集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
被害対策を始める前に

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

被害対策を始める前に

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害対策を始めるにあたっての注意

Before_a_damage_countermeasure_is_begun, 2017/2/23, 2017/3/14

< 目次 >

技術・人数ともに不利な状態から始まる被害対策

冷静に対処して、モラルに反する行為をさける

被害へ対処すると一時的に被害が悪化する

周囲の人への説得
 冷静に誤解を解いていくこと

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は被害の種類も犯罪の目的もいろいろある

被害者団体について


< 参考 >

おすすめサイト
 若干の否定的な説も出ているサイトや個人






技術・人数ともに不利な状態から始まる被害対策


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害では、人為的なローテク犯罪、テクノロジーを使ったハイテク犯罪ともに、加害者側のほうが手法や技術、経験、また人数などの組織力の面でも、優位に立った状態で行われています。 そのため被害に対処する場合は、基本的にかなり不利な状況からの戦いとなることをよく理解しておいてください。






冷静に対処して、モラルに反する行為をさける


 あくまで冷静に落ち着いて対処することと、悪口や暴力的な行為などのモラル・公序良俗に反する行為は極力さけるように気を付けてください。 特にモラルに反する言動は、加害者が望んでいる行為そのものですので、敵に塩を贈るに等しい愚行だと注意して我慢してください。 加害者は被害者のことを、何らかの悪者だと周囲の人に言いふらしていますので、その嘘が結果的に真実となってしまうことになり、被害者の立場はより悪い状態になってしまいます。

 いくら被害がつらくもて、自分自身があくまで常識的で健全な人間であるということは、周囲に対して示し続けていくべきでしょう。 そうすることで、自分自身への被害の軽減や問題全体の解決へもより近づいていくことができるでしょう。






被害へ対処すると一時的に被害が悪化する


 完全に加害者を黙らせるような効果的な対処ができれば、文字通り加害者の嫌がらせ犯罪を沈静化させることもできるはずです。 しかし、そのような対処をするのはなかなか難しいのが現実です。

 具体的な被害への対処は、初めのうちは、ローテク犯罪の嫌がらせを防ぐことも、ハイテク犯罪の攻撃から身を守ることも、加害者側からすると想定内の悪あがきのようにあしらわれることが多くなっています。 加害者は被害者のことを、万引き反のような子悪党や性犯罪者、狼少年のような嘘つき、罠にはまった頭の悪い素人犯罪者などのように、つまらない犯罪者予備軍のようにみている傾向があります。

 この状況では、被害者がいくら的確に被害に対処をしても、加害者のくだらないプライドを刺激し、かえって被害が悪化してしまうこともあります。 そのため、被害へ対処する場合は、一時的に被害が悪化することを覚悟しながらも、効果の期待できる対処を少しずつ試していくのがよいでしょう。

 ある程度まで活動を続けていくと、一時的な被害の悪化は、敵の弱点を見事に突いてた結果であり、効果的な活動が出来たのだと判断して、一時的に被害が悪化するたびに、その活動をあえて繰り返すという強気なベテラン被害者もいます。

 一時的な被害の悪化も加害者の弱点などを分析する助けとなる訳です。 このあたりまで心に余裕が出てきたら、被害対策や問題全体への改善活動も軌道にのってきたと判断してよいでしょう。






周囲の人への説得


冷静に誤解を解いていくこと

 周囲の人たちへの言葉による説明は特に注意が必要で、安易に監視や集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの言葉を使って説明してしまうと、すぐに妄想や精神異常者として誘導されてしまう傾向があります。 周囲の人に説明する場合は、ちゃんと信頼関係を築いたうえで、集団ストーカー・テクノロジー犯罪という言葉は使わずに、被害や犯罪を説明できるよう、なるべく客観的な説明や証拠をあげていくようにするとよいでしょう。

 実際には、被害者の周囲の人たちには、被害者が被害を説明するときには、すでに、加害者側の人間からの情報操作や被害者を精神病者へ誘導するような工作が行われている可能性が非常に高くなっています。 つまり、周囲の人に説明する前に、彼らは被害者の監視や情報操作された情報を手に入れていて、被害者に対して疑いを持つように仕向けられた状態になっていると考えておいたほうがよいでしょう。 周囲の人たちへの説明は、この状態から始めなければならないと理解しておいてください。

 被害者が周囲の人へ説明するということは、加害者に思考誘導され、だまされた状態の相手へ説明するということになるのです。 周囲の人たちは、被初めのうちは被害者の説明を、精神病者の妄想や詐欺師の言い訳を聞くような態度で聞いていることが多くなっていますので、そのあたりの誤解を解くことから説明を始めるのがよいでしょう。






集団ストーカー・テクノロジー犯罪は被害の種類も犯罪の目的もいろいろある


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ひとつの同じ被害のように扱われる傾向がありますが、加害者やその目的はいろいろな種類がり、監視や嫌がらせ犯罪のやり方もそれぞれ異なる場合があります。 そのため被害者同士でも、被害者の訴えを否定してしまったり、加害者が誰なのかといった予想を否定してしまうようなことが起こります。 これについては加害者が偽被害者となって行っていることもありますが、本当の被害者が特に悪気もなく本気で言っていることもありますので、注意が必要です。

 それでも、被害や犯罪の目的などの全体としては、いくつかの種類に分類できるような傾向がありますので、加害者の種類を見極めて、より的確な対処ができるように心がけましょう。






被害者団体について


 被害者団体については、有益な周知活動をしている反面、偽被害者ではないかと疑われる人たちが混ざっているのではないかという批判もあります。 加害勢力、特に公安警察は市民デモなどを監視するのが日常的な業務のひとつとなっていますので、集団ストーカー関連の集会やデモ、ポスティング活動なども、通常業務として監視しています。 公安調査庁はこの公安警察の調査を元に情報を分析しています。 このようなことから、被害者団体には2・3割程度は公安や創価学会など加害勢力の人間が入り込んでしまっているとみられています。 このあたりはほかの市民活動、たとえば反原発運動などでも同じような状態にありますので、致し方ないところでしょう。

 偽被害者や工作員の割合については諸説ありますが、多い説だとネット上の被害者の9割が偽者だという分析もあります。 被害者団体についても、会員だけでなく、主催者側もほとんどがフリーメーソンや在日ユダヤ・朝鮮・中国人、右翼・左翼などの活動家や彼らの協力者だという説もあります。

 諸説あるとはいえ、被害者団体の活動も情報周知などに有効な部分もあります。 しかし、リスクも考えないといけませんので、対処するのが難しい問題も抱えているということです。

 被害対策全体としては、加害者団体に加入したからといってもすぐに被害がなくなる訳でもありませんので、加入した後の団体活動はそれはそれとしてよく話し合って進めてもらうとして、それと並行して自分の被害を改善するための活動も続けていくのがよいでしょう。 残念なことですが、被害者団体に加入してから被害が悪化したという例もありますので、団体への加入は事前調査など慎重な対応が必要となるでしょう。

 公安や自衛隊などのように仕事として、被害者からみると監視や嫌がらせにあたる活動をしている人たちもいますので、偽被害者や工作員たちへのリスクがなくなるということはないでしょう。 このあたりは、しばらくの間は、その都度、各自の判断で、個人活動と団体活動のそれぞれよい部分を活かしていければよいでしょう。

 今のところは、いずれ全国的な被害者連合や、世界的な被害者同盟などが作れるようになるまでの、準備期間と考えておけばよいでしょう。 2017/2/23, 2017/3/14


< 参考 >
おすすめサイト
 若干の否定的な説も出ているサイトや個人





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system