集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

暗殺

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

暗殺

Assassination, 2016.5.7

暗殺の被害者

暗殺の犯人

暗殺の実行犯

暗殺の方法




暗殺の被害者


 一般的には、政治や企業の情報隠蔽工作として行われてます。 近年は、保険金目当ての暗殺が増えているとみられ、統合失調症患者の死亡退院数が年間1万5千名にのぼるなどの問題が発生しています。




暗殺の犯人


 個人や暴力団が自ら、または依頼されて暗殺を行う場合は、それぞれ様々な動機があることでしょう。 それ以外の政治、司法、警察、軍事などに関わる場合は、当然、それらの組織に属する人間が犯人となるでしょう。

 日本国内の勢力が主導ではない場合、外威が疑われることになります。 日本は、アメリカから強い支配的な影響を受けていますので、多くの不審死は、おおむねアメリカの都合や利害関係が影響しているとみられています。

 また外威を偽装した日本国内勢力の暗殺であるというパターンもあるでしょう。




暗殺の実行犯


 実行犯は犯罪者ということになりますが、一般的な犯罪者以外で、日本で暗殺部隊を持っているのは、自衛隊、公安、警察、暴力団などです。 彼らが政治や軍事に関わる暗殺事件の実行犯とみられています。




暗殺の方法


 マスコミで報道されるような暴力的な方法の他に、高所からの突き落としや、病院内での薬物殺が行われているとみられています。

 病院内では、増血剤や止血剤を交互に投与して、脳梗塞や心筋梗塞を誘発する方法があります。 点滴で投与されるブドウ糖でも大量に投与すれば人体に異常を来たしますので殺人は可能です。 (人が生きるためには、体内の水分量を一定の範囲・割合に保つ必要があります。 人体は体内の水分量が増えすぎただけでも生命維持ができなくなってしまいます。 )

 他にも病院内での薬物殺の方法は多岐に渡ります。

 2005年前後には、不審死をとげたロシア諜報員の尿から、放射性物質のボロニウムが検出されており、放射性物質を食品などに添加して服用させるという方法も行われていたとみられています。 ボロニウム殺は証拠が残りにくいことから行われたようですが、尿に証拠が残ることが発覚していますので、すでに行われていないというみかたもあります。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system