集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

バランサー 支配層代理人の政財界人や協力者となるマスコミや有名陰謀論者など

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

バランサー

支配層代理人の政財界人や協力者となるマスコミや有名陰謀論者など

Balancer, 2017.8.3, 2018.3.25, 評価:★★★★★
< お知らせ 内容整理中 >
 このページには記事内容に重複があるので内容を整理中です。優先順位はあまり高くありませんが、いずれ整理する予定です。当面のおすすめ記事は「バランサーリスト」部分になります。簡単に結論を書いておくと、現実でもネットでもよさそうな主張や情報は目にしますが、だまそうとしている人が予想以上に多いはずなので注意してください、という話です。2018.3.25


目次

バランサーとは

簡単な見分け方

バランサーリスト

バランサーリスト 読めないニックネームより

バランサーリスト TruthIn7Minutesより


関連

(*1) 支配層戦略、NWO、グローバリズム、シオニズム


参考

タマちゃんの暇つぶし ★奥の院: バランサーとは何ぞや! 追々補、
 バンラサーはControlled oppositionの訳語で達人さんが使い始めた和製英語

多くの陰謀論者が無視する点を盛り込んで陰謀論者チェックリストを作りました~はじめにお読みください① - 読めないニックネーム(再開版)
 長文につき次の単語でのページ内検索を推奨「陰謀論者判定用チェックリスト」「陰謀論者のデスノート」




バランサーとは


 真相をある程度までは明かすが、支配層(*1)の上層部の情報など重要な部分は隠し誤誘導する人たちのことです。 有名陰謀論者がその代表で、その他のネットやマスコミなどで活躍する人たちはおおむねこのバランサーだとみられています。

 バランサーをごく単純化すると不正の手助けをするために善人の振りをする偽善者といってよいでしょう。

 彼らは自分の属する社会や世界情勢に不審を抱いている人たちの疑問に答えをあたえるガス抜き要員となりながら、真の秘密を隠しています。 また、バランサーにはB層向けの単純な陰謀論者から、情報に詳しいネットリサーチャーなどの真相究明者に向けた高度な印象操作を行う者まで様々なタイプがあります。

 支配層の本質は、支配を目的とした詐欺師グループであり、目的のためなら、いくらでも彼らにとって都合のよい嘘を付き、またその内容もすぐに変化します。 ヒラリー・クリントンが米大統領選で自陣営の不正選挙を棚上げして、対立候補だったトランプ・トランプに対して不正選挙疑惑を主張したのが良い例です。

 彼らには誠実さがなく、矛盾をさけたり主張の一貫性を守るような美徳は持ち合わせていません。気付かれないように人をだますのが詐欺師というものの本性です。

 バランサーは主に情報分野における大衆誘導を目的としていますが、ほかにも彼らは支配層の反対勢力を演じることで、真の反対勢力やこれから反対勢力を作ろうという人たちから情報を得るという、情報収集や本当の反対者への監視という役割も果たしています。 そのため、彼らのことをバランサーだと気付かずに、反対勢力設立の計画などを彼らに教えてしまうようなことをしてしまうと大変なことになっています。

 また支配層戦略のひとつに、反対勢力をコントロールするには反対勢力の活動を自ら導けばよい、というのがありますが、 この戦略にのっとって彼らの反対勢力を自らの支配洗脳奴隷を使い反対勢力を内部からコントロールしようとしています。

 バランサー(Balancer)という用語についてですが、これは達人さんが使った言葉で、英語のControlled Oppositionの訳語にあたる言葉です。これを紹介しているタマいちさん自身も何か応募者のついでに本来不要な個人情報を集めていたのでバランサーだろうという疑惑があるのが面白いところです。

 Controlled Oppositionを直訳すると制御された反対(意見、立場、勢力)といった意味になります。わざと反対している人といったイメージです。この用語は真相究明やそれをミスリードする陰謀論の分野に限定する必要はないと思われますので、このサイトでは対象を広げて、一般的な社会問題、政治・経済などや、集団ストーカー・テクノロジー犯罪にも使っていく予定です。

< 補足 >
 バランサー個人だけではなく、ネット社会やネット情報全体でも同じような誤誘導や印象操作のための情報操作が行われているます。 そのため、私たちは確からしい情報が大量に見つかったとしても、それ自体を疑う目を養いつつ、様々な関係性のなかからより妥当な判断に行き着けるよう努力しなければ真実にはたどり着けないでしょう。

