集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
対象として扱うのは一般大衆による選挙

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 >

対象として扱うのは一般大衆による選挙

不正選挙関連の記事への注意

Attention_It_s_election_by_the_general_public_to_handle_it_as_a_target, 2017/1/31, 2017/2/1

 ここサイトが扱う選挙とは、主に国民などの一般大衆が参加できる選挙での投票と集計のことです。 また、選挙ではいろいろな不正が行われる可能性がありますが、主に投票と集計に関する不正の追求と改善方法について扱います。

 なぜ投票と集計について特に扱うのかというと、不正や詐欺行為を働く場合、結果に直接かかわる投票と集計部分での不正が一番簡単で効率がよいので、選挙制度成立当時からここが不正の温床となっていたからです。


 また、社会主義国や王が国を支配し続けているような専制国家での、投票者があらかじめ限られているような選挙については別の問題です。

 投票自体は、むしろ、投票者が少数で、誰が誰に投票したか特定できてしまうような場合のほうが、不正は行いにくいでしょう。 ただし、投票自体に不正が行えないからといって公正な選挙となるかというと、もちろんそうではなく、投票者が特定できる場合は、投票者へ懐柔やライバルへの妨害などの工作活動が盛んに行われることになったり、そもそも派閥などのグループが投票開始前に作られることが多くなっています。

 また、選挙という言葉は、日本では主に政治関連の代表者を選ぶ場合に使われる言葉となっています。 少人数のグループ内での代表者選びで行われる選挙や、選挙にあたる投票や集票活動は、一般的には単に多数決と呼ばれています。 逆に多数決という言葉のほうは意味が広く、政治関連の選挙を表すこともあります。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system