集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
情報周知・集ストCM … デモやネットなど集スト情報非規制メディアによる周知活動

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



目次 > 分析 分類:その他 >

情報周知・集ストCM

デモやネットなど集スト情報非規制メディアによる周知活動

Information_publicity_gang_stalking_commercial, 2016/2/23


目次

情報周知活動は有効な活動

デモ活動

マスコミの在日支配

のぼり、旗、看板など

チラシ配布、ポスティング

のぼり、旗、看板など

広告車宣伝 … 車に宣伝広告を載せる

広告人宣伝 … 人の持ち物などで宣伝

ネットCM:テキストベース

ネットCM:動画ベース

ネットサイト・SNSなど

周知活動の現状と将来の展望
< 参考 >

集団ストーカー 新たな情報拡散の方法を模索する!|ウォーカーのブログ




情報周知活動は有効な活動

 集団ストーカーやテクノロジー犯罪、またその被害に関する周知活動は活発化しています。

 現在、ネット検索サイトで「集団ストーカー」と検索されると「集団ストーカー問題を克服 - mkawa.jp」という広告が表示されますが、これはNPOテク犯ネットの運営委員のかたのサイトです。 他にも街頭のデモ活動なども周知活動としてたびたび行われています。 各被害者団体のデモを合計すれば、毎週1、2回程度のペースで日本のどこかでデモが行われているとみてよいでしょう。 また、このサイトも含めたネットサイト、ブログ、ツィッターなどのSNSを利用した周知活動も盛んに行われています。

 集スト問題解決の方法として、情報周知活動はかなり有効な活動といえるでしょう。 ここでは今後、拡大が見込まれる周知活動の方法について検討します。




デモ活動

 周知活動の王道です。 何万人も動員するデモが行えれば、その効果は絶大なもとなり、海外メディアでもとりあげらることとなるでしょう。

 日本では、集団ストーカーという言葉や概念は政府・マスコミによって規制されていますので、嫌がらせ犯罪や警察公安の強制尾行犯罪、テクノロジー犯罪、電磁波犯罪、遠隔テクノロジーなど用語を使ったほうがマスコミでも取り扱いやすくなることでしょう。 しかし、表現を変えても表す対象が集スト問題であることには変わりありませんので、マスコミはどのみち報道しない可能性もあります。 残念ですが、日本のマスコミによる情報発信は、あまり期待できないでしょう。




マスコミの在日支配

 マスコミの在日支配、在日占有率のようなものは、すでに8割程度まで進んでいるという説もあります。 テレビに出ているタレントの8割は在日関連の人間で、テレビ局の社員も8割が在日に占められており、テレビ局に関しては、局の人事の人間が、在日でないと出世できないから、入社しないほうがよい、などと就職面接などで勧めているほどの状況となっているそうです。 そのため、逆にテレビ局の在日三世などの新入社員は、在日というだけで歓迎され、マスコミの記事などでも歓迎の様子が伝えられています。

 そのような状態であっても、メディアとしてマスコミは、国民の主要な議論の場のひとつとして重要性が高いため、利用せざるを得ないでしょう。 集スト被害者はマスコミを非難するだけでなく、いずれは集スト問題が議論できる場となるよう努力を続けていかなければなりません。




チラシ配布、ポスティング

 デモ活動で行われるチラシの配布や、直接、個人宅などにチラシを投函するポスティングも情報周知に有効な活動です。 ポスティングは葉書や封筒を使えば、郵便配達を利用することもできるため、日本国内だけでなく、海外にも情報を伝えることができます。 ただし、遠隔地への情報伝達は、配達費用を考えると、あまりお勧めできません。 ネットを利用したほうが安価で、時間もかからないでしょう。




のぼり、旗、看板など

 地味な印象がありますが、長期間情報周知することができますので、設置場所などを工夫すれば、低予算の割りには、高い周知効果が期待できます。 駅や主要道路、または被害者の自宅などに設置するのも効果的でしょう。 自宅へのぼりを設置すれば、罪の意識の少ない無自覚な加害者の健全化を促す効果が期待できます。




