集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

マスコミは積極的に人をだます

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > マスコミの思考操作 >

マスコミは積極的に人をだます

Mass_media_is_actively_deceive_the_people, 2016.5.24

活版印刷発明以来の情報操作による詐欺師のような思考・行動誘導

 現在のマスコミだけが悪い訳ではありませんが、マスコミは成立以来、ずっと人々の思考・行動の操作や誘導に悪用されてきました。 これは厳然と存在する歴史的な事実です。

 だからといって、マスコミの思考操作を放置しておけば、事態が悪化するばかりですから、健全化すべき事柄です。

 特にIT時代に突入した現在では、マスコミを悪用する人々の情報伝達も円滑となり、より効率的な情報操作が行われるようになっていますので、マスコミの情報操作からの被害を受ける私たち、一般庶民が受ける被害も悪化を続けています。

 日本のマスコミは、在日勢力が運営し、それを政府が監督し、さらにCIAやアメリカなど海外の超富裕層が政府や在日勢力を上から支配するような構造となっています。

 在日利権ネット・日本政府・超富裕層の利権が入り乱れる日本のマスコミですが、矛盾や問題点をひとつひとつ批判し、それぞれの嘘がすでに露見しているということを知らしめることで、彼らの思考操作をひとつひとつ健全化していくことができるでしょう。

 アメリカの属国である日本内部の覇権を争う在日朝鮮人と日本人ですが、テレビ・新聞などマスコミ情報への信頼性が特に高い民族であるという調査結果が出ています。 日本も在日の本国の南部である韓国も世界有数の高いマスコミ信頼率を誇ります。

 日本人も在日挑戦人も、どちらもマスコミの情報を鵜呑みにしてしまう人々で、だまされやすい人々が互いに争っているということになります。

 「マスコミは積極的に人をだます」という、世界的な常識を日韓に広めることは、日本の国益や在日利権ネット被害の改善、韓国国家の健全化などに寄与する鍵となることでしょう。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system