集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
経済危機対策 売ったら負け、株や土地は手放さないほうがよい

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 >

経済危機対策

Financial_contingency_plan, 2016.10.13

売ったら負け、株や土地は手放さないほうがよい


< 目次 >

リーマンショックは計画された金融危機だった

韓国びいきのフジテレビ、倒産の危機

詐欺的なグローバリストの経済危機ビジネス

2016年、ドイツ銀行破綻やEU危機への対策:売ったら負け、株や土地は手放さないほうがよい

もはや中央銀行に金融市場をコントロールする力はない






リーマンショックは計画された金融危機だった


 世界同時株安で世界経済危機となった2008年9月のリーマンショックですが、現在ではアメリカと韓国によって意図的に引き起こされた可能性が高かったことが分かってきています。

 国レベルでみると国連を使い、韓国人を国連事務総長にするなど、アメリカと韓国の癒着政策や融和方針をとっていたことはあきらかです。 リーマンショックは韓国の銀行が直接のきっかけに強くかかわっています。

 なぜアメリカが韓国と共謀してリーマンショックを起こしたかというと、これは悪徳グローバリスト、国際金融マフィアと呼ぶべき一連の組織による、意図的な株価操作だった可能性が極めて高くなっています。

 金融マフィアは世界の株などの金融資産を暴落させた後に、これを買い占めることで莫大な富を得たのです。 韓国もリーマンショック以降、多くの日本の株などを手に入れたとみられています。

 現在、2016年前後の日本の上位企業40社のうち、在日企業が20社を占めるなど、日本経済で韓国系の在日勢力が拡大しているのはたしかな事実です。

 悪徳グローバリストというより、悪徳な超富裕層というべき勢力は、支配的な利益の独占を目指していますので、在日勢力に日本の資産を分け与えるようなことは考えていません。 一時的に在日勢力に与えられた日本資産は、超富裕層の手によって在日勢力から取り上げられてしまうことでしょう。

 この取り上げ作業、回収作業はすでに始まっているらしく、2016年現在も、ソフトバンクが負債の補填のため傘下の企業を切り売りしていたり、ロッテの幹部が自殺するなどの事件が起こっています。

 国連の事務総長も韓国のパン・ギムンさんからポルトガルのアントニオ・グテーレスさんに変更されています。

 在日勢力もそろそろ悪徳グローバリストに利用されたことに気が付き始めている頃でしょうか。 2016.10.13






韓国びいきのフジテレビ、倒産の危機


 2015年頃のデータだったと思いますが、フジテレビの株式保有率における外国資本の割合が30%を超えていました。 これは違法状態にあります。

 この外国資本にも韓国資本が含まれています。 フジテレビが韓国ブームを捏造しようとしたり、スポーツで日本人選手よりも韓国人選手の活躍を強調した放送を行うなど偏った放送を続けている原因も、おおきくみればリーマンショック以降の在日勢力の拡大に、その原因があることでしょう。

 フジテレビは他にもテレビの人気食べ物ランキングなどで、韓国料理を1位にするなど、分かりやすい嘘を堂々と放送していました。

 フジテレビへの在日支配はかなりの部分まで進んでいて、グループの会長のような人もすでに在日韓国人となっています。

 フジテレビの偏った放送についてさすがの日本人も不満つのらせ、韓国を過剰に優遇する放送内容へ批判するためフジテレビ社屋前で8000人規模のデモが行われるほどでした。

 フジテレビは自社への8000人規模のデモを報道することなく無視するなど、ひどい対応を続けました。 デモの様子を他人事のようにスマートフォンなどのカメラに収めているような社員までいて非難されることになりました。

 その後のテレビ放送でも、出演者に「嫌なら見るな」などと暴言を吐かせた内容を放送するなど、日本人の神経を逆なでし続けました。

 これに対し日本人勢力はフジテレビに広告を出している企業の不買活動などで反撃し、何十年も続いていた人気番組をスポンサー経由で終了させるなど、放送内容健全化を求める強い意志を示しました。

 フジテレビ側もさすがに危機感を感じたのか、利益が半減していることが公になったあたりで、「嫌なら見るな」と実際に口に出したタレントに責任転嫁するような態度を見せ始めました。

 犯人を見つけて責めたつもりでしょうが、しかし、これは日本では逆効果となります。 フジテレビを守るため「嫌なら見るな」と擁護したタレントを、問題の首謀者のように責めてはいけません。

 これは仲間に責任転嫁するようなひどいテレビ局だと世間から判断され、視聴者となる日本人からも、出演者となるタレントからも、フジテレビは一斉に嫌われることとなってしまいました。

 放送内容が何年も前から偏っていましたので、嫌われていたのは、この件だけが原因という訳ではありませんが、視聴率の低下に加え、このタレントの出演拒否の動きがフジテレビに止めを刺すような決定的な打撃へつながっていったようです。

