集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
モビング・企業ストーカー事例 … 会社で起きた集団ストーカー犯罪

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般的分析 モビング・企業ストーカー > モビング・企業ストーカー >

モビング・企業ストーカー事例【作成中】

[Mobbing_and_Enterprise_stoker_case]
(2016/02/09)

会社で起きた集団ストーカー犯罪




 過去に集団ストーカー被害が報告されている企業についてです。 現在は改善されている可能性もありますが、企業体質というのは、そう簡単には変わりませんので、注意が必要でしょう。 集スト被害が報告されている企業は、全体としてもおおむね健全でない部分が見受けられます。 ここで扱われてしまった企業のみなさんには、今後の事件・事故の再発防止や、集スト改善努力が求められます。




リクルート

 テレビCMや企業宣伝番組などでは明るく公正で進歩的なイメージを装っていますが、集スト被害は報告されており、一部ではどちらかというと積極的なモビング、集団ストーカーが行われている印象があります。 社員を表彰するなど、労働者に理解のある企業イメージをアピールしていますが、社員の心をつかむ方法が悪性され、逆に嫌がらせに向かったときの危険性は、他社よりも高くなってしまうことでしょう。

 リクルートというと、リクルート事件が有名ですが、この事件をきっかけに、社内の透明化がはかられたらしく、社員はもちろん、契約社員などの荷物まで、本人が不在のときに勝手に中身をあらためたりするなど、いきすぎた被害が報告されています。 荷物の中身を見るだけなら、被害が報告されることもないでしょうが、その情報をもとにほのめかしなどの嫌がらせまで行ってしまったため、被害が報告されるようになりました。

 労働者の荷物の中身を確認したいのであれば、本人に確認を取るべきですが、そもそも人の持ち物を検査するような権限は、会社にはないことでしょう。 社員であっても会社にプライバシーの全権を委任している訳ではありません。 労働者の持ち物をすべて確認してよいというルールになってしまっては、最後には、洋服まで全部脱がせて確認してもよいような、人権侵害行為が容認されるようになってしまいます。 人として、会社として、やってよいことと悪いことは、正しく区別できるよう努力しましょう。 (2016/02/09)


目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system