集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー関連の被害・被害の種類 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカー関連の被害・被害の種類

そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?

Damage_related_to_gang_stalking, 2015/10/7, 2017/9/20,
動画版, 音声DL・再生 2016/9/28

< 目次 >

はじめに
 偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害

代表的な被害

イメージ関連

集団ストーカー被害関連(主に人為的なローテク被害)

テクノロジー犯罪被害関連(主に科学技術を悪用したハイテク被害)

転載:テクノロジー犯罪・集団ストーカー全国被害者

転載:目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! 復讐代行と闇の商人

転載:アメリカの集団ストーカー被害者と銃乱射事件 - オリュウの独り言

転載:思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その2

転載:日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメント

目的について

実行犯や組織

被害の説明

自宅での被害
 睡眠妨害
 家屋などへの不法侵入

外出時の被害
 尾行
 待ち伏せ・つきまとい
 第三者を利用した嫌がらせ

場所と無関係な被害
 監視・洗脳
 風評被害
 リストラ工作
 ノイズキャンペーン 嫌がらせ目的の騒音
 思考盗聴
 テクノロジー犯罪

比較的珍しい被害


< 参考 >

集団ストーカー|ウォーカーのブログ
 「集団ストーカーの手法」などの記事で紹介

目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! 復讐代行と闇の商人

日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメント

集団ストーカー.info
 [大規模分析 犯罪手法データベース] 集ストの人為的な部分を扱っているサイトの中で最も優れたサイトのひとつ

思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その2

アメリカの集団ストーカー被害者と銃乱射事件 - オリュウの独り言

全国被害者トップページ
 最下部の「テクノロジー被害『電磁波』を受けると以下の症状がでる」

集団ストーカー行為の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する
 音声被害、尾行など人による被害

テクノロジー犯罪の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する
 科学技術を悪用した機器による被害、五感・三欲・自律神経への干渉など

全般的な被害と対策

個別の被害と対策




はじめに


偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は日本でも1980年代から行われていて、30年以上の歴史があります。 この間に加害者側もノウハウを蓄積し、今ではより発覚しにくい、偽装した加害行為が行われるようになってきています。

 人為的な被害は、悪意を演出する劇場型ステルスハラスメントのようなイメージになります。 被害者の多くは、何が起きているかはよく分からないが、ほのめかしや嫌がらせ、監視などの被害を受けていると感じるようになります。

 科学技術を使ったテクノロジー関連の被害は政府マスコミなどが隠蔽しているため、その存在は日本人の常識を逸脱したもので、一般的な常識を持つ日本人には到底理解できないような非接触型の加害行為が行われています。

 遠隔地からのテレパシー被害からEMP電波による痛みや不快感の送信、五感三欲や本人にも自覚出来ないような生体情報の読み取り、さらにはそれらの体の状態が意図的に変更するような加害行為が可能であることが確認されています。


 軽微な被害では便乗攻撃・便乗加害のようなことが行われることがあります。

 元々、証拠の残りにくい犯行を続けるのが基本的な犯罪手法でしたが、今では、被害者の心身の弱み、過去の病歴・事故歴、あるいは年齢・性別・職業別でおちいりやすい病気や症状を狙う、便乗型偽装攻撃へと変化しつつあります。

 骨折したことのある被害者であれば、その付近に痛撃電磁波を送信したり、特定の内臓機能に不安を感じている人には、その内臓に対して痛みを送信するといった具合です。 体の痛みは、一箇所に対して数年から数十年といった長期に渡って痛みを送信し続ける被害例がありますが、これはその痛みを電波送信されたものではなく自然な体の痛みだと被害者に勘違いさせようという狙いがあるようです。


 次にあげる事柄に身に覚えがある人は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪・強制尾行・カウンターインテリジェンス(コインテルプロ)などの監視被害を受けている可能性があります。 被害が悪化してくると、加害者は監視対象者が監視されていることを気付くような方法で嫌がらせをするようになります。

 被害者に謎の威圧感や謎の攻撃などによる、悪意の演出を行い、被害者自身を被害意識過剰な状態に追い込むのが、加害者の第一の狙いです。

  加害者は、それぞれ人為的な嫌がらせやテクノロジー犯罪などで監視や威圧、または直接的な攻撃を行うことでさらなる目的を達成しようとします。


 被害者への嫌がらせ犯罪の基本的な目的は、次のように分類できます。

・精神不安へ誘導する(精神攻撃、精神病・統合失調症などの誘発)

・肉体を弱らせる(肉体攻撃、病気の誘発)

・周囲の人とトラブルを起こさせる(風評被害、離間、監視圧力の強化)

・あらゆる持ち物に不都合が生じさせる(物への被害、物品の破壊・消耗・紛失・移動・交換)

・社会や組織から排除する(風評被害、収入の制限、ライバルの排除、財産没収など)

 これらの被害は、基本的には、なるべく気付かれないように偶然に見せかけたり、被害者の体に元からあった不調や、元々周囲から聞こえてた環境音などを悪用した便乗攻撃として行われることが多くなっています。 そのため、それぞれの被害者は、自分しか受けていないような珍しい被害にあうこともあります。

 監視被害が基本にありますので、過去の言動が知られていてさらに予測されるので、相手にはじめて話す内容でも、相手は知っている様子でつまらなそうな対応をされるなどのことが起こります。 被害全般は、被害者の過去の行動パターンから予測して行っていますので、前回と違うパターンやタイミングになると、加害者も対応できない場合があります。 このような予測ノイズキャンペーンはアラーム程度のものだと考えておくのが健全な精神状態を保つコツとなります。

 全体としては、その監視・嫌がらせ状態を継続することも目的のひとつとなっています。 その方法として加害者は、被害者の考えや行動を先読みして、騒音やほのめかし・咳払いなどの音声や、特徴的な人・乗り物などを被害者に見せることで監視・支配圧力をかけようとします。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害とは、偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害と言ってよいでしょう。


