集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
マイクロチップ、RFID 認証カードの代わりではなく個人を監視・攻撃する支配ツール

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 科学技術 >

マイクロチップ、RFID

認証カードの代わりではなく個人を監視・攻撃する支配ツール

Microchip-RFID, 2017/7/29, 評価:★★★

 以前からペットにマイクロチップを埋め込んで迷子にならないようにするということが行われていましたが、今ではすでに人間の手や腕などにマイクロチップを埋め込み認証カードのように使うということが進められています。

 いまのところ表社会では、マイクロチップはRFIDなどに使われる遠隔認証として利用されています。 鉛筆の芯やタイ米くらいの大きさの細長い形をしていて、体内に埋め込むことで認証カードや鍵のように紛失する危険がない便利なものだということになっています。

 しかし、実際にはGPS機能やテクノロジー犯罪で被害が出ているような個人の生体情報の読み取りから、個人の生体活動への干渉ができるとみられています。 生体情報の読み取りでは、個人の思考盗聴やその他の身体状態の読み取り、生体活動への干渉では五感三欲への刺激や、痛み不快感の送信、その他のありとあらゆるの生体状態の変更が可能だとみられています。

 そのような高性能なマイクロチップを体内に埋め込む理由は、支配層戦略の民衆全体や全人類の支配するためだとみられています。

 マイクロチップは今後、企業が出入り口の認証カードの代わりに労働者に埋め込んだり、一般店舗での入店や会計での認証などとして広められていくとみられています。

 物理的なチップですから、埋め込んだとに手術で取り出すことはできますが、体内の細胞と癒着してしまうため、大きめの注射器で簡単に埋め込めるのは対照的に、取り出しにくくなっています。

 将来的には、ある程度の人たちへのチップの埋め込みが完了した段階で、徐々にGPSや生体情報の読み取り、生体干渉などが秘密裏に行われていくはずです。 多くの人にとっては、チップを埋め込んでも、数年から10年程度は自覚できるような被害は何もないかもしれませんが、支配層の都合である日から突然、監視や痛みの送信などの被害が始まり、それは決して終わることのない被害の始まりとなってしまう可能性があります。

 その被害こそがこのサイトで扱っている集団ストーカー・テクノロジー犯罪と呼ばれる被害であり、今世界中で問題となっている社会問題です。 2017/7/29


< 参考 >

電子ハラスメント その1 インプラント|ウォーカーのブログ

手にマイクロチップ埋め込み、米メーカーが従業員にオファー|ウォーカーのブログ




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system