集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
心がまえ「きよく、ただしく、あきらめず」

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 初心者講習 >

心がまえ「きよく、ただしく、あきらめず」

集団ストーカー犯罪にどのように向き合っていくべきか

Mental_attitude_Purely_it_isn_t_given_up_right, 2015/11/28, 2016/11/18

< 目次 >

理不尽でも暴力的な反撃はしないこと

加害者への対処は話し合いで

犯罪者を失明させると1500万円も請求される?

「きよく、ただしく、あきらめず」の精神で

問題が解決できるようになる変化を待つ


< 参考 >

被害者の心得:反社会的な行動はさけ、暴発しないこと

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール




< 理不尽でも暴力的な反撃はしないこと >


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者となってしまうと、この世のありとあらゆる理不尽な嫌がらせの対象とされ、その間は、おどし、挑発などを受け続けることになります。

 だからといって、挑発に乗り、暴力的な言葉で言い返したり、暴力的な行為でやり返したりすると大変なことになります。 暴力に対して暴力で対抗すること、犯罪行為で犯罪行為に対処するようなことは、大きな矛盾をかかえた間違った行為ですから、してはいけません。

 「やられたら、やり返す」と思い、やり返しては犯罪者の思うつぼです。 犯罪者は被害者が挑発に乗るのを待っています。 被害者が反撃したときの発言や行為を記録したり、その情報を広めることで、被害者をさらに非難し、被害者の立場を悪くしながら、自らの集団ストーカー犯罪を正当化します。

 加害者が行う嫌がらせ行為は合法的なもとして扱われるのに対して、被害者が同じことをすると反社会的行為であるとか、ひどい場合は犯罪行為として扱われてしまう危険すらあります。

 集団ストーカー被害では、被害者は何もしなくても悪い噂を流されるような、風評被害を受け続けているのが普通です。 やり返すことは、それを後押しする結果となり、被害者の立場はさらに悪いものになってしまいます。

 それにともない監視被害もさらに悪化し、より強い言葉や騒音、より悪質なテクノロジー犯罪による攻撃などを受けてしまう危険があります。

 被害者は、さらに無慈悲な攻撃にさらされ、さらに理不尽かつ不平等な生活をしいられることになります。




< 加害者への対処は話し合いで >


 このような状況でやり返す場合は、加害者が行うような卑怯な方法ではなく、社会的に認められた正当な方法で行わなければなりません。

 集団ストーカー被害では、顔の分かる相手からの暴力や、誰がやったのか完全に特定できるような状況で暴力を受けるようなことはほとんどありません。 そのため、殴られたから、殴り返したというような状況にはなりにくくなっています。

 集団ストーカー犯罪での加害者への対処は、基本的には、嫌がらせをしてきた相手に対して、言葉で理解を求めることになります。 もしも、加害者と話し合いや説得の場を持てるようになれば、その加害者からの被害を改善できる可能性はかなり高まります。




< 犯罪者を失明させると1500万円も請求される? >


 例外として、刃物や鈍器などを手にして、本当に暴力的な行為を行おうとするような犯罪者が現れた場合は、当然、正当防衛として、身を守るため刃物や金属バットなどで武装して対応し、やり返すことも、やむをえないこととなるでしょう。

 緊急時に相手を攻撃する場合、軍隊の暗殺技術などでは、相手の急所、例えば目や股間を攻撃するのがよいそうですが、私たち一般人が簡単に真似のできることではないでしょう。

 また、犯罪者であっても目を突いて、失明させてしまい、それが正当防衛だと証明できなかった場合は、過失傷害となます。 これが裁判ともなれば、状況にもよりますが一般的には1500万円くらいの高額の補償金を請求されてしまうようなことにもなりかねません。

 実際の対処としては、本当にそういった暴力的な相手が現れた場合、一番安全な対処法は、できる限り逃げることだそうです。 たしかに逃げてから周囲の人や警察に助けを求めるがのが一番安全な対処法となりそうです。

 暴力的な犯罪者への対処は、一般的な犯罪への対処として扱われていますので、不安な場合はそちらを確認するのがよいでしょう。 ここでは集団ストーカー犯罪について扱います。




< 「きよく、ただしく、あきらめず」の精神で >


 私たちひとりひとりの集団ストーカー問題への対処としては、集団ストーカー犯罪が社会問題として、いずれ改善されるその日のために、改善に役立つよう、ひとりひとりの被害者が「きよく、ただしく、あきらめず」の精神で、集団ストーカー犯罪に前向きに対処していくのがよいでしょう。

 被害者は常に理不尽な嫌がらせを受け続けるという過酷な人生を強制されることになりますが、それでも、この世の中で暮らす人間として、世間から非難されないような態度をとり続けることを、常に心がけなければなりません。

 犯罪者が圧力をかけ挑発を続ける目的は、被害者の暴発、被害者を事故や自殺・精神病へと追い込むことにあります。 耐えるべきときは耐えてください。

 なかなか成果の上がらない活動を続けることは、誰にとってもストレスであり、バカバカしいものと思えることでしょう。 しかし、集団ストーカー被害に関しては、あきらめて投げ出してしまうことは、被害の悪化をまねく危険な対処法となってしまいます。

 犯罪者からすると、被害者が抵抗することをあきらめさせることは、自分たちの集団ストーカー攻撃が成功している証拠となります。 犯罪者は事故・自殺・精神病などの、次なる目的を実現するため、さらに攻撃を強めるようになります。

 被害者があきらめるということは、被害改善には逆効果となってしまうのです。




< 問題が解決できるようになる変化を待つ >


 私たち集団ストーカー被害者が戦わなければならない日はいずれ訪れます。 その日がくるまでは、犯罪の周知活動などを行い、天のときともいうべき、時勢が整う時期を待つしかないでしょう。 その時期を早めるための努力が被害改善活動なのだと言ってもよいでしょう。

 日本の世論や世界の時勢などが、集団ストーカー犯罪の危険性や凶悪さを正しく認識できるようになれば、必ず被害を改善できる日がやってきます。

 世の中は多くの人たちが集まってできていますので、多くの人が悪いと思うような不正・犯罪は、誰がも正そうと考えるものです。 その結果として、人類の歴史全体でも卑劣な犯罪を許さない方向へ進んできています。

 いまだに人類が解決できていない問題もたくさんありますが、解決しようという動きは続いていて、少しずつ解決に向かっています。

 集団ストーカー問題も、解決できる日が一日でも早く来るように、努力を続けることが、私たち被害者にとっての課題なのです。


< 参考 >
どんな変化が起これば、問題が解決されるのか





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system