 フジテレビの韓国ひいきはその後も続き、日本人のフジテレビ批判勢力の批判は、在日朝鮮人全体の反日勢力などへも向かいました。

 テレビ視聴率の低下や局自体が日本人に嫌われてしまったことが明らかになっては、日本人向けのテレビ広告のスポンサーが付くはずがありません。 2016年10月にはついにフジテレビの最大スポンサーであるトヨタ自動車がスポンサーから撤退するなど、放送局として倒産が危惧されるほどにまでなっています。

 トヨタがフジテレビ撤退となると、古くからの付き合いのある他の企業もさらに撤退しやすい状況となりましたので、フジテレビのスポンサーはさらに撤退してくことが予想されます。 ネット社会でも、フジテレビ、イコール、在日勢力、というイメージがすでにできあがりつつありますので劣勢を覆すのは難しいでしょう。

 大手企業がフジテレビから去った後は、消費者金融や韓国旅行、創価学会などの広告でも流し続けるのかもしれません。

 フジテレビは2015年の利益が、前年、2014年とくらべて、約半分になるほど、スポンサー離れが進んでいますので、2016年、現在では自社内でもテレビ放送分野からの撤退や倒産、他社への株式譲渡などが検討されているそうです。

 フジテレビが再評価される要因は特に見当たりませんので、フジテレビはこの先も減益を続けていくことでしょう。

 マスメディアというのは信用を背景にしたブランドビジネスでもありますので、日本人から信用を失ったテレビ局の没落は必然的な結果ともいえます。

 フジテレビが見られるのも今年限りで、来年からはなくなってしまう、あるいは別の名前のテレビ局になっているという可能性も高まりつつあります。






詐欺的なグローバリストの経済危機ビジネス


 リーマンショックのような金融危機は、歴史上、何回も起こっています。 歴史上は自然発生的に起こったという扱いになっていますが、実際にはどれも意図的に引き起こされたという証拠が集まりつつあります。

 悪徳グローバリストの実力は強大で、歴史の教科書の内容や、学術的な真実・実験結果(実験の判断基準操作による結果の偏向)・潮流など変化させることすらできるとみられています。

 意図的に引き起こされた金融危機の目的はどれも同じで、金融資産や不動産など価値を暴落させた後に、買い占めることで富を独占しようというものでした。

 ロスチャイルドなどが政府と共謀して、戦争に負けたかのような金融市場操作を行っていたといったことが、その典型といえます。

 かなり古い話ですが、ロスチャイルドは以前に、多くの人々をだまして金融市場を暴落させたこと歴史的に明らかとなっています。

 その方法は、戦争に負けると敵国に資産が没収されるなどしますので、これを利用して、敗戦の前に資産を売り払って海外に逃げるかのような振りをして、他の資産家たちをだまして市場を暴落させるというものでした。


 2016年のドイツ銀行破綻や、これから起こるであろうEU危機も、詐欺的なグローバリストによって意図的に引き起こされた可能性が高いでしょう。

 その証拠のひとつに、EU関連の株が2008年前後から意図的に売り払われているというデータも出てきています。 一部の悪徳グローバリストたちは、何年もかけて計画的に今回の金融危機を引き起こそうとしていたということです。

 後から考えると、シリア難民問題もEU全体に混乱を引き起こすために意図的に行われていたことが疑われます。






2016年、ドイツ銀行破綻やEU危機への対策:売ったら負け、株や土地は手放さないほうがよい


 私は経済や金融の専門家ではありませんが、対策案を思いついてしまったので、参考に載せておきます。 対策案は対策法のひとつとして理解しておいてもらえらばよいと思います。 予測自体はおおむね正しいだろうとは思っています。

< 参考 >
ドイツ銀行破綻
 2016年10月、銀行破綻が進行中、他の銀行も引き出し制限や職員を解雇


 2016年から数年間、影響が出るとみられるドイツ銀行破綻やEU危機ですが、これは悪徳グローバリストによる意図的な株価暴落計画である可能性がかなり高いとみてよいでしょう。

 悪徳グローバリストの計画は金融資産や土地などを暴落させた後に買収することですから、対策としては、暴落させないこととなります。

 銀行が破綻するとその国の経済的評価が暴落し、株や土地など海外から買えるようなその他の金融資産の価値、評価額も下がることになります。 しかし、これは意図的な市場操作ですから、何年かたてば元に戻ります。

 投資家の誰もが、持っている株や土地の価値が下がる前に売り払おうとしますが、これは罠ですから、我慢して何年か待てば、あまり損もせずに資産も失わずにすむということです。

