集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き
嫌がらせの抑止と沈静化 嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 犯罪者コントロール >

嫌がらせの抑止と沈静化

嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

Deterrence_and_calming_of_harassment, 2016.4.15, 2017.12.25, 評価:★★★

目次

はじめに

加害行為を抑制すべきとき

証拠の確保による加害行為の抑制
 加害協力者は危険を察知すると手を引く傾向がある


関連

和平交渉
 話し合いによる事態の改善

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール

犯罪の沈静化
 嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法


参考

救急車について|無字右衛門の~ボロ家にホームセキュリティ~
 知的な活動家の無字さんは証拠を集めて加害行為の抑制に成功 2017.12.25

被害対策・被害改善方法リンク 2017.12.14




はじめに


 集団ストーカー犯罪は組織的に行われており、一般的な組織活動と同じように、犯行と結果の評価・判断、犯行の悪化など、いわゆるPDCAサイクルの、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善、改悪)などを繰り返しています。

 集スト犯の嫌がらせ犯罪における行為と結果判断をそれぞれに対して健全化のためのコントロールをするのが効果的な対処法となります。

 大枠としては、行為、犯行は抑制すること、犯行結果やその判断は黙殺することであきらめさせることが、効果的な対処法となります。

 犯行の抑制は、防犯対策の強化やアンチガスライティングなどによる加害者の健全化で行います。 犯罪の行為や結果、その判断は、被害を受けたときの被害者の反応、リアクションを減らすことで、判断不能な状況に追い込めますので、長期的な反応の停止、犯行結果の黙殺などで、犯行を沈静化します。  2016.4.15

 犯罪者の健全化、人間的な改善策としては、話し合い、対話などによる和平交渉が最も効果的です。 加害組織に迎合してしまった多くの加害者は、被害者の訴えを認めることは、まずありません。 加害者には、警察やカルト危険宗教団体など加害者側から嫌がらせ犯罪を誤魔化す方法が教えられていることもあります。  2016.4.15, 2016/04/16

 犯行を認めず、誤魔化し続ける加害者であっても、対話を続けることさえできれば、犯行の抑制や被害の緩和は期待できます。  2016.4.15




加害行為を抑制すべきとき


 被害を受けるのは誰でも不快だったり、面倒だったりすることでしょうから、加害行為は常に未然に防いでいくべきではあります。 それとは別に、加害行為の抑制のための行動をとったほうがよい場合があります。 それは急に被害が悪化した場合や、加害行為の証拠を見つけた場合です。

 加害行為を抑制するには、日頃から加害勢力の活動にダメージを与えるような対策法をいくつか用意しておく必要があります。 日頃から加害者が何を好み、何を嫌がっているのか注意深く観察しておけば、加害勢力の犯行を妨害する方法を見つけられる可能性があります。

 創価学会など安易に人前に姿を現すような加害者であれば、ある日、突然、加害者の目の前で携帯電話やスマートフォンを取り出し、カメラで加害者の姿を写真に撮ってしまうのもよいでしょう。 加害者は単なる防犯活動への協力や、証拠の残らない合法犯罪として加害行為に参加していることがありますので、急に加害者自身が犯人であるかのように写真を撮られることに不安を感じるものです。 しばらくして加害行為が抑制されたことが確認できれば、写真はすぐにブログなどに公開する必要はありません。 容疑者の特定につながる証拠写真を持っているというだけでも、犯罪の抑止力となります。

 パソコンへの被害がひどい場合は、データをUSBメモリに入れて持ち歩いたり、パソコンから情報を盗みにくくなるような何らかの対策法などを試してみるとよいでしょう。

 加害行為の証拠が見つかったとき、例えば自宅の物を壊されたといった犯罪の物理的な証拠が残っている場合は、警察に調査を依頼するのがよいでしょう。 警察に集団ストーカー・テクノロジー犯罪を訴えてもほとんど相手にされないことが知られていますが、それ以外の刑事犯罪、窃盗や器物損壊であれば警察も対処せざるを得ません。 加害勢力は犯罪行為を行う犯罪者に他なりませんので、被害者が警察を呼ぶだけでも強く警戒し、加害行為を抑制する傾向があります。(短期的に加害行為を強めてくる場合がありますが、これは加害者の強がりにすぎません。長期的に見れば犯罪の抑制効果が期待できます。)