 またバランサーのなかにも社会秩序やモラルを崩壊させるような行き過ぎた詐欺洗脳行為や非人道的な支配層戦術の強行を抑制しようとしている人たちもいます。 バランサーとして民衆のガス抜きをしているとみせかけて、本当に支配層の悪事を防ごうとしている部分もあります。

 それは単に支配層グループ内での権力・派閥争いに利用されていることもあるでしょうが、本当に支配層戦略を改めたいと思っている人たちもいますので、そういった善意はむしろ活用していったほうがよいでしょう。

 世界の真相や健全化に向けた努力が行われている分野では、支配層側もそれに対抗する民衆側も入り乱れた変幻自在の情報戦が繰り広げられています。 善悪を分けるだけのような単純な考え方では、実情を把握するのは難しいでしょう。

 バランサーにも色々なタイプがあり、しかもバランサーと善意の真相究明者などの立場が入れ替わる可能性があります。 支配層から切り捨てられた人が正義に目覚め秘密を暴露し始めたり、善意の活動をしていた人が支配層側に弱みを握られるなどして裏切るような可能性があるのです。

 そのため、バランサーを単純な情報工作員として判断するのではなく、色々な可能性のあるなかでの一面であり、一時的な状態である可能性があるということも心に留めておくべきでしょう。

 私たちが当然持っているはずの権利を真の意味で獲得し平和な世界を実現するには、バランサーの存在を考慮しつつ、事件や問題などを全体との関係から理解し、客観的かつ本質的な分析を行い、結果的に世界を健全化させるような賢明な判断と実践を続けていく必要があります。


 私の予想では、完全な世界平和や社会の完全な健全化を実現することは、かなり難しく、また目標としてはいつかは実現すべきではありますが、今取り組むべき課題としては、あまり現実的ではありませんので、実際には、支配層に利用されている上級奴隷のイルミナティ代理人やその配下の政財界のエリートやオカルトエリートである特権ゴイム、さらにその下で利用されている一般人に近い協力者などを、少しずつ健全化させていくことになるとみています。

 支配層グループは所詮は詐欺師の集団にすぎず、肥大化した組織やネットワークの内部には恐怖支配があるだけで、一枚岩と呼べるような強い団結力はないとみられています。 さらに支配層の同格同士の組織は実力主義となっていて、古くから内部争いを繰り広げてきました。 今も色々な派閥やグループが勢力拡大を目指して内部対立している状態にありますので、支配層に対する分断工作や支配層の協力者を寝返らせるような方法が、私たちにとって有効な戦略となるでしょう。

 分断工作や相手を寝返らせるという方法は支配層が古くから行ってきた方法ですから、これで私たちも戦略上は互角の戦いができるようになるといってもよいでしょう。

 バランサーや支配層の協力者だからといって彼らを全否定するのではなく、彼らを健全化に活用しつつ、また一般の人たちが支配層の協力者とならないよう健全化していくことが、色々な社会不正を改善していく道となるでしょう。

 支配層が持っている私たち一般人を奴隷化して支配しようという目論見は、支配層が人類に仕掛けている戦争のようなものです。 彼らは支配層は時には卑劣な蛮行で、時には善意を偽装しながら人類の富を収奪しています。 彼らの仕掛けている戦争では、私たち一般人は不意に巻き込まれてしまった災難ではありますが、戦争の当事者とさせられてしまっていることは事実です。 そのため私たちの意志とは関係なく戦争で戦うことを余儀なくされています。

 支配層はこの戦いを文字通り戦争としてとらえていて、善悪や主義主張などは関係なく、結果的に利益をあげ、勝利することを目的としてます。 そのためこの戦いは私たちにとっては、情け無用の無法者集団との戦いとなりますので、私たちも表面的な善悪や主義主張にとらわれれず臨機応変に事態に対処し、全体の流れや勢力関係を私たちにとってよりよい状態へ変更できるような活動を続けていくことになるでしょう。 2017.8.3, 2018.3.25

< 関連 >
(*1) 支配層戦略、NWO、グローバリズム、シオニズム




簡単な見分け方


 バランサーのごく単純な見分け方としては、詐欺師の本性が出てしまっていて下品で誠実さに欠ける点があるかどうか、真面目な印象ではなくふざけている印象があるかどうかで、おおむね判断できます。ただし、これは個人の性格にもよりますので、当たるも八卦あたらぬも八卦といった偶然の要素があることも否めません。