 加害勢力にとって、これらの先にある目標はとして予想されているのは、治安維持や監視を名目とした防犯利権、精神病などの医療利権、健康不安の増長による生命保険などの保険利権などの利益拡大があるとみられています。

 さらにその先にあるより大きな目標はとして予想されているのは、何らかの監視・検閲・弾圧などの支配実験です。 説明のつかない被害が継続することから、個別の目的を達成するための活動というよりも、全体として何らかの大目的があり、そのためのデータ・ノウハウを収集するようなイメージが活動全体からはみてとれます。

 まとめると、集団ストーカー・テクノロジー犯罪全体の目的は、

・利権(防犯・医療・保険・その他のブラックビジネス)、
・政治(印象操作や思考誘導)、
・隠蔽(脅しや口止め)、
・実験(大衆支配)

などとなっているとみられています。

 加害勢力の上層部に属し、本格的なテクノロジー犯罪を行っているのは政府系の組織で、警察・公安・自衛隊・その他の特務機関などが主体となっているとみられています。 政府系の組織であるということは、被害者への高い監視・体罰能力を持つにしては財産を奪ったり、婦女暴行などを含む無秩序な犯行が行われることがあってもそれほど多くはないことから予想されます。

 被害者の立場からすると最低限度のルールすら守っていないように感じますが、一応は一定の秩序をもった組織であるといえます。 また関係者による証言が世界的に集まりつつあり、それらが政府系の秘密犯罪であることを裏付けています。

 ひとつ下の層となる加害勢力の中間層には、政府系組織、例えば警察のの下請けを行う暴力団やカルト宗教などや、テクノロジー犯罪の技術を研究開発している企業などがあります。 政府系犯罪である集団ストーカー・テクノロジー犯罪の模倣犯と言ってもよいでしょう。

 さらに下の層の中間層下層のような位置には、テクノロジー犯罪の機器を購入した役所や一般企業があります。 それらの企業には技術と同時に集団ストーカーやテクノロジー犯罪の手法も伝わっていますが、犯行にあまり慣れていない印象があります。

 さらに下の加害勢力の下層には、カルト団体である創価学会や秘密カルト団体であるメーソン系のカルト団体、もしくはそれのメンバーに指示を受け共犯関係にあるような一般人による集団ストーカー加害者がいます。 下層勢力は企業内ストーカーや町内会員を動員したイジメや村八分のような手法が多く、例外はあるでしょうがあまり高度なテクノロジー技術は持っていないとみられています。


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、被害者と加害者を分けて考える傾向がありますが、加害勢力は内部の監視や支配にも同じ手法を悪用していますので、加害者の多くが同時に被害であるという側面を持っています。

 現在は、特定秘密保護法や共謀在成立や、テクノロジー犯罪機器の値下がりなどの影響で、犯罪機器が出回る量が増えているようです。 そのため今後は、中間層の持つテクノロジー犯罪機器が高性能化し、役所や大企業で行われる犯罪被害が悪化することも予想されます。 2015/10/7, 2017/9/11




代表的な被害


 被害全体に言えることですが、ひとつの理想的な対処法、至高の対処法といえる方法は、加害行為と被害の黙殺です。 加害行為は黙殺や無視をし続けることで沈静化させることができる可能性があります。 加害者の嫌がらせ犯罪の相手をしないことで、加害者に嫌がらせ犯罪を続けることをあきらめさせるという方法です。

 加害者でも末端の人間は、知識も経験も少なく、ネット掲示板などに、集団ストーカーの加害行為がうまくいかないことを相談していることがあります。 加害者のとっての加害行為の成功というのは、嫌がらせ行為で被害者へ精神的、あるいは肉体的にダメージを与えることですから、黙殺されると、加害者にとっては嫌がらせ行為に失敗したということになるのです。 加害勢力にとっては、嫌がらせ行為が成功しない以上、別の方法に変えるか、嫌がらせ行為自体をあきらめざるをえなくなるのです。

 実際に加害行為を行っている加害者は、同時に思考盗聴で被害者の意識を読み取っています。 具体的な加害行為を行う本人が直接思考盗聴しているとは限りませんが、その行為を行っている本人にも伝わるかたちで、誰かが思考盗聴し、その本人に伝えらえることになります。 そのため、嫌がらせ行為、たとえば、ばらまかれたゴミを片付けるときなどは、なるべく不快感をあらわず、心や頭のなかにもイメージや言葉を意識しないようにすることで、その加害行為には効果がないことということを知らせることができるのです。

 多くの被害者が毎日受け、感じているような代表的な被害には次のようなものがあります。 全体的に偶然を装って行われ、被害者の不安や監視被害を助長するような被害意識の強化を目的としている傾向があります。

< 参考 >
犯罪の沈静化
 嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法




イメージ関連


不安、怖い、眠れない、悪口を言われる、周りの人が冷たい
移動中や会話やなどに自分の考えや行動を先読みされたような出来事が多い(偶然を装った嫌がらせ)。




集団ストーカー被害関連(主に人為的なローテク被害)


