しい … 世界人類の流れに反する

在日排斥運動が成功した場合




概要

 集団ストーカー問題の改善活動を行う際の方向性は、集団ストーカー問題をどうとらえるかという認識の違いから、人によってそれぞれ違う部分が出てくることでしょう。 問題解決という大きな目標はみな同じでしょうが、個々の問題に対処する方法や優先順位には違いが出てくるはずです。 私の現在の見立てでは、問題は大きく分けて、人為的問題・科学技術的問題・社会的問題の3つに分けられると考えています。

 一つ目の人為的問題は、監視・尾行・つきまとい・ノイズキャンペーンなど実際に人が行っている嫌がらせであるという問題です。 古来より続いている人間同士の嫌がらせの延長上にあり、それが組織的・集団的に行われるようになったのが集ストであるという見方です。

 二つ目の科学技術的問題は、発展しすぎた電磁波関連技術が証拠を残さない、無形的犯罪を可能としてしまっているという問題や、思考盗聴や音声送信など五感・三欲、生態活動情報の遠隔からの分析・送受信が可能となってしまっているという問題です。 本人さえ気付かないままガンを誘発され死んでしまうような、最もむごい被害を起こしている直接の原因は電磁波技術にあります。 殺人は言うに及ばす、地震や津波・竜巻など危険な自然現象まで誘発できてしまいますので、電磁波技術が悪用された場合の被害は甚大なもとなることでしょう。 (2016/02/04, 2016/02/27)


参考

モスクワシグナル事件
 電磁波で米国大使館職員を暗殺

ノドへの電磁波攻撃
 ノドにガンを誘発させた疑い (2016/01/11)


 三つ目の社会的問題は、人為的問題や科学技術的問題に社会が対処できていないという、人類社会にとって最も危険性の高い問題です。 偶発的な犯罪が起きてしまうことは、ある程度は仕方のないことかもしれませんが、あきらかに存在する犯罪行為を社会的に対処できないという病的な状態に陥っています。 現在の社会システムには明らかな問題点があるといってよいでしょう。

 特に社会的問題は深刻で、歴史的にみれば、このような状態になった社会問題の解決は、往々にして実力行使、つまり軍事的な活動によって改善されてきたという経緯があります。 現代では、集団による少数者への嫌がらせ犯罪というかたちで、数的な有利を確保したまま犯行が行われていますので、被害者は団結して立ち向かうということすら難しい状況へと追いやられています。 監視から孤立させるまで、その犯罪のほぼすべてがシステム化・方式化されており、武器を持って立ち上がろうとしても、すぐに見つかり、逆に犯罪者扱いされてしまうような、強固にがんじがらめにされた状況となっています。

 集スト被害者は現代の被差別民、奴隷階級として、人権を剥奪され、社会から放置された状態のまま、現代文明によってしいたげられてしまっています。 (2016/02/04)




社会問題としての対処・解決を阻害している様々な集スト利権

 集ストを社会問題として解決することを難しくしている要因に、様々な利権問題があります。 特に大きな問題となっているのが、警察の防犯利権、カルト教団の宗教利権、精神医学界の医療利権、軍事研究として軍事利権、政治的敵対者や不都合な人物を攻撃・排除する思想統制や政治利権などです。 これらのひどい被害くらべると比較的中程度の被害となるものに、リストラなどの企業利金やマスコミの監視情報利権などがあります。 精神病・自殺・事故死などのひどい被害になるまで悪化しにくい傾向があります。

 利権問題を全体としてみると、社会問題である集スト問題が放置されているわけですから、政治の対象となる社会全体にとって、政治的判断としては、被害よりも利権を重視しているとみてよいでしょう。 政府は、精神病・自殺・事故死などの被害が出ていることは把握していますが、それ以上に利益があると判断しているというのが現状のようです。


以下、別ページへ

 政府・行政などへの情報通達は、約10年前からNPOテク犯ネットの陳情書・要望書などによって行われています。 総理大臣をはじめとする各大臣や都道府県知事、その他の政治家、また警察庁長官や警視総監、各都道府県の警察本部長などへ集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害は、すでに周知されているのです。 内容は長年繰り返されてきた成果でしょうが、簡潔にまとめられており、またたいへん的確なものとなっています。

 これらの文書が通達されている事実を前にしては、政府や警察関係者が、集スト被害を知らなかったなどという言い訳は成り立たちません。 たいへん残念なことですが、政府や警察関係者は問題を理解できずに手をこまねいているのではなく、問題を知っていながら利権を守ることを優先していると判断して間違いないでしょう。