 他に右翼やカルトのシンボルを使っているかどうかでもおおむね見分けられます。右翼は日の丸、日章旗、天皇、桜、軍艦など武器・兵器、在日や特亜批判、カルトはピラミッドと目、六芒星、イルミナティのマークやその他の悪魔的なシンボル、大手政党・カルト宗教、CIA・NSA・アメリカ・ロスチャイルド・ロックフェラーなどの勢力を特定した過度な批判などを、それぞれ好む傾向があります。無意識下の印象操作を狙うととも、仲間同士のサインなどにもそれらのシンボルを利用しているのでしょう。

 他には論理的な説明が少なく極端な主張をしている場合は、バランサーも含めて情報工作をしている人間であることが疑われます。リチャード・コシミズのような勢いよくロックフェラー非難をしていたようなパターンです。それとは逆に真面目な雰囲気のバランサーもいるのでこちらは冷静にその意図を検証する必要があります。

 バランサーはコントロール・オポジションの訳語の和製英語で、制御された反対者といった意味ですから、 表向きは反対や批判をしている振りをしながら、本当は反対や批判はしていないような人や組織などのことです。日本の野党が国会の質疑では議題を批判するものの、いざ投票となると与党の出した法案に賛成してしまうのが分かりやすい例です。近頃は民主党や維新の会、緑の党などがよくやっている手です。

 彼らは政府や富裕層、シオニスト、メーソン、その他のカルト団体、極右・極左団体など支配層(*1)につながる組織など属していたり、それらを擁護する傾向があります。逆に支配層からみると、彼らはそのために使用している担当者にすぎません。

 大手マスコミが支配層に支配されていることから、マスコミが正義の人のようなイメージで報道している人たちの多くがバランサーを兼ねています。

 有名陰謀論者はほぼすべてバランサーとみてよいでしょう。またバランサーはネット上では顔写真や経歴を公開して信頼を得ようとする傾向があります。マスコミに露出している、あるいは書籍を出版していたり、活動費や募金を一般から求めている人は顔や経歴を明かすでしょうが、それ以外の人が無闇に顔や経歴を明かすのは、今の日本の個人情報意識からすると必要のないことです。

 顔や経歴を明かすことは、善意からやっている人もいるのですが、メーソンなどの詐欺師たちも信頼を得るために悪用していますので、注意が必要となります。

 ネットなどに大量の文章を公開してしまうと、重箱の隅をつつくような細かい批判は比較的簡単に出来てしまうものなので、細部ではなく全体を俯瞰して判断するようにすべきでしょう。

 聞かれてもいないのに人を非難ばかりしている人は、それを偽装した工作員である可能性も疑われてきますので、彼らの流す怪しい情報は、その内容から何を意図しているか予想していくことで、誰が本物で誰が偽者なのか判断する材料にもなるでしょう。

 このサイトでもバランサー批判をしている訳ですが、これはあまりにも多くの偽者が私たちをだまそうとしている現実を少しでも世間に知らせようという目的で行っています。ここで何を書いても、結局はバランサー自身に聞いても同じ事を言うのかもしれませんので、情報やその発信者が信頼できるかどうかは、各自で検証する必要があるでしょう。

 ささやかな注意点としては善意の真相究明者でも間違うことや、うっかりだまされていることもありますので、ある程度まで検証していないと、判断できないというのがあります。ただし、その間違いや誤解はその点を本人に指摘すれば簡単に確認できます。これを悪用して、本人に指摘したが、その記事やコメントが削除された、などと主張する工作員もいますので、面倒ですが信頼できるかどうかは自分で確かめていくしかないでしょう。

 基本的にはあからさまな陰謀論者や工作員の発信する情報には、あまり質のよい部分が少なく、また気付けないレベルでの細かい印象操作が行われている可能性もありますので、彼らの情報にはあまり触れすぎないようにしたほうがよいでしょう。

 心理学や脳科学は人の心を客観的に分析していますが、これは機械論的に人の心を画一化して判断しようとする試みでもあります。たしかに人の心には、一定の条件化で一定の反応をとる、といった機械的な反応を示す部分や傾向もありますので、この部分が悪用されると、かなり冷静で理性的な人でも印象操作されてしまう危険があります。

