集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
精神医学の嘘 … 精神医学は客観的な判断をしていない

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 > 精神病工作 >

精神医学の嘘

[Lie_of_psychiatry] (2016/04/14)

精神医学は客観的な判断をしていない


2016年 4月11日 抗精神病薬BPSD、投与方法で死亡率が2倍になると判明

 上の調査で投与方法によっては死亡率を2倍に高める危険性があきらかになりましたが、精神医療自体の客観性の低さ、医療に必要な科学的客観性が不十分であるという問題は、すでにAGASAサイトでも指摘されています。

 海外ではかなり以前から指摘されていることですが、批判を受けるべき精神医療業界はデス・バイ・サイレンスという、マスコミやその他の権威のある雑誌・メディアなどで無視し続けるという方法で、批判を無効化しようとしているということです。 IT時代を迎えた現在では、市民の情報発信を封じることはできませんので、いずれこの事実は公のものとなることでしょう。

 精神病者の幻覚・幻聴などは、思考盗聴などBMI技術は公には隠蔽されていますので、本人に本当に幻覚・幻聴が起きているのか、公には判断できないことになっています。 そのため、症状が本人にしか分からないということになり、精神病の判断は客観的に行うことが、原理的にはできない状態にあります。 この不透明な医療判断が、精神病工作で精神病者と誤診断する医療利権に悪用されているとみられています。

 幻覚や幻聴は白昼夢や、夜にみる夢のような知覚であって、完全な覚醒状態での幻覚・幻聴は、本当には存在してないという可能性も、当然、残されています。 (2016/04/14)




参考

精神病工作 精神病が存在しない可能性
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system