広告車宣伝 … 車に宣伝広告を載せる

 自動車や電車などの側面に広告を表示する方法です。 電車はさすがにコストがかかりすぎますが、中刷り広告なども、集スト一色にできれば、その効果はかなり高くなることが予想されます。 現実的には、トラックの側面や背面を利用した広告が行われることとなるでしょうが、規模や期間にもよりますが、10万円程度から広告を出すことができますので、利用しやすいでしょう。

 日常的な利用に支障が出ない範囲で、可能ならば、自家用車のワゴンカーなどに塗装してしまう方法もあります。

 また、車に乳幼児や身体障害者が乗っていることを伝えるプラスチックなどの内装やシールなどがありますが、この方法であれば安価な周知活動が可能となるでしょう。




広告人宣伝 … 人の持ち物などで宣伝

 人を広告に利用する方法です。 電車内で集スト関連の本を持ち歩いたり、キーホルダーなどの飾りや小物を利用して、集スト解決に向けたメッセージを伝えます。 こちらも被害者が利用すれば、無自覚な加害者の健全化に効果が期待できるでしょう。




ネットCM:テキストベース

 ネット検索サイトやその他のサイトに表示される静的な広告は、現在、すでに利用されていますが、ネット社会にとって有効な情報周知方法ですので、今後も拡大が見込まれます。




ネットCM:動画ベース

 動画サイト用の広告も今後の拡大が見込まれます。 テキストベースの広告にくらべて動画の与える印象はより強く、現実感がありますので、文字がスクロールするだけの簡単な動画であっても、高い効果が期待できるでしょう。




ネットサイト・SNSなど

 このサイトも含めネット上の集スト関連情報はかなり充実しつつあります。 被害については、すでに多くの被害報告があり、ほぼ網羅された状態にあるのではないでしょうか。 今後は、それらに対する対策法の検討など、問題解決のための次の段階へ進むことが期待されます。




周知活動の現状と将来の展望

 政府や警察への陳情や要望伝達などの集スト情報の周知活動は、すでに長年に渡り行われてきており、全体に対してほぼ完了したと考えてもよい段階に近づいているといってもよいでしょう。

 政府や警察の主要な人物は、すでに問題を把握していると考えて問題ありません。 警察の対応などをみても、事態を理解していないというよりも、理解したうえで、黙殺しているといってよい対応をとっています。 警察関連組織の新人、または下層の勤務員や事務員などは、集スト問題を理解していないこともありますが、彼らに指示を出して働かせている人間は理解していますので、全体としては集スト問題を理解したうえで黙殺していると言えます。

 新人警官などに被害を相談しても、上層部が捜査を禁止するような捜査拒否被害も報告されています。 実質的な捜査拒否は警察関連の法令上問題があるはずですが、現状ではまかり通ってしまっています。


 政府・警察への情報周知はほぼ完了しているとみられますので、次は、世論やマスコミを動かすような周知活動が行われることが期待されます。

 現状では、政府や警察は、被害者を黙殺するという態度を一環して貫いており、これを政府や警察との交渉によって直接変えさせようとする活動には限界がきていると言ってよいでしょう。 これは政府も警察も集スト被害を黙殺する態度をまったく崩さないことからもあきらかです。

 しかし、被害者を無視し、ときには被害者を攻撃してくる政府や警察であっても、国民の声である世論や、それを代弁するマスコミを無視することはできません。 集スト解決に向けた、次の段階としては、マスコミでの集スト議論を可能とすることを目指すべきでしょう。

 アメリカやヨーロッパなどの海外では、すでに集スト被害はニュースやドキュメント番組で取り扱われています。 日本でも同じように扱えるようにすることは十分可能でしょう。 マスコミで集スト問題が議論できるようになれば、被害の周知や加害者の減少などが急速に進み、集スト被害は大きく改善されることでしょう。

 少し話がかわりますが、戦争が終わらない原因は、儲かること、利益が出ることにあると言われています。 同じように集ストが終わらない原因も利益が出ること、様々な利権がからみあっていることが要因となっています。 軍事・政治・科学技術・防犯・宗教・医療・マスコミ・企業などの利権に隠れた不正を正し、健全化していく過程で、集スト問題も解決に近づいていくことでしょう。 (2016/02/23)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system