 ナチスドイツや創価学会の「嘘も100回つけば真実となる」という説も、人の深層心理レベルでは、まったくの間違いとも言い切れない部分があるのです。これは本当に嘘が真実になるという意味ではなく、嘘なのに聞き続けた人が心の中で間違って真実として扱ってしまうこともありうるという意味です。大手マスコミなどはこの心理効果を信じて嘘をつき続けているのでしょう。

 科学や学問、マスコミ、常識などを含めてすべての情報が嘘で満たされたとき、その状態で人が真実にたどりつくのはかなり困難なことになるでしょう。常識を超えたメタ常識感覚を身につけ哲学的思考をする一部の人たちでないとその嘘情報の世界から脱することは難しいでしょう。2018.3.25




バランサーリスト


リストの説明

 主にバランサーの役割を果たしている”疑惑のある”の個人や団体、ネットサイトなどのリストです。人をだます意図が隠されているということを前提として理解出来ていれば、情報や分析自体には正しい部分もあるので有効活用していくべきでしょう。

 しかしながら、善意の主張をしているように見えて、実際は支配層(*1)のための情報操作や印象操作をしている人たちのことですから、大手マスコミのすべて、マスコミで扱われる主要な政治家や評論家もほぼすべて含まれることになります。実際にすべて含めてしまうと膨大なリストになっていますので、なるべく分かりにくいことろを優先していく予定です。

 善意の真相究明者であってもネット上で大量の文書などを公開していると、意図的な拡大解釈させるような曲解や、論点のすり替えや論理の飛躍などの詭弁で、重箱の隅をつつくような非難は可能となることが多いので注意してください。言い訳の出来ないような決定的に悪い思想やそこから出るネット発言などは議論の余地はないでしょうが、それ以外はなるべく部分ではなく全体の思想から判断するのがよいでしょう。

 逆に悪意の陰謀論者でも少しはよいことを言っているので、よいところだけ集めると、善意の真相究明者のように見せることもできます。

 このリストではわざわざ指摘されなくても誰でも分かるようなものから、かなりうまく真相究明者を偽装しているものまであります。実際に陰謀論者が真相究明者の信用を落とそうと企んで情報を流している可能性もあります。怪しい部分は各自で検証して、さらになるべくネット上に、バランサーなどの分かりやすい用語を使って公開しておいてもらえると助かります。

 バランサーでなくても問題のあるネット情報はすぐに削除されてしまう傾向がありますので、ネット情報を証拠とするときは、なるべく動画やHTMLを完全な状態で保存しておくことをおすすめします。そのまま公開せずに、出所を明記して部分的に引用・転載するのであれば著作権侵害にはならないはずなので証拠として使えるはずです。

 ちなみにネット上のデジタルデータはコピーや加工ができてしまうので証拠としては若干確実性が欠けます。嘘の証拠がいくらでも作れてしまうのです。これは致し方ないでしょう。個別の証拠もインパクトがありますが、出来れば思想や発言などを論理的に指摘したほうがその信頼性が高まるでしょう。

 また陰謀論者から悪意のある非難を受けても、自分の管理するネットデータを削除してしまうよりも、論理的に否定したほうが信頼性を回復しやすくなるでしょう。

 バランサーの多くはネット上の陰謀論や真相究明偽装サイト、有名陰謀論者、政財界に影響力のある人たち、その他の学問の専門家や評論家などです。

 このリストの主な情報源はページ内の項目の「TruthIn7Minutesより」、「読めないニックネーム」などなので分析に至った経緯などはそちらで確認してください。主にネットかマスコミのはずですが、情報の出所が特定出来ないないものや出所を説明するまでもないものは「当サイトの疑惑」としています。リストの並びは50音順にしています。

 支配層の影響力はとても強くなっていて、政財界・芸能・マスコミ・科学や学問などにおけるいわゆる有名人の多くが影響下にあり、バランサーを兼ねている可能性があります。

 特に社会的な不正などを暴くと主張している人たちの中では、陰謀論系の書籍や有料ネットマガジンなどで利益を得ている人たちはバランサーである可能性もあります。 ネット世界ではほとんどのコンテンツが無料となっているせいか、コンテンツにお金を払うという文化や仕組みがあまり出来上がっていません。 そのため、有料ネットマガジンやサイトや個人への募金・カンパなど資金だけで活動するのは大変難しくなっています。