音声が気になるように仕向けらる被害全般、隣人の不振な動き、監視、尾行、待ち伏せ、電磁波、一般人や警察官などの人やパトカー・消防車・救急車・その他の一般車両・バイク・スクーターなどによるつきまとい、自分の乗り物へのいたずら、仲間はずれ、テレビ・ラジオ放送によるほのめかし、職場での不振な動き、不審なメール、罵倒、家宅侵入、自宅内への不法侵入、敷地内進入、パソコンの動作不良、電気製品の動作不良、にらみつけ・つば吐きなどの敵意のある行為、不振な言動、電話機の異常、無言電話、呼び出しに出ようとすると切れる、盗聴、盗撮、思考盗聴、考えが読まれる、ほのめかし、嫌がらせ、騒音、咳払い、嘲笑、脅迫、暴力、睡眠妨害、人間不信、蛍光灯の点灯不良、豆電球が長持ちしない、物やお金がなくなる、郵便物の未着・紛失・無断開放・庭へのばらまき、物が移動している、消耗品の減りが早い、家や庭へゴミを入れられる(まかれる・投げ込まれる)、住居の門やポストなどの破壊や落書きなどのいたずら、家の中が荒らされる、住居や敷地内への動物や昆虫などの死骸や糞尿の投棄、車の操作不能、車のドア開閉などの不良、脅迫電話、ビラまき、強姦、頭痛、頻尿、店員・役人・警察官などの対応が悪い(自分への態度が悪い、失礼な態度が多い、精神病院への診療をすすめられる)、店内で万引き犯扱い、交通マナーの悪い運転者によく出会う、交通事故に巻き込まれそうになる、駅のホームで転ばされる、赤青黄の創価三色やオレンジなど色の服を着た人を多く見かける
その他いろいろな不安・恐怖や不幸・破滅などの暗示や被害妄想への誘導。 2017/3/4




テクノロジー犯罪被害関連(主に科学技術を悪用したハイテク被害)


考えが読まれている、思考盗聴、睡眠妨害・不眠(目がさえる)、人の声や音が聞こえる、原因のない音声被害全般、頭痛(頭のしめつけ・しびれ・痛み)、腹痛、心当たりのない身体感覚の緩慢・または急激な変化(神経障害性疼痛、神経性疼痛、線維筋痛症、筋肉が勝手に動く、体の振るえや振動、頻尿、恐怖感、不安感、倦怠感、疲労感、脱力感、あせり・焦燥感、怒り、機嫌が悪くなる、精神的な興奮状態、活動意欲の低下、絶望感、猜疑心、執着心、鬱症状、躁症状、躁鬱病(双極性障害)、陰部の挿入感、性的興奮、精力の減退、性的な快感)その他いろいろな不安・恐怖や不幸・破滅などの暗示や被害妄想への誘導、心臓などの内臓の痛みや異常、電気が走った感覚、不自然な夢(怖い夢や特定の分野の夢をよく見る)、思考送信(頭や心の中に声が聞こえる、意識への干渉)、脳活動の抑制や活発化、精神を支配される不安、睡魔・睡眠不足からくる眠気、ブレインジャック、神経過敏や神経質になる、鼻炎・咳・くしゃみなどの風邪症状の悪化・長期化、体のチック(ピチピチ)感、異臭、映像が見える(光や点が見える)、下痢、毒などのガスの発生・室内への流入、周囲の振動、陰部の接触間、排泄操作・排泄機能の操作(下痢・不自然な食あたり、便秘・尿失禁・便失禁・肛門の弛緩や挿入感)、体を突き抜ける痛み(痛覚攻撃・痛撃電磁波・レーザー攻撃)、遠くの声が聞こえる、過食・食べ過ぎ・飲みすぎ、粗食・小食、衝動が普段よりも抑えられない・我慢する力の低下、多汗、霊的とも感じるような異様な空気感(電磁波照射感)、空気弾のような衝撃波、目が見えなくなる、声が聞こえなくなる、金縛り、眼球の裏が焼かれた感覚、眼球の痛みが続き膿のようなものが出てくる、体臭の悪化、体内にマイクロチップなどがインプラントされている(埋め込まれている)ような感覚、やけど、味覚異常(味がしない、まずい味がするなど)、目がズームのようになる、食後の口の中の違和感、嗅覚異常(匂いがしない・わからない)、酒酔い(悪酔いの悪化)、乗り物酔いの悪化、失神・気を失う、呂律が回らない、電磁波、盗聴、盗撮、ほのめかし、騒音、パソコンの動作不良、ハッキング・アカウント乗っ取り・使用不能、パスワードを盗まれる、不正ログイン、ネット監視、電気製品の動作不良、睡眠妨害、毒物被害




転載:テクノロジー犯罪・集団ストーカー全国被害者


 同じ内容も含まれていますが、検索ヒット率を上げるため、「テクノロジー犯罪・集団ストーカー全国被害者」のほうからも転載しておきます。

------ 転載開始 ------

声が聞こえる (耳を塞いでもきこえる)『音声送信』 『テレパシー送信』
声による    誹謗・中傷   『音声送信』
考えが読まれる(心の解読)   『思考盗聴』
24時間365日、遠隔から監視されている。
家の中が遠隔透視技術により見られている。
盗聴・盗撮を遠隔技術により行われる。
身体の痛み      『身体攻撃』
身体のかゆみ     『身体攻撃』
身体の痙攣      『身体攻撃』
内臓が押される    『身体攻撃』
内臓がきりきりする  『身体攻撃』
頭部の圧迫(頭に膜くが張る感じ)『身体攻撃』
頭部に腫瘍があるような感じで神経を圧迫される   『身体攻撃』
まぶたの痙攣
歯の痛み
肩甲骨の奥に痛み・激痛
息が苦しくなる
鼓動がはやくなる
痰がつっかえる              『高周波を浴びすぎる』
目を閉じて瞼を押すと青い光が無数に見える 『高周波を浴びすぎる』
性器の痛み・チクチク感・性的興奮  『身体攻撃』
手指の痙攣・全身の痙攣      『パルス波のピンポイント攻撃』
体が以上に重い          『電磁波を全身に浴びるため』
記憶を忘れる  忘れやすい     『電磁波にて頭部圧迫のため』
電化製品の誤作動、勝手に動き出す、または壊れやすい
家電製品から異常な音がする     『電圧を上げられている』
家の天井、電化製品など色々なものがパンパンなる『ラップ現象は嘘、電磁波』
自分の考えにあわせてパンパン音がする
金縛りにあう (電磁波照射で動かなくされると同時に脳だけ動かされる)
冷蔵庫・クーラー室外機など自分が通るときだけ音が大きくなる
蛍光灯が光過ぎる    『電圧を上げられている』
金縛りになると必ず幻覚をみる人の影など色々『家の中に電磁界を張られてる』
へんな夢を見る
異常に感動的な夢を見る
何度も同じ夢をみる
目を閉じると映像が見える。  『映像送信』
心霊写真が写っている。『特にPCに保存していると心霊写真をつけられる』
意識を失わされる。
過去の自分の羞恥心をあおられる。 音声送信
脳の中の恥ずかしい考えを人に言うぞと脅される。
強制的に射精させられる。夢精をさせられる。
射精時に性器に激痛を与えられる。
決まった時間に繰り返しおこされる。
決まった時間に家の中の物がパンパン音がなる。
血圧を上げられる。鼓動を早くされる。
階段を降りるときに足の同じ場所に痛みをあたえる。
体が脳がゆらされ地震と勘違いする。
自分の考えに反応するように家の中がパチパチなったり身体がチクチクする。
強制的に電磁波で腹痛を伴い排泄させられる。
小便時に性器に激痛をあたえる。

