集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ドイツ銀行破綻 2016年10月、銀行破綻が進行中、他の銀行も引き出し制限や職員を解雇

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 >

ドイツ銀行破綻

Deutsche_Bank_Aktiengesellschaft_failure, 2016.10.11, 2016.10.13

2016年10月、銀行破綻が進行中、他の銀行も引き出し制限や職員を解雇


< ドイツの主要銀行の破綻 >

 メディアが報道しないニュースサイトのようになってしまいますが、日本の主要メディアが隠している世界情勢の、日本国内への拡散活動に、このサイトもささやかながらも協力しておきます。

 ネットメディアでは隠されていませんので、すでに一大ニュースとなっていますが、ドイチェバンクやコメルツバンクなどドイツの上位2行となるメガバンクの破綻が進行中です。

 サブタイトルにもあるように、ドイチェバンクでは預金者がお金を引き出せる金額が制限されていて預金を自由に引き出すことができなくなっていたり、コメルツバンクでは銀行員を2割も解雇しています。 これを書いている今も銀行の破綻は進行中のはずですから、この記事が閲覧者に読まれるころにはもっとひどい状態になっていることでしょう。

 銀行の破綻というのは、2015年のギリシャ危機のようなことが起こるとイメージする人もいるかもしれませんが、ドイツの銀行はEUの中心で、ギリシャ危機の負債も実質的にはドイツが担保していたはずですから、ギリシャ危機とは比べ物にならないほど大きな危機が現在進行中で起こっているということです。

 ドイツの銀行破綻の影響はフランスの銀行を直撃し、EU全体へ波及するとみられています。

 ドイツのメガバンクの破綻がEU危機のきっかけとして歴史に名を残すことになりそうです。 2016.10.11

< 追伸 >
 書き忘れていましたが、ドイツではデビットカードも使用できない状態になっているそうです。 ドイツで暮らしている人はしばらく不便な生活が続きそうです。

 デビットという名前はダビデに由来するもので、ダビデは旧約聖書に出てくるイスラエルの王のことです。 このダビデ、デビットの名は今でもシオニスト、ユダヤ金融資本、今も存在するロスチャイルドやロックフェラーなどが好んで名付けている名前です。

 シオニストなど裏社会の権力構造に詳しい人であれば、デビットカードなどという胡散臭い名前の決済用カード使わないでしょう。

 デビットカード自体は、今のところそれほど胡散臭いものではなく、銀行などの金融機関の口座を買い物などの決済に使えるようにしたカードとなっているようです。

 ドイツ銀行自体が預金の引き出し制限をしていますので、預金者の引き出し金額などを管理するために窓口を一本化するため、などの理由で使えなくなっているだけのようです。 2016.10.13

< 世界の動き >

 他の世界の動きとしては、このサイトでは国際(世界)金融マフィアと呼んでいるユダヤ、シオニスト系の犯罪グループのCIAや欧米の犯罪・マフィア勢力の勢力減退、失墜が、ほぼ確定的な事実となりつつあります。

 金融マフィアはすでに実力を失い、世界を支配しようなどということはできずに、彼らよりは良識的で健全な勢力によって、世界が運営されるようになる可能性が高くなりつつある、ということです。


< 日本はどうなる? >

 日本の安倍首相は、やはり排除されてしまうだろうと見込まれています。 CIAは水面下でアメリカが日本を支配しようとしていた証拠がすでに出ているアメリカの秘密警察です。 一時的には、CIAに抑えられていた日本勢力が多少暴走してしまう可能性があります。

 CIAは日本を支配しようとして、実際にある程度まで支配を実現していましたが、同時に日本国内の反社会勢力の活動を抑えるという役割もしていました。 いわゆる地元のヤクザが他のヤクザの犯罪を防いでいるといった状態にあった訳です。

 CIAが日本でしていた悪事がなくなると、そこに割り込んでくる別のヤクザやマフィアが出てくるはずです。

 CIAはロックフェラーなどアメリカやイギリス系の金融マフィアに属しているとみられていますので、別の国際金融マフィアが入り込んでくるとすれば、フランス系のロスチャイルド系の金融マフィア勢力が入り込んでくる可能性もあります。


(注意:陰謀論的な話

 イギリスはロスチャイルド系だとか、ロックフェラーを支配しているのは誰か、といったことは厳密なところはよく分かりませんので、今のところはおおまかに考えておいても問題ないでしょう。

 どちらもさらに上位の出資勢力のような勢力も確認されていますので、細かい構造を把握するのは難しいだろうと思います。

 裏社会の権力構造は知ることができるなら知っておいたほうがよいのですが、本質的には社会の健全化が優先課題ですから、権力構造の分析や定義はそれほど重要ではありません。

 犯罪勢力の主体を何という名前で呼ぶべきかということは、それほど大きな問題ではないということです。

 ロスチャイルドやロックフェラーという言葉はその意味や範囲が大きくなりすぎて、あいまいな表現となっていて、実効性といいますか、実際に使うには不便な状態にあるでしょう。