 また、書籍の出版には政府や支配層からの実質的な検閲機能が働いていますので、支配層に都合の悪い情報を発信すること自体が難しくなっています。 このあたりがバランサーかどうかの判断材料となるでしょう。 2017.8.4, 2018.3.25

参考 - バランサー

リスト

飛鳥昭雄(モルモン教) … 読めないニックネームより

安部芳裕(ロックフェラー財団の支援を受けてる、モルモン教徒? CIA?) … 読めないニックネームより
アメノウズメ塾 … 読めないニックネームより

アレックス・ジョーンズ … TruthIn7Minutesより

泉パウロ(東京の立川福音派教会牧師) … 読めないニックネームより

ウィリアム・G・カー(キリスト教・宗派不明) … 読めないニックネームより

宇野正美(聖書キリスト教会orプリマスブレザレンなどの福音派) … 読めないニックネームより

HKSSSYK(被害改善責任論、左翼風のサイト名は事実か集スト被害軽減策か) … 当サイトへの非難や自己分析より

大本教 … 読めないニックネームより

岡本天明(日月神示の作者。怪しいと思う。元大本教信者) … 読めないニックネームより

鬼塚五十一(リトルペブル。カトリックセックス教団だったのですが、バチカンから切り捨て) … 読めないニックネームより

カレイドスコープ(カトリック) … 読めないニックネームより

きくちゆみ(正体がバレてるみたいですが、わかりません。) … 読めないニックネームより

キチガイ医(東洋医。サイエントロジーの信者) … 読めないニックネームより

紀瀬美香 … 読めないニックネームより

小石泉(ペンテコステ派) … 読めないニックネームより

サーティンキュー(元五井野正の信者で現在は大本教にべったり、悪の魔術師さん(笑) … 読めないニックネームより

酒井勝軍(クリスチャンでキリスト教宣教師。大本教信者でユダヤ陰謀論の言いだしっぺかな?) … 読めないニックネームより

さてはてメモ帳(キリスト教の応援団としてブログを開設) … 読めないニックネームより

シスコ・ウィーラー(スプリングマイヤーの嫁。釣り師) … 読めないニックネームより

ジム・ストーン … CIA

ジョン・コールマン … 読めないニックネームより

成甲書房 … 読めないニックネームより

副島隆彦(ユニテリアン) … 読めないニックネームより

大日本平和党 (http://sekainoura.net/) … 読めないニックネームより

タマちゃんの暇つぶし(タマいち、募集で不要な個人情報を収集) … 当サイトより

ツイートTV(服部夫妻、自称忍者の末裔、メーソン?) … 当サイトより

デビッド・アイク … TruthIn7Minutesより

独立党 … 読めないニックネームより

ドン・ニコロフ … TruthIn7Minutesより

中丸薫(宗派不明。でも大本臭い思想) … 読めないニックネームより

ネットゲリラ(産廃処理業者の社長。この業界は部落が多いです。コメント欄でカトリック式地鎮祭をしてる情報を頂きました。部落とカトリックは繋がりがあるようです。まだ未確認なので調査中です) … 読めないニックネームより

伯壬旭 … 読めないニックネームより

藤原直哉(大本教に関係あり) … 読めないニックネームより

船井幸雄(宗派不明。でも大本臭い思想) … 読めないニックネームより

フリッツ・スプリングマイヤー(プロテスタント系の宣教師) … 読めないニックネームより

ベンジャミン・フルフォード(モルモン教徒、ユニテリアンらしい) … TruthIn7Minutes・読めないニックネームより

ヘンリー・メイコウ(改宗ユダヤ人。おそらく福音派) … 読めないニックネームより

やのっち(@_yanocchi0519、トランプ大好きのシオニスト?) … 当サイトより

ユースタス・マリンズ(おそらく福音派) … 読めないニックネームより

リチャード・コシミズ(輿水、ワールドメイトと思ってましたが、生長の家と関係ありそう? 創価や李家説あり) … 読めないニックネームより

レオザガミ ・・・ TruthIn7Minutesより


ポピュリストやリベラルな思想の持ち主を偽装する政治家・評論家など

 日本や世界の主要なマスコミや政財界人・評論家の大半が本職の担当とともにバランサーを兼ねています。政治の野党などはコントロール・オポジションの意図された反対者の典型例といえます。大衆の利益を守ろうとしているようにみえる、特に分かりにくい人や組織などを主に挙げていきます。これらの人や組織は一般的にはバランサー扱いされず、そのまま政治家や評論家扱いされていますが、このサイトの疑惑としてバランサー扱いでリストアップしています。

