集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
嫌がらせの抑止と沈静化 嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 犯罪者コントロール >

嫌がらせの抑止と沈静化

Deterrence_and_calming_of_harassment 2016/04/15, 2016/04/16

嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺


 集団ストーカー犯罪は組織的に行われており、一般的な組織活動と同じように、犯行と結果の評価・判断、犯行の悪化など、いわゆるPDCAサイクルの、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善、改悪)などを繰り返しています。

 集スト犯の嫌がらせ犯罪における行為と結果判断をそれぞれに対して健全化のためのコントロールをするのが効果的な対処法となります。

 大枠としては、行為、犯行は抑制すること、犯行結果やその判断は黙殺することであきらめさせることが、効果的な対処法となります。

 犯行の抑制は、防犯対策の強化やアンチガスライティングなどによる加害者の健全化で行います。 犯罪の行為や結果、その判断は、被害を受けたときの被害者の反応、リアクションを減らすことで、判断不能な状況に追い込めますので、長期的な反応の停止、犯行結果の黙殺などで、犯行を沈静化します。  2016/04/15

 犯罪者の健全化、人間的な改善策としては、話し合い、対話などによる和平交渉が最も効果的です。 加害組織に迎合してしまった多くの加害者は、被害者の訴えを認めることは、まずありません。 加害者には、警察やカルト危険宗教団体など加害者側から嫌がらせ犯罪を誤魔化す方法が教えられていることもあります。  2016/04/15, 2016/04/16

 犯行を認めず、誤魔化し続ける加害者であっても、対話を続けることさえできれば、犯行の抑制や被害の緩和は期待できます。  2016/04/15


<参考>

和平交渉
 話し合いによる事態の改善

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール

犯罪の沈静化
 嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system