 警察を、集団ストーカー被害を直接解決するためではなく、犯罪の抑止のために活用するという方法です。 加害者の多くは警察に通報されることを強く警戒していますので、警察への通報はある程度ではありますがかなり高い確率で被害を軽減できる可能性があります。

 特にひどい被害が長期間続いているような場合は、犯罪対策することをあきらめてしまいがちでしょうが、加害勢力も目的があって行われている人間の活動ですから、注意深く観察すれば何らかの弱点を見つけられる可能性はあります。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦して危うからず」という分析がありますが、あきらめずに敵の活動やその目的を予想できるようになれば、ある程度までは対処できる可能性は残っているはずです。 2017.12.14




証拠の確保による加害行為の抑制


加害協力者は危険を察知すると手を引く傾向がある

 屋外で不振な人物や車両に付きまとまれる被害がよくありますが、それらの多くはその行為が加害行為だと理解していないような加害勢力の協力者が担当していることがよくあります。 付きまといというよりもサイレン音のほうが気になっていたようですが、下の参考に無字さんの救急車による被害をなくすことに成功した例が紹介されています。 これなどはよい例でしょう。

 防犯パトロールや警察・消防・救急車両・郵便・宅急便などの車両によるつきまとい行為は、罪の自覚のない加害協力者が担当している場合は、加害行為であること、いわゆるハラスメント行為となっていることや、誰がやっているかバレているといったことを暗に知らせることで、被害が軽減されたり、さらにほぼ完全に近い形で抑制できる可能性があります。

 無字さんの場合は、丹念に証拠を集めて、それをブログ記事にしようとしたとたんに被害が治まったそうです。 人や車両による付きまといであれば、後を追いかけたり、写真を撮ったりすると、ある程度の抑制効果が期待できます。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪では、インターネットによるオンライン監視や思考盗聴による監視が行われていることが多いので、SNSに証拠記事を書くまでしなくても、パソコン内に写真などの証拠をまとめたり、頭の中で加害協力者を裁判で訴える方法などを考えるだけでも、相手によっては十分な加害抑制効果が現れる場合もあります。

 加害協力者の特徴は、罪の自覚が弱いことと、自分の身が安全であることを強く信じていることです。 このどちらかを切り崩していくことで、加害勢力への協力を抑止できる可能性がありますので、被害者としては、状況に合った証拠確保などの抑制方法を色々と試してみるとよいでしょう。 どちらかというと身の安全が保障されていないということを自覚させるほうが効果的なようです。

 加害協力者に対しては、おおむね、写真をとり、一言声をかければ、その後は現れなくなる傾向があるようです。 加害者に声をかけるというのは、被害者にとってはとても勇気のいることですが、加害協力者側も被害者のことを危険人物や要注意人物として騙されていることが多いので、逆上して襲い掛かってくるようなことはほとんどないようです。 加害協力者は、むしろ、被害者の危険性を重視していて、恐れおののき弱気で逃げ腰な態度をとることさえあります。

 このようなことから加害協力者が不用意に近付いてきたときは、加害行為抑制のチャンスともなっています。

 ちなみに写真については肖像権やプライバシー権など主張する人もいますが、犯罪の証拠や現状確認用の写真撮影と肖像権などの侵害は別件ですので、写真をとること自体は通常問題はありません。 一般的な証拠写真の撮影は裁判でも認められています。 写真を売ったり、プライバシーを無視して着替えの様子を撮ったりするのは犯罪行為になりますが、屋外での撮影行為自体は合法的な行為です。 写真撮影が違法であれば報道カメラマンなども存在できなくなってしまいます。 それほどまでに肖像権の主張はおかしな主張なのです。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪での肖像権の主張は、加害者の言い訳としか思えないことがよくあります。

< 参考 >
救急車について|無字右衛門の~ボロ家にホームセキュリティ~
 知的な活動家の無字さんは証拠を集めて加害行為の抑制に成功 2017.12.25



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system