集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
シオン長老の議定書について

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判 >

シオン長老の議定書について

About-the-Protocols-of-the-Elders-of-Zion, 2017/4/24, 2017/5/11, 評価:★

 シオン長老の議定書は、序論と24の議定書からなる25の書物で、ユダヤ人が世界を支配するための社会分析や活動方針がまとめられています。 19世紀末にロシアでフリーメーソンが所有していたものが発見され 、ロシア語で内容が出版されることで一躍世間に公開されることとなったようです。

 19世紀末のこの時期に、すでにアメリカ、日本、中国はメーソンの支配地域として扱われています。

 その主な内容は、力と偽善を合言葉に社会寄生型詐欺による政治支配とそれを実現するため方法論や組織管理論となっています。 ユダヤ人以外の人々をゴイムとして家畜のような劣った生き物として扱うことや結果が手段を正当化するなどの詭弁を使い、まずは実行組織となるユダヤ人たちを奴隷洗脳することに大きな特徴があります。

 これがタルムードや世界革命行動計画、イルミナティ・アジェンダ、世界連邦運動などの雛形になっています。 またそれらの指針や計画は古い考えを継承しながら、時代の変化に応じて新しいものを取り入れ、名前を変えながら今現在も更新され続けています。 いつになるか分かりませんが、将来的には、ネット社会や世界政府統治下の人々への支配・管理方針などが漏洩、あるいは彼ら自身から公開されることとなることでしょう。




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system