集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ヒラリー候補はシェルバーンの制裁を受けているのか?

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正(裏社会) >

ヒラリー候補はシェルバーンの制裁を受けているのか?

Does_Hillary_candidate_have_punishment_in_a_Shelburne, 2016.9.3, 2016.9.16


 今、アメリカ大統領選に向けて戦っているヒラリー候補ですが、脳障害で糞尿垂れ流し状態の被害が出ていて、汚物を通すチューブを体に付けて選挙活動をしていることが知られています。

 ほかにもヒラリー候補はてんかん持ちで、同行している医師らしき人から抗てんかん剤を注入されながら活動していることも知られています。

 動画をみると、彼女がたしかに気を失っている姿が確認できます。 ヒラリー候補も70歳近い年齢ですから体力的に限界に近いところを、無理やり活動させられているのかもしれません。

 ヒラリー候補は他にも、彼女を不正を告発しょうとした人間が50人以上も死んでいることから、キラリーというあだ名で呼ばれているそうです。 そんなことをしても民意を得ることはできないことくらいは、さすがに理解しているだろうとは思います。

 そうなるとヒラリー候補も含め、ロスチャイルドも逆らえないという悪魔の13血族、シェルバーン家やタクシス家、サヴォイア家などがアメリカに制裁を加えているという見方も多少は真実味を増してきます。 2016.9.3


 ヒラリー候補の健康問題は深刻で、すでに大統領候補としては致命的な状態にあるという情報が日増しに増えています。

 今のヒラリー候補が表舞台から退くことはすでに確定的なことですが、外見が10歳ほど若くみえるヒラリー候補が現れたことで、クローン説や顔面整形をした影武者説なども出てきていて、今後の展開は予想が難しくなってきています。

 見た目を似せただけの代理人では政治家の仕事は務まりませんので、サンダース元候補などを復帰させる案などが検討されているようです。 2016.9.16


< 参考 >

確認できる世界支配層のトップは?





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system