集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配 下書きを読む前に(1)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次(本サイト) > 古い下書き >

支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配

Cheat-like_world_rule_of_a_ruler_layer, 2016.8.18, 2016.9.7

下書きを読む前に(1)用の説明


 現在の下書き全体の問題としては、裏社会の社会不正を考慮していなかった、というのがあります。 この地球にはユダヤ金融資本や金融マフィア、支配者層などと呼ばれる大資本を持ち、権力者へ強い影響力を持っている人たちがいます。

 この一部の人たちが富や権力を利用して利益を独占しようとしています。 彼らの利益追求からくる争いなどが、世界規模での多くの社会的な不正の原因となっています。

 日本でも政治や役所・企業・団体・宗教・暴力団などが、天皇の閨閥が中心となっているとみられる巨大な日本金融マフィアのような、ゆるやかな同盟関係にあるグループを形成しています。

 日本金融マフィアはさらに世界の金融マフィアとゆるやかな同盟関係にあります。 ゆるやかな同盟関係というのは互いに独立性を維持しつつ、ライバルや大目標のためには互いの支配国家の国益を無視してでも協力し、金融マフィア同士の利益を追求するような関係のことです。

 第二次世界大戦で、日本が影からアメリカ軍を援助していたり、初めから負けると分かっていた戦争を行い、勝ちそうになってもわざと負けたなどという証拠が出てきているのは、このためとみられています。

 この日本金融マフィアは、民主主義という幻想を私たち国民に与え、私たちが自主自立した国民であるとだましながら、日本全体に支配的な影響力を持ち、様々な社会不正も辞さない方法で、権力の維持・拡大を続けています。

 日本の特徴としては、政治家や公務員の多くがすでに彼らの支配下にあり、多くが従順な権力奴隷として税金を合法的に流用したり、裏金として違法に盗み取ったりする社会不正に加担していることがあげられます。

 政府としても公務員の給料を増額するなど、エサを与えたり、これとは逆に、小さな犯罪を犯させる共犯の鎖などで公務員をおどすなどして、ずる賢く支配しています。

 テレビや新聞の内容を信じ込まされている多くの人たちにとって、これらのことは予想外のことで、まったく信じられないことでしょう。

 しかし、実際には、漫画やアニメ、子供向けの勧善懲悪話に出てくるような世界支配計画が、驚くべきことに、何百年も前から行われていて、現在も形を変えながら続いているのです。

 彼ら支配者層は政治やマスコミを利用して、毎日、自らを正当化しながら、私たち一般人の意識を誘導し、私たちみんなのためになるとか、平和や正義のためだ、などと主張して活動しています。

 しかし、実際にはよいことをしている振りをしながら、まったく逆となる、自分たちの利益追求や権力の維持拡大のための活動をしているのです。

 支配者層は、私たちを効率的に支配する方法を考えながら、利益や権力の維持・拡大計画を着実に実行しています。

 このサイトが扱っている集団ストーカー問題も大局的にみれば、支配者層による社会的な人類家畜化計画のひとつで、奴隷公務員である公安・自衛隊・警察などや宗教の奴隷信者を利用して、私たち一般人を家畜化し、防犯利権を利用した裏金作りで利益を得るための仕組み、人々の奴隷・家畜化計画やその活動・ビジネスだと言えます。

 私が社会不正について調べていく途中で、集団ストーカーに似た家畜人間を奴隷人間に管理させるという形の、私たちを奴隷化・家畜化する計画が、他にも実行されていることが分かってきました。

 大きなところでは公務員全般が奴隷・家畜化されています。 日本社会全体では過去5年間でガン発生率が2倍になるなど、食品や日用品、電磁波を発生する携帯・スマホなどの家電などが原因となる、私たちのガンリスクが急激に高められています。 これも意図的に行われています。

 支配者層はわざとガンになりやすい生活環境を作り上げているのです。 直接的には病気の発生率を上げることで、医療と生命保険の利権の拡大を目論んでいます。 年金制度の弱体化などもこの計画の一部となっています。

 個別のものでは慢性医療全般(特に精神医療)、また児童福祉施設の強制的に親から子供を引き離すやり方も人類の奴隷・家畜化ビジネスとなりつつあります。

 これらの巨大な社会不正で被害に会い、損をして命をおびやかされるのは私たちのような一般の人々です。 支配者層などと自ら呼ばせて喜んでいるような裏社会のならずものが行う不正は、いち早く正さなければなりません。


 下書き全体についてですが、私自身も、この社会不正の仕組みが理解できないままに、この下書き記事を書いていましたので、社会不正にかかわる部分は特に間違ったことを主張している可能性があります。

 また、これを主張している今の私が社会不正の仕組みをすべて理解している訳でもありません。 実際にどの程度まで理解できているのかは、よく分かりませんので、下書き記事を読むときは注意してください。 2016.8.18


< 参考 >

グローバル投資家の詐欺による社会寄生戦略
 超富裕層、支配者層、ユダヤ系金融資本の犯罪戦略

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力

支配層・秘密エリートネットワークの日本支部、日本系金融マフィアとは?





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system