------ 転載終了 ------
2017/3/4




転載:目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! 復讐代行と闇の商人


 被害と関連が疑われる症状。 こちらは目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! 復讐代行と闇の商人から転載です。

------ 転載開始 ------

心身症 慢性疲労症候群 不安神経症 うつ病 更年期障害 自律神経失調症 皮膚のヒリヒリ、チクチク痛み 灼熱感焼けつくような熱さ 顔面への湿疹 虫刺され症状蚊・ノミ・ダニ症状集中力のテイカ 立ちくらみ 軽いめまい 回転性めまい 白内障 緑内障 失明 白血病 耳鳴り 難聴 耳痛 動悸 痔肛門が切れて排便が困難となる便秘ヤギの糞のような便下痢突然起こり数時間で止まる 下痢と便秘の繰り返し 胃痛心配事もないのに胃が痛む 両手足のしびれ、起床時。軽くもむと数分でなくなる。 呼吸が浅く息クルシい 喘息 咳 クシャミ、鼻の中の神経を共振 歯痛虫歯はないのに歯が痛む歯が浮く歯が浮いてご飯が食べられない 歯周病 頭痛 膝や肘の痛み 成長痛  昔は子供10人産んでも成長痛なんて病気はなかったのだが。 尿失禁年齢関係ない 悪夢同じ夢を数週間も続けて見る 視力障害白内障・緑内障・視力テイカ 目が疲れる 目がゴロゴロする目に小石が入ったような感覚鼻づまり・鼻水(鼻炎)顔がほてる、むくみ、口内炎栄養不ではなく電磁波照射 異常な喉の渇き 短期テキ記憶喪失一瞬の物忘れ 異常な疲れぐったり感 めまい、気を失いそうな感覚 吐き気慢性テキ・吐き気急性  夜中に目が覚めるさわやかに目が覚め眠くない 集中力の欠如 (イライラ感・難聴) まっすぐ歩けない平衡感覚障害 ふらつき 瞬時の揺れドンッと音がして地震が起きたような感覚腕の筋肉や関節の痛み 呼吸困難、動悸 (不整脈) 手足のしびれ、麻痺 肩や首筋の執拗なこり 背中の痛み ふくらはぎの引きつりこむら返り・・神経の共振 ヘルニア ギックリ腰 五十肩 寝違い 狂気じみた激怒 大脳の活動テイカ まぶたが垂れ下がる まぶたが腫れる 目を閉じたとき紫に動く物がミエる

------ 転載終了 ------
2017/3/14




転載:アメリカの集団ストーカー被害者と銃乱射事件 - オリュウの独り言


 さらにこちらは、アメリカの集団ストーカー被害者と銃乱射事件 - オリュウの独り言、止まったと思われる被害からの転載です。

------ 転載開始 ------

低周波振動音、耳にキ~ンとくる音、バイクや車の暴走音、ヘリの飛来音、湿疹、歯痛(虫歯はない)、背中の痛み、強力な肩こり、部分冷え性(背中・片方の肩・足先)、ノミ、ダニ、蚊症状、めまい、立ちくらみ、ふらつき、回転性めまい(沖縄街宣で1ヶ月間やられました。後遺症が1年以上続きました。まっすぐ道を歩けない、ふらつきなど。病院は一度も行ってない。)、横隔膜の痛み、疲労感、アトピー、凍傷、耳痛、難聴、動悸、低血圧、息苦しさ、だるい、手先のしびれ、鼻水、鼻つまり、タン、のどの痛み、花粉症症状、眼球の痒み、飛蚊症、閃光、目がごろごろ(石ころがはいっているような)、便秘、便意、下痢、胃痛、膝痛、オーガズム症状、痔、悪臭、鼻のムズムズ、頭痛、口内炎、金縛り、肘の痛み、寝違い、ぎっくり腰、金縛り、悪夢、焦燥感、手先の痺れ、貧血、イライラ感、異常な疲労感、皮膚の痒み、不眠、手足の関節の痛み、吐き気、骨粗しょう症、疼痛、歯が浮く(歯槽膿漏症状)、ぐったり感、無気力、切傷(お尻とか指先とかが切れる)、顔にシミ、髪が抜ける、薄毛、蕁麻疹、瞬時の揺れ(地震を作り出す)、発声困難、平衡感覚、貧血、切り傷、 電車内、ホーム、あらゆる場所で手や足の甲などに痛み、