 金融危機が始まる前であれば、先に売り払っておくという対策も有効ですので私のおすすめしていましが、金融危機が起こってしまった今では、対処法は逆になります。 資産を手放さないのが対処法となります。


 悪徳グローバリストは経済学者のピケティなどを使って、世界の富の99%は1%の超富裕層によって保有されているなどという話を広めているようですが、この情報が正しいかどうかは疑わしいものです。

 実際に1%の超富裕層が99%の資産を独占していた場合、今回のドイツ銀行破綻、EU危機で暴落するのも、そのうち99%は1%の超富裕層の持ち物であるはずです。 つまり自分たちの資産が暴落してしまうはずなのです。

 自分たちの資産を暴落させるような損することを自分たちで行うことはないでしょう。

 つまり、全員が悪徳グローバリストとは限りませんが、超富裕層が世界の富の99%を保有しているというのは嘘であって、世界の人々をだますための誇大広告だったのではないかと疑われる訳です。

 今回のドイツ銀行破綻、EU危機で悪徳グローバリストが利益を得られるとすれば、彼らの資産や実力もそれほど大きなものではないはずです。

 悪徳グローバリストの罠へ対処するために、良識的な投資家や資産家のみなさんがとるべき行動は、株や土地などの資産を売らない、手放さないということとなるでしょう。

 実際には株式の評価が下がると、企業自体が倒産してしまう危険がある訳ですが、株式であれば、基本的には誰もが売り払わなければ価格は下がらない仕組みになっています。 何年か後には持ち直すことは明らかですから、ここが我慢のしどころです。

 私たちは2008年のリーマンショックの後に経済が持ち直したという事実を、実際に目撃した歴史の証人でもある訳ですから、数年くらい我慢できるはずです。

 「売ったら負けだ」と何度か声に出してみるなどして、我慢してほしいところです。 2016.10.13, 2016.10.16






もはや中央銀行に金融市場をコントロールする力はない


 日本の中央銀行の日銀などが顕著な例となりますが、マイナス金利のような異次元金融緩和策などとを行っても実体経済に大きな影響を与えることができなくなっています。

 黒田バズーカなどといって喧伝していますが、中央銀行が実体経済をコントロールできた時代は終わりに近づいていると言ってよいでしょう。

 これは世界的に起こっていることで、各国の中央銀行が金融市場をコントロールしようとしても、金融市場側はそのコントロールにあまり影響受けないように変化しつつあります。

 日銀の金融政策は元々、実体経済ではなく、金融経済に対する施策ですから、金融経済に対する施策が実体経済に影響をあまり与えないという事実が現れた証拠と言えるかもしれません。


 これは名前だけみると国家運営されているようなイメージのある各国の中央銀行が、実際は民間運営されているということを多くの人が知ったことが、その原因のひとつとなっていることでしょう。

 中央銀行は民間企業にすぎませんので、自分たちの勢力が有利になるように金融市場をコントロールしてきました。 これが多くの人に知られてしまったせいで、影響力を失いつつあるということです。

 世界の中央銀行やその他の銀行はロスチャイルドやロックフェラー、JPモルガンなど一部の勢力に支配的な影響力を受けています。 大きな勢力が全体へ影響を及ぼすというのは自然な流れです。

 その影響を与える大元が、いわゆるユダヤ金融資本などの悪徳グローバリスト、超富裕層、ネオコンの戦争屋のような勢力と密接に結びついていたことが、インターネットを通じて多くの人々に知れ渡った結果とも言えるでしょう。

 悪徳グローバリストが銀行家や政治家、その他の工作員、あるいはマスメディアや学問などを使って、私たち市民をだませた時代も終わりに近づいています。


 民間中央銀行が主導する偏った金融システムは、すでに破綻しつつあるので、これに代わる新たな金融システムの構築が、今、盛んに議論されています。

 新金融システムは仮想電子通貨か兌換通貨に戻す金本位制あたりが有力です。 仮想通貨のようないくらでも嘘を付くことができて、いくらでも人をだませる制度は悪用される可能性が非常に高いですから、ロシアや中国が進めている金本位制が支持を集めることでしょう。

 今まで、歴史的にみて過去500年くらい、悪徳グローバリストのような悪人に、世界はだまされてきました。 世界経済の運営にかかわる重要なシステムの構築は、理想を目指すような性善説的な考え方ではなく、犯罪者を出さないための性悪説的な考え方で行わなければなりません。

 そのため、当然、金本位制に戻すというのが、よりよい安全な選択肢となるでしょう。

 中央銀行の運営も、もちろん国有化し、国営としないといけません。 世界の歴史は今まで、銀行家やその家族が世界を支配しようとしてきたせいで、戦争など多くの悲劇やそれらにかかわる被害を受けてきました。 同じ過ちを繰り返してはなりません。 2016.10.14, 2016.10.16





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system