 世界各国の政府が隠蔽しているのだから解決はできないかのように思われるかもしれませんが、基本的には犯罪を隠蔽することで、社会からの批判を避けているだけですから、集スト問題の情報を周知し、社会的な認識を高めていくことで、問題を改善していく可能性は十分に期待できます。 インターネットが存在しなければ、今よりもひどい最悪の事態を招いていたかもしれませんが、IT時代の到来は、政府がすべての人々を管理するような完全監視社会の到来を防ぐのに間に合いました。 インターネット普及以前の社会からくらべると、現在はかなり希望が持てる状態となっています。 未来は決して暗いものではありません。 (2016/02/22)




集ストなど隠れた犯罪が在日犯罪だと確定した場合、在日排斥の人種差別が行われる予想

 三つの問題はそれぞれ大きな問題であり、非常に危険性な状態にあります。 人為的問題では、小さなグループ、小さな秘密結社を作って、隠れた犯罪が行われるという問題が起きていますが、これに対処するには、被害者も秘密結社を作るしか対処法がないようにもみえます。 秘密結社、対、秘密結社という構造になれば、いずれは数の多い側に有利な展開となることでしょう。 モンスター在日による犯罪が疑われる集ストですから、現在は在日がうまく犯行を行っているとしても、それが露見すれば、いずれは、レイシズム、いわゆる人種差月へと発展し、日本民族(在日以外の日本人程度の意)による在日排斥運動へとつながっていくことでしょう。

 日本民族も自衛隊や集団的自衛権自体は、その存在や価値を完全に否定するようなことはしていません。 自分を守る力は必要だという考え方は、自然な考え方として、認識されています。 危険に対して防御することと、その力を持つことを肯定しているわけですから、在日秘密結社が日本民族の危険であると認識されれば、当然、排斥運動も肯定されることでしょう。




レイシズム、人種差別は実行が難しい … 世界人類の流れに反する

 在日排斥でも一時的には問題が解決されるようにみえますが、長期的には好ましくありません。 世界的な流れでは、先進各国が難民受け入れに寛容な姿勢をとり始めているように、外国人の受け入れを肯定する、人種民族の融和路線をとっています。 世界的に、人種差別をなくそうという考え方自体は肯定されていますので、結果として、融和路線を進むことになるでしょう。 この流れは全人類的に共通的な価値観、自由・平等・博愛などの延長にある、公正な流れであり、この流れに逆らうことはできないでしょう。

 集スト問題が解決に向かう途中で、秘密結社に秘密結社で対抗する時期が訪れることが予想されます。 秘密結社システムは強力であり、何もしなければ、日本の在日支配もより悪化してしまうことでしょう。

 在日の支配する世界は、権力を握れば何をしても許されるといった前近代的な、公正さを欠く、不正がまかり通るような、権力志向の実力主義社会となる恐れがあります。 この人権を軽んじる権威主義的傾向は、新自由主義などとは違うもので、創価学会や電通、その他の在日企業や、在日勢力に共通した人権意識の低い、前近代的な傾向です。

 前近代的な在日支配下では、能力や実績などではなく、権力が社会のあらゆる判断基準として重視される傾向が強まりますので、人々の努力や工夫が正当に評価されるようなことも難しくなることでしょう。 そうなった場合、人々は、どう頑張っても、何をしてもどうにもならない状況に追い込まれ、活動の意欲を失い、生まれた家柄を呪うような、日々あきらめの中で過ごすような無気力な生活を余儀なくさえることでしょう。 ちょうど現在の集スト被害者の生活と同じ状態が、社会全体へ蔓延するようなことになります。

 そのような社会がまともに機能するはずなく、社会はさらなる停滞を続けることとなるでしょう。




在日排斥運動が成功した場合

 人々が在日の韓国・朝鮮・中国・台湾などの人々を海外へ追放することに成功したとします。 しかし、その過程で秘密結社に対抗するため作った秘密結社的な組織の影響で、社会集団の秘密結社化が進んでしまっている可能性もあります。

 すべての集団・組織が秘密結社化されることによって、特定の在日秘密結社だけが利益を得るような秩序は解体されるかもしれません。 秘密結社の間で行われる権力争いは、不正や矛盾がまりかり通る状態となり、やがてそれが効率の悪い、不毛な状態であるという認識が、全体へ広まることで、再び公正な秩序が築かれるようになるのかもしれません。 (2016/02/04)




(作成中:秘密結社システムが主流となった社会の検討など)
(2016/02/04)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system