 あいまいな言葉ではあいまいなことしか説明できないでしょう。 [注意おわり])


 日本の裏社会におけるCIAに代わるのが、在日系暴力団や部落系暴力団、あるいは日本財団のような右翼組織、はたまた中国マフィアが出てくるのか、よく分かりませんが、勢力変化にともなう事件が起こる可能性が高いですから、関係者には注意を喚起しておきます。

 順当に考えれると公安の暴走が懸念されます。 公安はCIAがCIA化しようとしていたとみられています。 また公安を日本のCIAにしようという動きは天皇財閥など日本金融マフィアにもあったとみられていますので、CIAの力が弱まった後、暴走するとすれば、その実行犯は公安となる可能性が高いでしょう。

 このサイトが最大の改善目標としている集団ストーカー問題も、公安さえ正常に機能していれば起こるはずない問題ですから、公安はすでに暴走していると言ってもよいかもしれません。

 集スト問題はさておき、私の個人的な予想では、日本の裏社会で最も強い力をもっているのは、警察組織で、さらにその実権を握る公安や創価学会あたりが裏社会でかなり強い力をもっているのではないかとみています。 警察は日本金融マフィアに利用されているように見えますが、実際には自分たちがかなり強い実力組織であると認識しているだろうと思います。

 創価学会が警察権力に目をつけ、警察と癒着し警察を支配しようとしてきたのが今の日本の現状のようですから、CIA支配が弱まった創価学会というのもかなり危険な存在だったということが世間に知れ渡る可能性もあるでしょう。

 そうなると創価学会の管理や支配がどうなっているのかというのが問題になってきます。

 創価学会が日本金融マフィアの一連のグループに属していることは、ほぼ間違いないでしょうから、日本の金融マフィアの力関係が、今回のドイツ危機・EU危機から明らかになるのではないかと期待しています。

 私の予想では、月並みな気もしますが、表メディアを支配する電通か、あるいは税金を使って莫大な利益を手に入れることができる天皇財閥系の政治家や軍事関連企業あたりが、日本の最大の権力組織となっているのだろうとみています。

 創価学会は節操がないといいますが、犯罪性が強すぎますので支配組織としては品格が足りません。 仮に、国際金融マフィアの直属組織だったとしても日本の権力の頂点には立てないでしょう。 創価学会のやり方では日本で支持を集めることはできないはずです。

 しかしながら、電通はCIAが作ったような組織ですし、軍事関連企業もアメリカ系金融マフィアとべったりと癒着していることが予想されますので、日本は健全化しにくい状態にあることでしょう。

 それでは天皇中心ではどうかというと、天皇家は明治以降、在日にすり替えられたという天皇在日説は写真などの証拠もあり、かなり有力です。

 さらに現在でも明治期より後に入ってきた新在日勢力とも言うべき在日勢力が天皇家に近づこうとしています。 実際に現在の皇太子妃なども在日系と見られているように、すでにかなり入り込んでいることが予想されます。

 また創価学会など在日勢力は、宮内庁など天皇の皇室に近い職へ次々と入り込み、今ではかなりの人間が在日に置き換わっているとみられています。


 それでは日本はどうにもならないのかというと、そうでもなくて、日本と朝鮮は、日本での在日勢力の暗躍などもあり、それなりに協力関係を保っているとみられています。

 慰安婦問題でも、ほとんど嘘で塗り固められた韓国の主張に対して、無視することもなく支援金を送るなどそれなりに対処していることから、表向きは対立しているように見えて、それなりに協力関係があることがうかがわれます。

 日本・北朝鮮・韓国がお互いを悪人扱いしているのは国際金融マフィアの分断統治工作のようにもみえますが、当事国が政治的なスケープゴートに利用している面があることも否めません。 (北朝鮮が韓国や日本をスケープゴートにしているかどうかは情報がないのでよく分かりませんが。 )

 他にも韓国の震度5の地震も、北朝鮮や日本から核兵器が持ち込まれたのだとみれば、それなりに理解できる部分もあります。

 実際には北朝鮮に100発以上の核兵器が、ヒラリーによって持ち込まれたという情報がありますので、北朝鮮と韓国も裏ではそれなりに仲良くやっているという可能性のほうが高いかもしれません。

 また北朝鮮とアメリカが水面下では友好的な関係にあることも付け加えておきます。

 日本のメディアが北朝鮮の軍事的危険性を誇張しているのは、日本を含む国際金融マフィアの戦争ビジネスのための偏向報道にすぎません。 北朝鮮はアメリカというより国際金融マフィアとも、ある程度良好な関係を保っていることが予想されます。

 多少の協力関係にあるからといって安心できるものではありませんが、日本と朝鮮のことは当事者である、今を生きる日本人・北朝鮮人・韓国人が対処していかなければなりません。

 3カ国とも大きな混乱は望んでいませんので、それなりに安定した状態を保てるのではないかと、期待しています。 2016.10.11





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system