 総理応援団のアベトモなどは明らかな政府のための印象操作集団ですが、人々の利益になるような印象操作もしているので、バランサーの概念からするとバランサーに含めることも出来ます。しかし、だまされている人が少ない場合は、コントロールされた反対者役としてのバランサーとしての役割を果たしていないので、扱わない予定です。彼らは政権が交代すると次の総理大臣を応援するように変わるので、バランサーとしてはあまり意味がありません。政治経済や社会問題に興味の薄い人向けの印象操作が主な役割なのでしょう。


小沢一郎 … 政治家、天皇グループ、中共親和派?

三宅洋平 … ベルギー生まれ、元リクルート社員

山本太郎 … 恐らく善意の政治家、ただし天皇グループの英雄役を兼ねている可能性も

ウラジーミル・プーチン ・・・ ロシア大統領、支配層の英雄役?、メルケルと同血流説あり

ドナルド・トランプ … 米大統領、ユダヤ、シオニスト

バーニー・サンダース … 米上院議員
2017.8.4, 2017.10.1


< 補足 >
 バランサーという疑いを向けるということ自体が誤誘導や印象操作である可能性もありますが、疑惑のある人や組織などをリストアップしたのがこのリストです。 このサイトはバランサーの調査がそれほど進んでいませんので、予想リストといった内容になっています。 ネットリサーチャーのみなさんからみればあまり正しくない情報かもしれませんので、疑問に感じた人は詳細は各自で調査してみて下さい。 将来的には誰かが高い精度で分析しリスト化してくれることを期待しています。 2017/8/4, 2017/9/15




バランサーリスト 読めないニックネームより


 こういった支配層にとって不都合な記事は削除されやすいので保存用に転載しておきます。

多くの陰謀論者が無視する点を盛り込んで陰謀論者チェックリストを作りました~はじめにお読みください① - 読めないニックネーム(再開版)
 長文につき次の単語でのページ内検索を推奨「陰謀論者の宗派リスト 」


------ 転載開始 ------

“陰謀論者の宗派リスト
1 カレイドスコープ(カトリック)
2 宇野正美(聖書キリスト教会orプリマスブレザレンなどの福音派)
3 小石泉(ペンテコステ派)
4 飛鳥昭雄(モルモン教)
5 鬼塚五十一(リトルペブル。カトリックセックス教団だったのですが、バチカンから切り捨て)
6 ベンジャミン・フルフォード(ユニテリアンらしい)
7 リチャード・コシミズ(ワールドメイトと思ってましたが、生長の家と関係ありそう?)
8 副島隆彦(ユニテリアン)
9 ユースタス・マリンズ(おそらく福音派)
10 ヘンリー・メイコウ(改宗ユダヤ人。おそらく福音派)
11 ウィリアム・G・カー(キリスト教・宗派不明)
12 フリッツ・スプリングマイヤー(プロテスタント系の宣教師)
13 シスコ・ウィーラー(スプリングマイヤーの嫁。釣り師)
14 船井幸雄(宗派不明。でも大本臭い思想)
15 中丸薫(宗派不明。でも大本臭い思想)
16 泉パウロ(東京の立川福音派教会牧師)
17 藤原直哉(大本教に関係あり)
18 サーティンキュー(元五井野正の信者で現在は大本教にべったり、悪の魔術師さん(笑)
19 酒井勝軍(クリスチャンでキリスト教宣教師。大本教信者でユダヤ陰謀論の言いだしっぺかな?)
20 岡本天明(日月神示の作者。怪しいと思う。元大本教信者)
21 キチガイ医(東洋医。サイエントロジーの信者)
22 安部芳裕(ロックフェラー財団の支援を受けてる)
23 ネットゲリラ(産廃処理業者の社長。この業界は部落が多いです。コメント欄でカトリック式地鎮祭をしてる情報を頂きました。部落とカトリックは繋がりがあるようです。まだ未確認なので調査中です)
24 きくちゆみ(正体がバレてるみたいですが、わかりません。)

新しく追加 2013/12/12
25 さてはてメモ帳(キリスト教の応援団としてブログを開設)
Commented by oninomae at 2012-07-18 20:02
>キリスト教は、謎の、光と闇の二重構造の宗教である。

