集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

統合失調症 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集団ストーカー物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

統合失調症

集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

Integration_incontinentia, 2015.10.7, 2018.1.30, 動画版, 音声DL・再生 2016/11/18

< 目次 >

精神病工作で強制入院させられる被害

集団ストーカー被害者は精神病者ではない

精神科、心療内科へ受診する場合

精神病工作はよくある被害

事後対処、精神病者扱いされてしまった場合


< 参考 >

精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

非常識工作
 非常識性を根拠にした隠蔽工作の論

「統合失調症ビジネス」の誕生─妄想の統一化とその根源─ 2018.1.30

精神医療や医療関連問題
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪

集団ストーカー被害者の生活保護費で政府予算を圧迫し精神医療を健全化
 集団ストーカー統合失調症被害者も生活保護を受けられる可能性が高い




精神病工作で強制入院させられる被害

 被害者が監視・尾行・待ち伏せなどの集団ストーカー被害を家族など身近な人に訴えようと考えたり、実際に話したり、被害を訴え始めたりすると、加害者側は、被害者を精神病者扱いするよう誘導しようとします。

 加害者は被害者から、その被害の訴えの正当性を奪うため、周囲の人間に医療機関への診断、主に精神科医へ相談するよう話を持ちかけます。

 精神科医などの診察で、被害者が素直に、監視されていて物音や声で嫌がらせを受けている、などと主張すると、精神科医は、統合失調症であると診断します。 幻覚・幻聴は統合失調症の決定的な根拠とすることができるのです。

 しかし、この診断結果は犯罪者側に仕組まれたもので、医師にはあらかじめ統合失調症の疑いのある人物が診察にくるなどと連絡されています。

 集団ストーカー被害では存在しない音や声が聞こえているのではありません。 しかし、この事実を正しく主張すると、統合失調症と診断され、場合によっては長期間の入院をしいられることになります。




集団ストーカー被害者は精神病者ではない

 集団ストーカー被害は、統合失調症のような精神病ではありませんから、入院しても病気が治ること、つまり、被害がなくなるようなことはありません。 被害者が入院した部屋の近くへ、医師や看護師が頻繁に盗み聞きをしに来るようなことも、多くの被害者から報告されています。

 被害者が入院しても被害が改善する見込みはなく、むしろ、精神病者のレッテルをはられ、被害の訴えなどがさらに理解されにくい状態に追い込まれてしまいます。 そのため、精神科医への受診、統合失調症の診断はすすめられたとしても、断ったほうがよいでしょう。

 精神科、心療内科へ行ったというだけでも、写真や動画が撮影されていた場合、精神病者の疑いをかけられ、周囲に悪評を広められるなど、被害が悪化する可能性もあります。




精神科、心療内科へ受診する場合

 どうしても断れない場合、医療機関で、自分が統合失調症などの精神病ではないことを証明する必要があるような場合は、あえて診断を受けるという方法もあります。 しかし、その際は、集団ストーカー被害の説明や、存在するはずないと医師や看護士などから判断されやすい、音や声が聞こえるなどという主張はせずに、常識的な範囲で質問などに応じるようにしなければなりません。

 医師に対してどんな説明の仕方をしても、結果的に幻覚や幻聴だと判断されては、精神病者扱いされてしまうことは避けられません。

 集団ストーカー被害は本当に存在しますが、世間にはまだ認知されていませんので、一般的には、理解を得るのが難しくなっています。 そのため、あえてその話題にはふれずにやりすごしたほうが無難でしょう。

 残念ですが、医師に被害を訴えても理解を得ることすら難しいでしょう。 また、医師に相談しても被害が改善する見込みはほとんどありません。 統合失調症でないということさえ証明できれば、それ以上のことをする必要はないでしょう。