ブライティング攻撃(夜間運転中)、家宅侵入、しぐさや癖を真似る、駐車場へ先回り、駐車場を同時に出る。冷蔵庫がコンコン鳴る、誰もいない上階からモータ音。PCのハッキング、ネットバンクから引き出し(10年前)、咳払い、大声、大笑い、酔っ払い、警察官のコスチュームを着けて立っている、家の周辺で頻繁に工事(電気、水道、ガス、ケーブルなど)、ストリートシアター(奇人変人登場、ホームで誰かが倒れて駅員が介護など、)、人身事故の電車内放送、意味不明の電車の遅れ、カルトナンバー登場、時計を狂わす、手で頭をなでる人、手で鼻をさわる人、手で髪をさわる人、家の中の道具を微妙に動かす、洋服にシミをつける、同じ服の人と鉢合わせ、留守電の内容変更、メールの配信を遅らせる、匂いの送信、靴下が片一方だけなくなる、よれよれのパンツが置かれる、玄関先にねずみの死骸、玄関先にタバコの吸殻、外出時に頭上にヘリ、外出時に近隣も同時に出る、隣のおじさんが玄関先で倒れている、カメラを取りにいってる間にいなくなった、間違い電話、間違いFAXが沢山届く、床がミシッミシッと鳴る、電球が切れる、ラジオの電源のON、OFF、携帯電話の電池切れが異常に早い、コンビニに入ると店員が側に来る、電車のホームでいつもあと数秒で乗り遅れる、パトカー、救急車、消防車とのタイミング合わせの遭遇、キューリを買うと中が腐れている、表面は青々としてきれい、エレベーターの乗り降りで対話の中に仄めかしを入れる、自分が気にいってる商品が店頭から消える、または発売禁止となる、自分が尊敬している男女が早死にする、

●この被害に遭ってから、「下肢静脈瘤」の手術、「白内障」の手術を受けました。下肢静脈瘤は電磁波照射による毛細血管の破壊で脚の静脈の血行障害で起こる現象です。白内障は電磁波照射による網膜攻撃によってしだいに視力に障害が出る現象です。

------ 転載終了 ------
2017/4/5




転載:思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その2


 こちらは思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その2からの転載です。

------ 転載開始 ------

1999年6月現在において、東芝の「電波応用技術」で可能となっております。

 1)全ての物を観測・監視すること。
 2)音・声、思考・記憶を電波的に拾って解析すること。
 3)会話をすること。
   オペレータと被験者において、被験者にとっては、テレパシーのように感じ
る。
   発信機や受信機もなく、声でなく、思考が解析される。また、相手の声も聞か
される。
   結果として会話が成立する。
   念のため、SFと違うのは、人はあくまで言葉を使い思考するものなので
   言語が自動的に翻訳されることはない。
 4)電波的に刺激を与え、人間の機能、生理現象を活性化および不活性化するこ
と。
   痛みの誘発・抑制、痒みの誘発・抑制、尿意・便意の誘発・抑制、心肺機能停
止、呼吸停止等。
 5)人間・電子機器の制御。
   人間をあたかも催眠状態のように、脳に指令を送り自由に動かす。
   電子機器のスイッチのON/OFF、入出力回路の制御等。
 6)電子機器の破壊。
 作用対象は、1つでも、複数、ブロードキャストも可能です。
 作用対象は、発信機、受信機等は一切、必用ありません。
 作用点は、電波の一点のみで、その軌道には一切、影響しません。

 技術的にはよくわかりませんが、電波応用技術、光波、音波と、GPSおよびITSで
 使用される衛星技術や、観測衛星や防衛やロボットで利用されるセンサー技術と
 人間の体内電波、脳内電波、ニューラルネットワークの知識を発展・結合させた
 ものに違いありません。
 それは、電磁波盗聴「TEMPEST」と同じ部分もあるのでしょう。
 衛星からか地上からか電波が、照射されているに違いありません。
 仮に衛星からなら、NASDAの衛星をメーカという特権を悪用して秘密裏に
 使用しているのです。時期的に見ても用途的に見ても、それはCOMETなの
 ではないかと思うのです。ETS-8にも強い懸念を抱いております。

------ 転載終了 ------
2017/8/3




転載:日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメント


 こちらは日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメントからの転載です。

------ 転載開始 ------

まず”Retconned”という海外の掲示板のようなサイトにあった集団ストーカー、
及び、テクノロジー犯罪の犯罪パターンの一覧を見てみたい。


1、 あなたはあなたの家族、友情、ビジネス関係のすべてが荒れ果てていることが
   分かり、あなたはこれを引き起こす原因がわかりません。

2、 見知らぬ人が歩いたり、運転したりする際に、あなたが「偶発的に」ブロック
   されることが劇的に増加し、毎日、いくつかの「ブロック」インシデントが
   発生することがわかります。 これはターゲットが「ストリートシアター」と
   呼ぶものの一部です。 通常の生活の中で発生するものよりもはるかに
   頻繁なブロッキングであり、通常の発生の比ではありません。

3、 電話には、しばしば沈黙または異常なトーンまたは異常なエコーがあります。
   あなたは間違い電話で時間をロスする事が多くなります。

4、 あなたが外に出て歩くか車を運転している時に街灯の下を通ると、その街灯が
   急に灯ります。

5、 あなたの腕時計や他の電池があまりにも早く切れすぎるのは非常に不自然です。

6、 あなたは、まったく同じ時刻に突然目を覚ますことに気付きます。毎晩真夜中
   にあなたの頭の中で避けられない声がするのはけっしてあなたが精神病だから
   なのではありません