人助けの気持ちを持ったキリスト教徒には頑張ってもらいたいと思っています。このブログでは、初期からそのような人たちを応援してきました。

26 大日本平和党 (http://sekainoura.net/)
大日本平和会という暴力団傘下の右翼団体がありました。どうやらこの団体はそっちに似てるようです。しかもメイソン=イエスの血筋を守るとか言ってるあたり、どうも胡散臭い。

27 ジョン・コールマン(300人委員会の陰謀論などで有名な元MI6職員。しかし、彼の著作を見れば面白いネタがあるが、あからさまにキリスト教原理主義のフィルターがかかってるのを感じる。おそらく陰謀論ネタをキリスト教原理に取り上げてもらったとかじゃないのかな?宗派はわかりませんでしたが、おそらくプロテスタントのどこかでしょうね)

新しく追加分↓↓↓(2014年3月28日)

28 紀瀬美香(天皇崇拝の古神道(笑)研究家。大本教のシンパです。ブログはこちら)

29 アメノウズメ塾(ネット上で大量の陰謀論の動画を流してるけど、日油同祖論みたいな大本教系カルトの言説みたいな事も言い出した。大体素人の勤め人があれだけの動画をアップできる筈がないのでひも付きでしょう。アメノウズメという神道系の名前がついた時点で怪しいと思うべき。アメノウズメ塾はこちら )

30 伯壬旭(陰謀論+スピの動画を流してる霊感商法団体のトップ。不法な武器の所持で公安から睨まれてる。この人和服で刀持ってたりするけど、在日です。)


その他(組織や団体など)

1 成甲書房(朝鮮人によって設立。戦前、朝鮮の独立運動をやってた。いわゆる開化派かな?陰謀論専門の出版社で有名。独立運動に関わっていたのでプロテスタントクリスチャン人脈とのつながりがある模様)
2 大本教(日油同祖論、天皇シュメール起源説、イシヤの陰謀論の言いだしっぺ。でもイシヤを叩きつつも自分がイシヤから出てるのがわからないバカが陰謀論の世界にはうじゃうじゃwww)
3 独立党(名前が朝鮮の開化派の独立党と同じなのは偶然かしら?)

------ 転載終了 ------


< 補足 >

 カレイドスコープはスマートな批判を行っているので真相を究明しているような印象がありますが、よく考えてみれば、安倍政権批判を行いながら小泉進次郎を次期総理に推薦するなど、あきらかに不審な部分があります。 普段の記事も難しい専門用語の説明を行い、結論としてはいまいちよく分からないことが多くなっているので、注意して確認すればマニュアル通りの陰謀論サイトだと理解できるでしょう。

 陰謀論初心者をだますという意味で有名な入門陰謀論系サイトと言ってもよいでしょう。 そうとはいえ、陰謀論者は一般人が知りえないよい情報も持っていますので、情報源として確認するのであれば問題ないでしょう。 但し、印象操作や思考誘導のやり方が分かりにくいので、陰謀論に詳しくない人は避けたほうが賢いでしょう。

 宗教や思想レベルではキリスト教を利用するのが支配層戦略ですから、キリスト教イコール、ユダヤ、メーソンなどの支配層系の勢力となります。 キリスト教はかなり前から支配層に乗っ取られているのです。 読めないニックネームのほうでも説明されていますが、十字軍のころにはすでに支配層の一部のようになっています。 聖書は紀元前1000年から0年くらいに書かれたものですから、キリスト教やイスラム教は初めから支配層が作り出したものだという可能性も十分あります。

 小泉元総理の家系については有名な話ですが、自他共に認めるメーソンの家系です。 今、政治家をしている進次郎氏はCSISで支配層の洗脳を強化され、また本場の支配層戦略を学んできたような日本人メーソンのサラブレッドのような人です。 今もスマートな印象とは裏腹に年金を値上げしろなどと売国政策を進めている支配層の代理人です。

 今の2017年10月現在の状況だと、安倍晋三・小池百合子などは一般人からも印象が悪いのですが、表社会上は進次郎氏にはあまり悪いイメージが付いていないので、かなりの危険人物となってるはずです。 この点は多くの日本人に早く気付いて欲しいところです。 小泉進次郎という政治家は明らかに国益を害する危険の高い、売国奴の代表のような人物です。

