集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
時代は間に合った … IT社会は在日ショックに対処できる

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 在日利権ネット >

時代は間に合った

[Era_was_in_time] (2016/03/30)

IT社会は在日ショックに対処できる



 日本占領計画という言葉は、常識的にみれば、子供向けの漫画やドラマにしかでてこないような、実際に実現できるはずのない非常識なことを表す言葉でしかありません。 しかし、創価学会の池田大作名誉会長が日本占領計画を実際に実行していたことは、関係者には有名な話です。 彼が嘘や冗談ではなく本気で日本占領を考えていたということが知られています。 彼は「日本人が気付かないうちに日本を支配する」と話していたそうです。

現在の日本における在日被害を考えると、集ストや強制尾行の隠蔽された影からの攻撃を、日本国家全体に対して行おうとして、実際に半ばまで成功させていたと言ってよいでしょう。

 携帯電話やインターネットの普及は人々の生活の利便性を大きく向上しましたが、同時に、犯罪者の犯行をより狡猾で凶悪なものへと悪化させてしまいました。 集団ストーカーを行う創価学会員も、携帯電話の普及によって集団ストーカー犯罪の効率は劇的に上がったと告白しています。 通信技術の向上は、一旦は、集団ストーカーを含む在日利権ネット犯罪者に目を付けられ、被害を悪化させてしまいましたが、次は被害者が通信技術を有効活用し反撃に出る番です。

 通信技術の向上は、犯罪を悪化させてしまったものの、それを改善する武器ともなりえたのです。 もしも世の中にインターネットが存在しなかった場合、在日利権ネットによる日本支配は、本当に日本人が知らない間に完了してしまっていた可能性もあったでしょう。 しかし、インターネットはマスコミに頼らない情報共有や議論を可能とし、在日利権ネットによる日本支配に歯止めをかける、決定的なコミュニケーションツールとして今後も有効活用されていくことでしょう。

 あらゆる問題は問題として認識されないことには対処することができません。 ないものには何もできないのです。 しかし、在日利権ネットの問題はすでに明るみに出ているため対処することができるようになっています。

 歴史的にみて、インターネットの出現は、在日利権ネットによる日本支配から日本の防衛に間に合ったといえます。 ネットは歴史的な日本社会の危機、在日ショックへの対処に間に合ったのです。 (2016/03/11)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system