7、 耳鳴りが 電子機器の電源を入れたり切ったりすると起こることがあります。

8、 偽の電話または偽の時計の音または偽の何かの物音が聞こえます。
  
9、 騒々しい鳥の声、どこにでもあなたを追ってくる。

10、あなたの皮膚の中に深い針を刺したような痛み、特に眠ろうとするときに発生。

11、眠っているときに、小さな電気ショックで始まる非常に強力なかゆみ

12、リラックスしている時に非常に速い心拍

13、リラックスしていて適温の環境にいながらの非常に高い体温、発熱、

14、振動が身体の広い部分に発生。近くに振動する物体は何もないにもかかわらず

15、一度目を覚ますと、大量のカフェインを飲んだかのように眠りに戻ることができ
   ない

16、起きている間、目が開いている時も閉じているときも鮮やかな3D画像を見る。

17、あなたはどこかへ行く必要がある時に、そこに行きたくない感情を強要させら
   れる。また逆に行く必要がない所に行くことを促される。

18、隣人は壁を通り抜けてあなたの私生活を見ることができます。

19、あなたの心が読まれている、読まれていないと思う繰り返しの不確実性

20、自宅や職場での侵入、小規模窃盗、妨害の繰り返しの証拠

21、あなた決して疲れてはいないのに急にやってくる脱力感。

22、体の様々な部分の熱さと寒さの感覚。

23、味覚の操作。 食べ物や飲み物が、まったく違う味で味わいづらいことが
   あります。

24、視力の操作。 視力は曇っているか、霧が見えているように見えます。

25、接触感覚の操作。 身体の様々な部分は、震え、振動、または完全に麻痺する
   ようにすることができます。

26、頻繁な痛み:腹痛、頭痛、耳、歯痛が数時間続いたり、数分感覚で起こった
   りします。 あと目を刺すような痛み。

27、睡眠不足、またはテレビでも見ているような、はっきりした夢を見る。

28、記憶と集中は、深刻な影響を受け続けています。
   
29、感情状態、怒り、不安、嗜眠、平静、麻痺、覚醒などの感情の制御

     あなたはどれくらい経験していますか?

というような感じであるが、私自身においては、ほとんど当てはまる事ばかりである。
日本の被害者の多くの人も上記の現象に共感する人は多いのではないだろうか。
海外の被害者の人も日本の被害者とほぼ同じ被害を受けているという事が言えるの
だと思う。

次に被害の段階を4つに分類しているサイトもある。段階のステージがあがるほど
過酷になっている事を示しているようだ。それが次ぎのようなものである。

 第1段階の兆候:
  
  ビジネスや個人生活の妨害、地域内の奇妙な対応。
  
  心拍数の増加
  
  緊張感 苛立ち

  起床時の圧縮椎骨

  音の感受性

  うつ状態

  軽度のけいれん

  集中できない

  パソコンのメモリの損失

  寝汗

  耳の感受性、耳鳴り

  GERD(飲み下すことの困難)

  関節炎

  ぼやけた目の光景

  睡眠不足

  爪が波状になる

  大腿部上部の水分やセルライトの蓄積

  極度の痛みで首や肩の痙攣

  感情をともなわない涙

  頭の軽い圧力、曇った感じ

  頻尿

  皮膚の表面近くのエネルギーの復調に起因して、
  顔や背中に空気流れを感じる

  心拍数の増加

 第2段階の兆候:

  皮膚の灼熱感

  髪の喪失

  頭部の加熱感

  発疹

  強い眠気

  強制疲労

  仮想不眠症

  顔のしわ

  湿気による水の膨張による毛の破損、マイクロ波の熱による髪の割れ

  制御不能の怒り

  身体の熱

  子供の症状で、ADD(注意欠如多動性障害)

 第3段階の兆候:

  神経の調整の喪失

  不眠症による事故

  視力障害

  筋肉の萎縮

  心臓弁の損傷

  体重増加、あるいは喪失

  吐き気

  音の感受性

  無器用になる

  窒息する

  はっきりした夢

  アルツハイマー型の症状

  気分のむら 無関心 、無気力

  眠ろうとする時、手足の跳ね上がり
  
  忘却

  便秘

 第4ステージの兆候:

  心臓発作

  脳疾患

  ガン疾患

  狂気

------ 転載終了 ------
2017/9/20




目的について


 大きく分けると利権・隠蔽・政治・実験の4つで、それぞれ、防犯・精神医療などの利権、個人を社会的に排除する不都合な情報の隠蔽、政治や集団の支配・管理のためのプロパガンダや威圧など、社会や人々の支配や管理のための実験などとみられています。

 具体的には、思考誘導、支配洗脳の実験とテスト、防犯パトロール、リストラ、不正隠蔽、おどし、圧力、威圧、(ライバルの)排除、口止め、監視洗脳実験、テクノロジー犯罪技術の実験などです。

< 参考 >
集団ストーカーの目的は?
 なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み




実行犯や組織


 被害者の周辺にいる実行犯は主に次のようなになっています。 また、加害勢力の印象操作や心理操作術は高度なものとなっていて、およそすべての人が加害行為に協力する可能性があります。

探偵、創価学会、メーソン系カルト団体、町内会などの地域ネットワーク、店舗スタッフ、警察、公安、自衛隊、警備会社、一般犯罪者、暴力団、精神病者、防犯パトロール車両、カルトナンバー車両(民間の加害者車両、警察・自衛隊などの所属車両)、パトカー、青パト(青いランプのパトカー)、ヘリ(ヘリコプター)、トラック、軍用車両など

 実行犯を動かしている背後の組織としては、重複しますが、次のようになっているとみられています。 組織もおよそどんな組織でも加害行為に加担する可能性があります。

探偵、創価学会、メーソン系カルト団体、町内会などの地域ネットワーク、店舗関連ネットワーク、警察、防犯パトロール、公安、自衛隊、警備会社、一般の犯罪請負組織、暴力団、病院・製薬会社、一般企業など