 またこれを書いている私だけではないでしょうが、集団ストーカー被害者であれば、カレイドスコープから若干のほのめかし感を感じていた人もいるのではないでしょうか。

 あまり説得力がないので普段は書かないのですが、私の場合の例を書いておきます。 私がこのサイトで支配層戦略を説明する前にシオニズム批判をしていたのですが、同じ時期にカレイドスコープはタイミングよくシオニズムの説明をしていました。 カレイドスコープのような陰謀論に詳しいサイトであれば、シオニズムを改めて説明するというのもおかしな話ですので、私としてはほのめかし感を感じていました。。

 やはりこういった話は体験した人にすらあまり説得力がないものなので蛇足だったかもしれません。 こういった体験談は仮に正しかったとしても、状況証拠に過ぎませんので、この点が体験談をいまひとつ説得力のないものにしている原因でしょう。 2017/10/2




バランサーリスト TruthIn7Minutesより


 以下は、TruthIn7Minutesを翻訳し転載したタマいちさんのサイトからの転載です。 こちらは海外で活動している人たちです。こちらも保存用に転載しておきます。2017.8.3, 2018.3.25

------ 転載開始 ------

「真実/ニューエイジ運動において、コントロールされた反対者のリストである

All Patriot Radio hosts すべてのパトリオットラジオホスト
Alan Watt – The "Ultimate Gatekeeper" アラン·ワット - "究極のゲートキーパー
Amy Goodman エイミー·グッドマン
*2015年7月3日追補:「Amy Goodman エイミー・グッドマンは違いますよ」と、達人さんが申されていました。
Andrew Napolitano アンドリュー·ナポリターノ
Alex Jones アレックスジョーンズ
Anthony Hilder アンソニーヒルダー
Barry Zwicker バリーツビッカー
Benjamin Fulford ベンジャミンフルフォード
Bill Deagle ビル·ディーグル
Bob Bowman ボブ·ボウマン
Charlie Veitch チャーリーVeitch
Chris Simcox  クリス·シムコックス
Craig Oxley  クレイグ·オクスリー
Dave Emory デイブエモリー
David Icke デイビッド·アイク
David Ray Griffin デヴィッド·レイ·グリフィン
David Shayler デイビット·シャイラー
David Suzuki デヴィッド·スズキ
David Wilcock デイビット·ウィルコック
Don Nicoloff ドン・ニコロフ
Dylon Avery (Loose Change) ダイロン・エイブリー(小銭)
Eric Jon Phelps エリック·ジョン·フェルプス
Finton Dunn フィントンダン
Gary Bell ゲイリー·ベル
"Genghis" (Scott Vincent) 「ジンギスカン」(スコット·ヴィンセント)
Gerald Celente ジェラルド·セレンテ
Glenn Beck
Greg Palast
Greg Szymanski
Jack McLamb – Member of CNP (Council for National Policy)
Jerome Corsi – Member of CNP (Council for National Policy)
Jeff Rense
Jeffrey Hill (a.k.a. Shure)
Jeff Schwilk
Jim Gilchrist
Josh Jones
Keith Hansen (a.k.a. Vyzygoth)
Keith Olbermann
Kevin Barrett
James (Jimi) Walbert
James Stachowiak
Jim Marrs
Ken Adachi
Lenny Bloom
Leo Zagami レオザガミ
Loooooong (aka Amor Mohadi)
Linda Hunnicutt
Leonard Horowitz
Lou Dobbs
Meria Heller
Michael Moore
Michael Tsarion
Nico Haupt
Noam Chomsky
Paula Gloria (New Ager)
Red Ice Creations
Richard Gage
Robert McClary
Robert Steele ("ex" CIA)
Ron Paul ロン·ポール
Sean Penn
Simon Shack
Stephen Eichler
Steve Mason
Steven Jones
Stew Webb
Ted Gunderson
Texe Marrs
Thomas Richards
Timothy Patrick White
Tom Flocco
Tom Henegan
Webfairy (Rosalee Grable)
Webster Tarpley
William Rodrequiz」

------ 転載終了 ------
2017.8.4, 2018.3.25


< 参考 >
タマちゃんの暇つぶし ★奥の院: バランサーとは何ぞや! 追々補、
 バンラサーはControlled oppositionの訳語で達人さんが使い始めた和製英語






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system