集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー加害者の分析 加害者はどこの誰か

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカー加害者の分析

加害者はどこの誰か

Analysis_of_a_gang_stalking_wrongdoer, 2015/10/7, 2016/10/8,
動画版, 音声DL・再生 2016/10/8

 全体としては、一部の犯罪者が、社会的地位を利用したり、防犯目的・宗教的正義・企業の都合などで監視犯罪を正当化することで、多くの人々をだまし、加害者を作り出して犯罪に利用しているとみられています。

 加害者として報告されている容疑者は広範囲に渡っていて、多くの容疑者が存在します。 逆に、この種の人間は監視犯罪を行わないという報告は、ほとんど存在しませんので、あらゆる人が加害者となる可能性があるとみるべきでしょう。

 政府・行政・司法・公安・警察・自衛隊などの公務員とその関係者、創価学会などのカルト宗教団体、在日朝鮮系団体、部落系団体、暴力団、海外マフィア、CIAなど外国のスパイなどが加害行為に関わっています。

 また、宗教関係者が警察組織に属していたり、近隣住民が店舗などに加害協力をさせるなど、所属組織などが重複していることもあります。

代表的なものは次のようになります。

 実際の犯人の予想についてはこちらで扱っています。
 <参考> 犯人予想 現状での様々な問題の犯人を予想


< 身近な人々 >

 家族・友人・知人・近隣住人・通りすがりの第三者など 2015.10.7


< プロ市民 >

 市民を装って集ストを行う人たちのことをプロ市民と呼ぶことがあります。

 プロ市民の一般的な意味は、プロ意識のある市民、または営利目的や政治目的のため市民を装って活動する人たちという意味です。 集ストを行うプロ市民は後者の営利・政治目的の人たちのことです。

 公安や警察などに依頼された宗教関係者や在日勢力、予備自衛官、さらにアルバイトなどの非正規雇用のかたちで探偵や一般人がプロ市民として集スト加害に参加しています。

 在日勢力についてですが、差別的な表現になってしまいますが、日本の凶悪犯罪は、その凶悪性が高まるほど在日朝鮮人の犯行である比率が高まります。 そのため、集ストのような非人道的な犯罪の犯人として疑いかかかるのは仕方のないことです。

 彼らが日本人に対して常識では考えられない情け容赦ない犯行を行うことができる背景には、彼らが行っている強烈な反日思想教育の影響があるのではないでしょうか。 2016.10.8


< 民間企業など >

 所属組織の上司から同僚、清掃業者など
(詳しくはコチラ:集団ストーカー企業リスト@wiki


< 店舗など >

 デパート・商店・飲食店などの店員など 2015.10.7


< 宗教関連 >

 信者や元信者、またはその家族など。

 4歳の幼児まで参加させるほどの徹底した加害行為を行う傾向があります。 小中学生のイジメ自殺事件などにも主導的に関与していることが疑われています。 2015.10.7, 2016.10.8


< 民間調査組織 >

 探偵や興信所の調査員など


< 民間配達組織 >

 郵便配達員やその他の宅配便の配達員など


< 公的捜査機関など >

 警官・公安・自衛隊の捜査員など


< その他の公的機関 >

 消防・役人・政治家、駅員など


< マスコミ関連組織 >

 テレビ局、ラジオ局、新聞社の社員や関係者など


< 通信インフラ関連 >

 電話会社やネットプロバイダやブログサービス会社の社員や関係者など 2015.10.7


< 暴力団 >

 政府や役所などの公務員から犯行を下請けしたり、地上げや情報隠蔽など、特に犯罪性の高い加害行為を暴力団員が代行することもあります。 暴力団は逮捕されない、見つからない犯行であれば、何でも行います。 報酬が高額になれば殺人さえも行います。

 暴力団員、ヤクザといえば恐ろしい印象がありますので、創価学会員やその他の不良やチンピラも暴力団員を名乗って市民をおどすことがあります。 暴力団に対しては、表向きは警察が対処しますので、警察への通報などで本物かどうか判断できることがあります。

 暴力団員は自分で徹夜して睡眠妨害を行うような地味な犯罪は好みませんので、それほど恐れる必要はないでしょう。 暴力団がおどしすとき、地味なイジメのようなようなものではなく、もっと強烈で圧倒的なやり方を好みます。

 暴力団というのは海外のマフィアのように大金を渡されれば殺人でも何でもやる人間が多いですが、一般的には、集ストのよな誰でもできるような簡単で地味な加害行為が、わざわざ報酬の高い暴力団に依頼されるようなことはあまり起こらないでしょう。

 暴力団員かどうかの判断基準は、やはり素行の悪さや凶悪性となるでしょう。

集ストで被害者を監視する場合、被害者の自宅の隣の家やアパートの下の階などに監視・嫌がらせ担当員を住み込みで配置しようとします。 この担当者の素行があまりにも悪い場合や強烈なテクノロジー犯罪を行ってくる場合であれば、暴力団の関与も疑われます。 2015.10.7, 2016.10.8


< 同和・部落 >

 このサイトでのそれほど調査は進んでいませんが、同和・部落の人たちが集ストで利益を上げるとすれば、警察・公安、創価学会、その他の在日勢力から依頼された場合となるでしょう。 彼らは利益を上げにくいので、集ストに積極的に関与している可能性は低いでしょう。

 同和・部落地域の人たちは、警察や公安、創価学会などからスケープゴートとして犯人扱いされることがあります。 また、思考盗聴を行うことが少ないので、テクノロジー犯罪の技術が低いことが予想されます。

 監視・待ち伏せ・付きまといなどをして、同時にほのめかしやノイズキャンペーンを行っているとみられていますが、集ストというよりも単なるイジメや差別、村八分のような行為を行っているだけではないでしょうか。

 不運なことに昔の被差別地域に生まれてしまった人たちは、差別を受けることで差別に対処したり、差別手法を流用する技術や知識が身についてしまったということではないでしょうか。

 彼らを差別していたのも多くは日本人だったことでしょうから、日本古来のイジメ手法が集ストなどに悪用されているとも言えます。 2016.10.8





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system