集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
加害行為の誘導とコントロール 実行犯の加害行為をその命令内容や基準から制御

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 犯罪者コントロール >

加害行為の誘導とコントロール 【作成中】

実行犯の加害行為をその命令内容や基準から制御

Induction_and_control_of_damaging_activity, 2017/4/1, 評価:★★★

< 目次 >

はじめに - 加害行為のルールを利用した被害改善策

組織ごとにルールが違う
 やっていいことと悪いことは加害勢力によって異なる

想定される加害ルール

公安の加害ルール

自衛隊の加害ルール

創価学会の加害ルール

ユダヤ・フリーメーソン系の加害ルール

右翼・左翼・同和系系の加害ルール

役所・公務員の加害ルール

モビング・一般企業の加害ルール

隣人・町内会など一般人の加害ルール






はじめに - 加害行為のルールを利用した被害改善策


 ナポレオンが100万人の敵を殺したのだから、悪徳金貸しの老婆をひとり殺すことも悪いことではない、というのはドストエフスキーの罪と罰に出てくるテーゼです。 しかし、戦争を単なる人殺しと扱うことは軽率な判断です。 平和な状態で油断した相手を暗殺することと戦争で敵を殺すというのは、意味がまったく違っています。

 戦争による死者も、一見すると、単なる人殺しのように見える部分もありますが、戦争には一定のルールがあり、これが戦争を単なる人殺しではない国家間の外交行為などとして正当化しています。 第二次世界大戦などの近現代戦争では、一般人の虐殺や捕虜への拷問など禁じられていて、相手を殺してしまうとはいえ、最低限度の人権を守るルールがありました。 実際の最前線の軍人ひとりひとりの感覚としては、倒さなければ自分が殺される、という思いが強かったようです。 戦場では個人の自衛行為という思いが先行していますので、平和時の暗殺などのような自覚的な殺人とは目的や性格的が異なるものだったということです。

 それらの戦争のルールが本当に守られていたのかという点については異論があるでしょうが、それはさておきまして、ここでは集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害行為を、戦争のような上位者からの命令をルールに従って実行するという点から、実際の加害行為の内容を誘導したりコントロールする方法を検討していきます。

 創価学会のようなカルト宗教では、被害者が死ぬまで追い詰めろ、と本当に命令しているということが暴露されていますが、実際に殺人が多発しているようには思えません。 これは素行の悪いカルト宗教会員であっても、一定のルールがあること、それはある種の人権を守るという人間にとっての普遍的なルールにのっとったかたちになっていることが予想されます。 そのようなルールを解明していけば、加害行為を誘導し、最後には完全に抑止できる可能性もあるのではないでしょうか。 2017/4/1





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system