集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
社会規模での不正や犯罪の犯人予想 日本は警察・検察を悪用する官僚に支配されている見込み

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 犯人予想 >

社会規模での不正や犯罪の犯人予想

日本は警察・検察を悪用する官僚に支配されている見込み

Injustice_by_the_social_scale_and_criminal_criminal_expectation, 2016/5/1, 2017/1/25

 世界規模でみると社会不正の犯人は、おおむね、超富裕層、グローバル投資家と呼ばれる一部の金持ち集団が集まった緩やかな同盟体で、その同盟体はさらにいくつかの勢力に分かれているようです。 それらの同盟体が行う談合や悪巧みが、いろいろな社会不正の原因となっているとみてよいでしょう。

 王侯貴族や商人などのうち、一度、利権を握った人たちが、利権の維持とさらなる拡大を目指して、あれこれと相場を誘導したり、ルールを変えたりしているということです。

 彼らのことを金融マフィアといいます。 世界的な影響力をもつグループを国際金融マフィア、各国の政府や財界人は現地担当者としてとして支店勤務員のように活動しているのが各国系の金融マフィアというべき彼らの仲間、各国の金融マフィア関連組織ということになります。

 日本の集団ストーカー犯罪を公安や自衛隊が主導的に行っていたとしても、彼らが主犯であり悪の枢軸であるかというと、そうとも限りません。 彼らもまたより上位の金融マフィアに利用される哀れな奴隷に過ぎないであろうとみられています。

 日本で政治や社会レベルの巨大な不正を行っている張本人や闇の帝王のような存在が誰なのかといったことは、よくわかっていません。 ひとりなのか、少数の円卓会議のようなグループなのか、裏天皇のようなものが本当に存在するかといったことは謎に包まれています。

 このあたりの犯人探しは、犯人と呼ぶべき首謀者が本当にいたとしても、私たち一般人が彼らの行動へ直接的に影響を与えることはできないでしょうから、それほど重要な問題ではないでしょう。 天皇や日本会議のトップ、CIAやMi6、イギリス王室やフリーメーソン・イルミナティ、キャボット、シェルバーン、さらに上位の裏社会の頂上会議のようなものは、私たちが真実を知ったとしても、おそらく手の出しようがないでしょう。

 彼らに対処する場合は、個人での活動というよりは集団での組織的な活動が必要となるでしょう。 おそらく、国民を総動員した大規模な不買運動や、関連政治家への投票禁止を呼びかける政治運動といったかたちになるでしょう。

 裏社会のトップについての調査は程よいところにおさめておくのがよいでしょうが、それでも表社会に出ていて、実際に不正を行っている主犯格の組織や、実行犯となっている組織については知っておくべきでしょう。 表に出ている組織は私たち一般人でも対処することができる可能性がかなりあります。

 日本の国家・社会規模での不正行為や犯罪行為を行っているような、主犯格の組織となっているのは官僚の上層部で、官僚が警察や検察を支配し、官僚が彼らを使っておどすことで、総理大臣を含む上位の政財界人やマスコミ・その他の有名人たちを支配し、巨大な不正や犯罪、立法・行政・司法やその他の社会システム、さらに常識などをコントロールしているとみられています。

 フリーメーソンは表社会でも活動していますので、裏社会の組織とは言い切れません。しかし、明治天皇の孫で国際政治評論家でもある中丸薫さんが、官僚の係長クラス以上の管理職は、ほぼ全員がフリーメーソンとなっているといっているように、彼らが日本を支配する実行犯である可能性は高いでしょう。

 集団ストーカー被害でも、公安や探偵、創価学会などが主導するものよりも、原発反対者などの政治的な不正隠蔽や役所関連の不正隠蔽が目的となっているもののほうが被害がひどくなる傾向があります。 この集団ストーカー被害における事実も、官僚、つまり役人が日本における不正や犯罪行為の主体となっているということを裏付ける状況証拠のひとつといってもよいかもしれません。


 社会の公正さを歴史的な視点から見ると、誰が利権を手に入れても、時間がたつにつれて、おおむね似たような腐敗した社会状況に状態におちいることがわかっています。 利権を手に入れた人間は、組織を腐敗させて没落するか、あるいは利権の維持拡大を目指してルールを変更し、情報を操作して人々の思想を誘導し、さらなる利権の拡大を目指すようになります。

 近頃のヘイトスピーチ批判の高まりからして、特定の人種や宗教・文化に属する人々が社会不正を働いているであろうことは、かなりの高い確率で事実と考えてよいでしょう。 そしてそれが本当に起きているであろうことは、すでに疑う余地のない状態になっています。 仮に超富裕層と呼びますが、彼らの少数民族などを利用して行ってきた独善的な利権抗争の結果が社会全体の不正を増やしているとみてよいでしょう。

 すでに触れていますが、利権に対処する方法、あるいは社会不正という利権被害の改善方法には、利権の縮小策が向いているでしょう。 利権の元となる利益の縮小には製品やサービスに対する不買運動が有効で、権利の元となる選挙には投票が有効となります。

 選挙制度が人間社会に導入されたと同時に、投票時の不正や結果の改ざんなどの不正選挙が行われるようになったとみられていますが、現在でもかなり行われているようですのでこれには対処が必要です。 まだ、あまり大きな成果はあげていないようですが、日本では一部の役人などが不正を行えないように、選挙会場の出口調査を、選挙民が自ら行うことで、不正選挙を防ぐ、というのが有力な対処法となりそうです。

 近頃のマスコミの情報はかなり信用できないものが混ざっているという認識が、ネットを中心にかなり広まってきています。 テレビや新聞の情報を信じている人にとっては、たいへん残念な事実ということになりますが、テレビや新聞の情報は開始当初から、権力者や超富裕層によって、彼らが有利になるように、かなり歪められています。

 選挙管理委員会などの役所が不正を行う場合、マスコミの情報もさらに信用できない状態になりますので、改善するためには一般人が努力するしかないでしょう。 民間人の出口調査が決定的な証拠とはならないとしても、不正の抑制効果は期待できますので有効な方法と言えます。

 さらに、選管の不正やその不正を隠す警備警察のひとりひとりに、日本という国に迫っている危険がどれほど大きなものなのか理解させていくことで、不正選挙の実行犯となる彼らを健全化し、国民が団結して不正選挙を防ぐというのが、理想的な対処法のひとつとなるでしょう。 2016/5/1, 2017/1/25


< 参考 >

このブログを読む人のための道案内 (脱原発・安保廃案・権力構造) - 私は隠れ癌患者
 警察・検察を支配する官僚の危険性を指摘

【岩上安身のツイ録】官邸前抗議行動に加わった現役キャリア官僚の危機感「日本は戦争へ向かう。自分は日本から逃げる」
 現役キャリア官僚も上層部の暴走を危惧

支配層・秘密エリートネットワークの日本支部、日本系金融マフィアとは?

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system