集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
イチロー選手の不振の原因

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 芸能・スポーツの検証 >

イチロー選手の不振の原因

Ichiro_s_dull_cause, 2016.10.17


 日本のプロ野球で輝かしい活躍を続け、アメリカのメジャーリーグへ移籍後も変わらず輝かしい活躍を続けていたイチロー選手ですが、ある時期から急に打率が下がり、成績不振に落ち込んでしまいました。 2016.10.17, 2016.10.18

 イチロー選手の成績をみると2011年から打率が3割を下回るようになっています。

 2011年以降もヤンキースへ移籍した最初の年は3割を越える活躍をしていますが、全試合出場している訳ではありませんので、2010年までの3割超えとは少し意味が違ってきます。

 打率不調が表面化したのは、2010年の8月で、その年の7月以降、打率が落ち込んでいます。

 これについてイチロー選手は現地のメディアに「理由をよく分からない。 7月は振り返りたくもない」と語っています。

 イチロー選手は1994年から17年間、日米で、打率は3割を超え、他にも盗塁や安打数記録、ときにはホームラン記録の上位に名を連ねるような、まさに大活躍を続けていました。

 この天才的な選手が、自分の不調の原因を予想することすらできないというのは、いったいどういうことでしょうか。


 スポーツ選手が、自分のプレイに理解できないことが起こった場合、その原因のすべてが遠隔テクノロジーだと考えるのは、短絡的な見方ではあります。

 しかし、ボクシングの内山選手もそうですが、イチロー選手も天才的な、特別優れた能力を持ち、ただの一流選手では成し遂げられない輝かしい成績を収めた特別な選手です。

 特別優れた成績を残すには、自分のことや相手のこと、またスポーツのことなどを他の選手よりも、より深く認識しているはずです。 たとえ言葉で説明するこはできなくても、体で理解しているような状態にあるはずです。

 その特に認識力の優れた人である選手が、自分でも理解できないことが起きたと認識しているのです。

 これは天才的な選手でも理解できない特別なことが起こっていたとしても不思議はないでしょう。 その特別なこととして疑われるのが遠隔テクノロジーによる、プレイの妨害です。


 遠隔テクノロジーでは直接体に触れることなく、筋肉を収縮させたり、五感へ干渉し異常な感覚・知覚を与えることができます。

 テレビやラジオなどの放送開始をオンエアーと言いますが、これは番組が始めるという意味ですが、もともとは電波が空中を飛んでいるという意味です。

 電気の波は空中を移動できるのです。 これが接骨院などにで使われる低周波治療器のように電気を人の体に伝えることで筋肉を収縮させることができます。

 五感・三欲などの知覚や衝動などについてですが、軍事兵器のEMP兵器の技術と同じもので、電磁パルスをアンテナ銃のようなものを使い空中に飛ばすことで人の知覚などへ変化を与えることができます。

 筋肉の収縮も同じようにアンテナ銃のようなものが利用されているとみられています。

 技術については世界的な特許がいくつか出願されていますので、特許情報などからも技術の存在が確認できます。

 軍事兵器のEMP兵器、電磁パルス兵器のMEDUSAなどもアンテナロッドから電波を飛ばす方式になっています。


 天才的なスポーツ選手が自分でも理解できないようなことが、彼らの体に起きていたとすれば、遠隔テクノロジーが悪用された可能性は十分考えられるでしょう。

 内山選手もそうですが、イチロー選手もあと少しで偉大な記録を更新できるという寸前のところで、不調に陥っています。 どちらも経験をつみ選手としては年長者となっていましたので、不調の原因を年齢のせいにして誤魔化すことも簡単だったはずです。

 この点も何者かによる選手の活躍への妨害が行われた要因となっている可能性があるのではないでしょうか。 2016.10.18





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system