集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ビッグデータ、ディープラーニングなどで高まるAIへの期待

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) > AIはネット集団知には勝てない >

ビッグデータ、ディープラーニングなどで高まるAIへの期待

AIの出す答えは政策などの正当性を保障できない

Expectation-to-AI-increasing-by-big-data-deep-learning, 2017/4/10, 2017/4/12, 評価:★

 インターネットの普及により出現したネット上にある膨大な文章や映像などのデータをビッグデータと呼びます。 今、これを統計学などで分析することで人々の関心や思考、ニーズなどを分析しようとする試みが盛んに行われています。 無料ブログや無料アプリ・ゲームなどは個人情報の収集という目的もあるでしょうが、その背後ではビッグデータの収集も大きな目的となっているのではないかとみられています。

 AIの分野で成果を出しつつある技術や理論にディープラーニングという、反復による自己学習型コンピューティングがあります。 ボールを投げるロボットにディープラーニング型AIを組み込むことで、時間ともにボールを投げ入れる精度がどんどんあがり、いずれは100%に近い正確な投げ方をするようになるようなことが話題となっています。

 これらの膨大なビッグデータの出現とそれをいずれはうまく処理できるのではないかと期待させるディープラーニングによって、AI研究の分野に注目が集まっています。

 ネット掲示板や無料ブログ・アプリ・ゲームなどの情報を自動で解析することで、人々の好みや思考パターンなどが分析され、いずれは商品やサービスなどを最適なタイミングで、最適な物を、最適な場所へ供給できるようになるのではないかと、あるいは乗り物の自動運転やドローン配送などの自動空輸、さらには政治問題などの解決にも利用できるのではないかと期待されています。

 AIが正しくデータを分析できるようになりさえすれば、たしかにいろいろな分野での応用が期待できるでしょう。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system