< 参考 >

在日利権ネットと集団ストーカーイメージ
 関連勢力や利権の図解

統計調査
 様々な集団の規模や関係者の総数などから監視犯罪との関連性を検証

電磁波機器所持組織
 官民の研究所、警察公安、創価学会は電磁波機器を所有しているはず

テクノロジー犯罪の周辺技術や組織
 軍や民間の研究や組織など

カルトナンバー被害と対策
 被害妄想を助長する監視包囲偽装マインドゲーム




被害の説明


 転載サイトの情報と重複しますが、もう少し詳しく説明しておきます。

 ここですべてを説明することは出来ないほどに、およそ人の思いつく古今東西にあるあらゆる嫌がらせや印象操作・思考誘導、体罰・拷問などの方法が悪用されています。 また、その手法は今も新たに考案されテストされ、日々増え続けているとみられています。

・原因のわからない、あるはずのない知覚や心身の変化がある(テクノロジー犯罪全般、電波・音波・放射線・毒物などによる被害)

・衣服から日用品、家具・建物・庭などあらゆる物が破壊・消耗・紛失・移動・交換などされ、不都合が生じる(物品への被害)

・自宅にいるときや外出中に、いつも監視されている気がする(尾行・監視圧力)

・自分の行動や趣味・考えなどが他人に知られている気がする(思考盗聴、風評被害)

・外出時に誰かに後をつけられている気がする(尾行)

・外出時に誰かに待ち伏せされている気がする(待ち伏せ)

・知らない人が、自分に向かって同じ動作や内容の発言を繰り返し行っている気がする(アンカリング)

・自分しか知らないはずのことを知人または他人が話しているのを耳にする(ほのめかし、風評被害)

・夜、寝た後に毎日同じ時間に目が覚める(初期睡眠妨害)

・いつのまにか自分の悪いうわさが広がっていて、周りから悪者扱いされていたある(社会的信用の低下、風評被害)

・公共の場や職場、電車・バス・飲食店内などで同じような物音や台詞をよく耳にする(ノイズキャンペーン)

・どこへ出かけても同じ人の声や咳払いを聞かされる(聴覚への音声送信、または実際の音声再生)

・店内で万引き容疑者犯扱いされ店員や客を装った万引きGメンなどから尾行されたり、自分に対する警戒を告げるような店内放送などがある(店舗内での万引き容疑圧力)




自宅での被害


 被害を場所別に分類すると、おおむね次のようになります。

睡眠妨害

 被害者が眠りに就いた直後や、深夜帯、目覚める前の時間などを狙い、物音や電磁波攻撃で目覚めさられる被害です。 被害の初期では、深夜2時など特定の時間に毎晩、目を覚まさせるという手法が使われます。


家屋などへの不法侵入

 不法侵入の目的は何らかの嫌がらせやそのためのテクノロジー犯罪などの準備となっています。 軽度の被害では、窃盗やゴミのばらまき、物の位置移動や向き変更、パソコンのパスワード解除などがあり、重度の被害では、飲食物への毒物の混入や毒物散布、睡眠薬や麻酔ガスによる意識喪失、テクノロジー犯罪による痛みやかゆみなどの不快感の発生などです。




外出時の被害


尾行

 被害者に見つからないように後をつける行為です。 1人から3人以上で行われることが多くなっています。 テクノロジー犯罪のGPS利用が拡大中で、加害者は少人数化の傾向が出てきています。


待ち伏せ・つきまとい

 被害者が気付くように尾行や待ち伏せを行い、騒音や音声によるほのめかし、同じ動作の繰り返しなどで嫌がらせを行います。 被害者の外出先となる店舗などの建物内や乗り物内などで行われることが多くなっています。 店舗などでは防犯カメラの顔認証などを使い自動でほのめかし店内放送などが行われることもあります。


第三者を利用した嫌がらせ

 防犯目的の監視、あるいは伝言ゲームやサプライズのような平和的ないたずらなどを装って、無関係な人間に嫌がらせを代行させます。 創価学会員が代行されている姿も度々目撃されています。 創価のようなメーソン系カルトネットワークや自治体内のネットワーク、警察の防犯ネットワークなどが背後で被害者や加害現場の情報を伝達しているとみられています。




場所と無関係な被害


 全体としては、偶然を装った監視圧力で、被害者への持続的な監視支配状態の容認と被害対策の観念、さらにそれらを強要するという傾向があります。 また、多く場合これ自体が目的となっています。


監視・洗脳

 尾行・待ち伏せもそうですが、24時間監視している、かのように被害者へ意識付けを行い、監視圧力を与え、監視威圧を行うのが集団ストーカー犯罪の基本的な犯罪方法です。 集団ストーカー犯罪は、運用面では利権の維持拡大を目指していますが、犯罪思想としては色々なイメージを刷り込むことで思考や行動をコントロールする洗脳を目指しています。


風評被害

 悪い噂を流されます。 被害者を誹謗・中傷する情報とともに、それを補強するような情報が周囲の人たちへもたらされます。 これらの情報によって周囲の人たちは加害者に洗脳され、被害者を悪人や素行の悪い人、変質者、精神病者などと誤解するようになります。

 尾行・盗聴などの監視行為によって集められた情報の中で、特に具体的な情報、被害者の行動予測などをの情報を周囲の人たちに知らせることで、周囲の人は簡単にだまされてしまいます。 何を欲しがっているか、どの店で何を買うか、どんなことをインターネットで検索しているかなどの情報が周囲の人を洗脳するのによく悪用されています。


リストラ工作

 風評被害もリストラ工作に悪用されますが、リストラ工作では組織内の人間が実行犯となるため特に悪質な被害となりがちです。 一般的な集団ストーカー被害と同様にあらゆる嫌がらせや印象操作・思考誘導、体罰・拷問にあたる手法が悪用される可能性があります。

 リストラ工作の目的は被害者を組織から追い出すということではありますが、嫌がらせ自体が目的となっている可能性もあります。 一般的には被害を受けている組織を抜けて別の組織へ移動しても被害が無くなることはありません。 職場などを変えることで収入が低下するなどのリスクがあり、さらに別の組織に移った後は、よりひどい被害を受ける可能性が高くなっています。

