集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
911機密解除 アメリカの裏切りによるサウジアラビア戦争危機

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) >

911機密解除

911_Declassification, 2016.5.17

アメリカの裏切りによるサウジアラビア戦争危機


 イギリスが911の犯人はサウジアラビアだと主張しています。 証拠もあるそうです。 911はアメリカとサウジアラビアの共犯という見方が有力なようですので、本当に証拠を押さえている可能性は高いでしょう。 イギリスが嘘を付くような不名誉な評価を受けることは、今後の世界運営の点から避けたいはずです。

 財政危機に追い詰められ、いかなる手段を用いても、戦争を起こしたい状況になるアメリカであれば、サウジアラビアを敵として戦争を起こすという計画に賛同することでしょう。

 国連の主要ポストをを抑えているロスチャイルドなど超富裕層陣営は、国連軍によるサウジアラビア攻撃を、実際に開始することも可能でしょう。 イギリスが証拠を出してきている以上、サウジ戦争の可能性は、かなり高いとみてよいでしょう。 サウジには世界第4位の軍事力がありますので、戦争がはじまれば長期的な大戦となる危険があります。

 各国政府には、サウジ戦争到来を見越した、賢い対応をとることを期待します。 具体的には、戦争には反対し、開戦してしまっても参加しない、協力もしないという態度を示すことが期待されます。

 当然、戦争を起こさせないのが最善の策です。 サウジ戦争で石油などの利権を得るのはアメリカとなりますので、協力国は無駄な出費以外に、何ら国益となるものは期待できません。

 日本の311地震テロのようにイスラエルあたりが核兵器で脅してくる可能性はありますが、イスラエル被害よりも戦争被害のほうがひどい被害となるはずです。 また、脅しに屈すれば、脅せは言う事を聞くと判断され、それ以降、永遠に脅され続けることになります。 被害にあっても我慢して、脅しには屈しないのが賢い選択肢となります。

 人を脅すような無法者も、脅しに屈しないという態度をとり続ければ、いずれはあきらめます。 それまでは脅しの証拠集めなどの対処をとるとよいでしょう。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system