精神病工作はよくある被害

 統合失調症という病気は、そもそも発生すること自体がまれで、珍しい病気のひとつです。

 今の医療・精神医学界では、統合失調症が100人に1人、1%の確率で頻繁に起こる病気だと盛んに宣伝されていますが、実に疑わしい数字です。 人間の体が、本当に全人口の1%が統合失調症になるようにできているとすれば、人間の歴史が初まって以来、大量の統合失調症患者が存在しいるはずです。

 また、100人以上の集団には1人以上の統合失調症者が含まれる計算になりますので、日本の国会議員は衆参合わせて700人以上いますから、7人は統合失調症者ということになります。

 この数字は日本の政治の腐敗具合をみれはあながち嘘とも言い切れません、というのは単なる冗談です。 本当に人口の100人に1人が統合失調症だとすれば、日本はもちろんのこと人類社会全体が成り立たないくらい大きな問題となっているはずです。

 幻覚・幻聴の症状では、実際には存在しない物が見えたり、存在しない音が聞こえたりします。 見たものや聞いたことが、実際とは違うということですから、目や耳から入ってくる情報が間違っている可能性があるということです。 こんな状態ではまともな日常生活を送ることも難しくなってくるでしょう。

 人口の1%という大量の人たちに幻覚・幻聴という症状が出ているとすれば、電車や飛行機などの交通機関や、自動車を運転する人などは事故を起こさずにはいられないはずです。 仮に自分がいくら正しく乗り物を運転しても、100人に1人は間違った運転をしている可能性があるのです。

 本当に1%も統合失調症者がいるとすれば、人類社会は幻覚・幻聴による誤解や誤認にあふれかえっているはずです。

 人口の1%が統合失調症などという話は、実に怪しい話であって、どう考えても嘘としか言いようがありません。

 そもそも統合失調症を含めた精神病という考え方自体が、奴隷管理のために作られた考え方だとみられています。

< 参考 >
精神病は奴隷への体罰の口実だった - 精神病工作
 人々を奴隷管理するための詭弁


 またこの病気では、何のきっかけもなく物音が聞こえ続けるような症状が出たりするはずですから、集団ストーカー被害のように、犯罪者にとって都合のよいタイミングで、嫌がらせとなるような物音が聞こえるようなものではありません。

 統合失調症を悪用した例は企業のセクハラ隠蔽事件などでも存在します。 セクハラを訴える女性を企業医に統合失調症と嘘の診断をさせて、会社から追い出した事件が実際に起こっています。 同じように集団ストーカー犯罪でも統合失調症は悪用されることが多いので、疑いがかかった際は注意が必要となります。

 医療機関が入院患者を増やすという利益目的で、集団ストーカー犯罪者と共謀している可能性もあります。 創価学会が宗教法人として公益事業を行っていますが、この公益事業には医療も含まれています。 カルト団体が共謀している可能性は高いとみられています。

(詳しくはコチラ:集団ストーカー企業リスト@wiki




事後対処、精神病者扱いされてしまった場合

 不運にも統合失調症として入院してしまったかたへのアドバイスです。

 すでに入院中のかたで、自分が統合失調症などではないと理解できているかたは、医師などに、集団ストーカー被害、監視や音・つきまといなどによる嫌がらせなどに対して、誤解だった、存在しなかった、自分が悪かった、などと主張すると、すぐに退院できるという情報が多々報告されています。

 なるべく早く退院したい場合は、試してみるとよいでしょう。

 通常は、病院内でも使用場所などの制限はあっても、スマートフォンや携帯電話を使うことができますので、ネット上の集団ストーカー犯罪の情報、特に医療利権の精神病工作について、客観的な情報を示すことで、理解を求めるのがよいでしょう。

 精神病工作について、家族や周囲の人、医療関係者からの理解が得られないままで放置しておくと、加害勢力の都合で、再び強制入院させられてしまう危険もあります。

 集団ストーカー被害には様々な対処法が存在しますので、それらを試すほうが建設的な対処法となるでしょう。

< 参考 >
精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system