 そのため一般的な被害者の傾向としては、所属組織は変えずに留まったほうがよかったと考える傾向があります。 所属組織で被害が悪化してしまった場合は、周囲の人たちに集団ストーカー・テクノロジー犯罪を少しずつ説明したり、それが難しいようであれば、集団ストーカー系サイトを閲覧したり、書籍を持ち歩くなどして遠まわしにその犯罪性を伝えていくなどの方法があります。

 組織内で加害行為が行われている時点では、すでに加害者側の行為は正当化され、論理武装されている可能性が高くなっています。 そのため周囲の人に理解を求めるのは難しいことではありますが、嘘や悪評を悪用して人を攻撃するのが集団ストーカー犯罪ですから、いつかどこかで自分の正当性を主張し、自分の立場やある種の人権を守るため立ち上がらなければ、被害は悪化していくばかりでしょう。

 組織内での被害は加害者が近くにいて、さらに話し合える余地がありますので、この点では他の場合の被害よりも有利になっています。 そうとはいえ一筋縄ではいかないことでしょうが、これはすべての被害者が抱えている問題ですから、ぜひ多くの人が立ち上がり犯罪と戦った成功例となるよう頑張ってほしいところです。

< 参考 >
モビング
 企業内集団ストーカーの対策や事例、企業監査など


ノイズキャンペーン 嫌がらせ目的の騒音

 被害者の行動や思考・生活パターンに合わせて物音や音声を聞かせる騒音被害です。 ノイズキャンペーンと呼びます。 睡眠妨害、風評被害と共に三大被害と呼んでも過言ではないほど、長期間、継続的に行われます。 ノイズキャンペーンは有名な被害で説明しているサイトがありますので、詳細はそちらを参照してください。

< 参考 >
ノイズキャンペーン対策
 所詮は時報やアラームのようなもの


思考盗聴

 テクノロジー犯罪のひとつです。 脳内の音声イメージを解析することにより、被害者の思考を予測するし、この予測結果を共犯者の間で共有し嫌がらせに悪用しています。 電車内や自動車内でも可能で、さらにトイレや個室などでも可能です。 思考の音声イメージだけを読み取るのではなく、意識・五感・三欲などをすべてコピーしているとみられる被害も確認されています。

 加害者は精神活動や視覚(見えているもの)だけでなく、被害者の感じた異臭やその他の不快感まで共有している場合があることが被害上では確認されています。

 技術としてはほぼ完成されていて、要人警護のためにSPが要人の視覚や聴覚情報を共有し、警護に利用しているという情報まであります。

 集団ストーカー被害でも、被害者が意識しただけの心の声のようなメッセージが、周囲にいた複数の加害者に同時に届いていたとみられるような反応が瞬時に確認された例などがあります。 加害者は被害者の心の動き程度のことはかなりの正確さで把握できるとみてよいでしょう。

< 参考 >
思考盗聴
 電磁波生体測定による言語イメージや精神状態の解析


テクノロジー犯罪

 被害者の知覚や体に起こる不自然な変化を総じてテクノロジー犯罪と言い、それが原因となる被害をテクノロジー犯罪被害と言います。

 主に電磁波、音波、毒物、放射線など科学技術を悪用した加害行為が行われます。 軍事技術を転用したもので、主に公安警察や自衛隊情報部(防衛省、自衛隊のスパイ・諜報部門)、暴力団、創価学会などが使っています。

 電波系攻撃(電磁波、EMP兵器)では、脳神経系の生物的な感覚、触覚・聴覚などの五感や体内の臓器感覚などを狂わせ、痛みや様々な感覚を誤解や異常を引き起こすことができます。 五感・三欲・その他の神経などへ干渉して、精神や肉体にダメージを与えます。

 被害が悪化すると屋内外、時間を問わず、可能な限り被害者へ痛みやかゆみなどの不快感を与える攻撃が行われることもあります。 また、快楽被害というものもあり、性的快感を与えることで痴漢行為などを誘発しようとしているとみられています。 2015/10/7, 2017/9/20


< 参考 >

このページ内の転載サイトを参照

テクノロジー犯罪




比較的珍しい被害


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害行為には、被害者の社会的な排除や精神病・犯罪・自殺などに追い込むこと、またそれらの活動を続けるとことで防犯・医療分野やメーソン系カルトなどの利権を拡大するなどの大きな目的があります。

 しかし、その大目標を実現するために行われる具体的な加害行為には、おおむね共通している部分はありますが、細かい決まりはなく、加害者が各自の判断で行っているような、例外的で特殊な嫌がらせ加害行為もあります。

 また科学技術の発展やその利用方法の悪質化などにより、今後も新たな犯罪手法が増え続けることが予想されます。 今後、特に被害の拡大が懸念されているのがRFIDなどのマイクロチップを体内にインプラントするタイプの遠隔電磁波コントロール被害です。 インプラントにより今知られている電波系のテクノロジー犯罪被害がより強化され、被害者により強い被害を与えるものとみられています。

 2017年現在の段階でも、創価学会の元信者から警視庁へ、マイクロチップのインプラント被害の被害届が提出されており、急速に被害が拡大していることが予想されています。


 その他の少し珍しい嫌がらせ犯罪からくる被害には次のようなものがあります。


・気付かない間に衣服がぬれている(冬場、上着などへ水滴や水蒸気を浴びせられる)

 コップでも水差しでもできますが、超音波による水滴の空中移動技術が悪用されている可能性があります。 自由に命中させられる水鉄砲のような技術がすでに開発されています。 2017/1/26, 2017/9/20


< 参考 >

超音波で物体や水滴を空中に浮遊させて操作する技術を日本人が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

「水滴 空中移動」 - Google






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system