集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
モビング・企業ストーカー対策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般的分析 モビング・企業ストーカー > モビング・企業ストーカー >

モビング・企業ストーカー対策

Mobbing_and_Enterprise_stoker_measure, 2016/02/09

和平交渉が有効

 モビングは、初めのうちは社内など組織の敷地内だけで行われますが、悪化すると拡大され、社外や被害者の通勤路や自宅周辺から、休日の外出先など、日常生活のすべての場所で監視と嫌がらせが行われるようになります。 社外などへ拡大すると同時に、一般的な集団ストーカー犯罪へと変貌していきます。

 モビングが社内などの企業内部で目的を達成できない場合や、以前から集スト加害組織とかかわりあいのある企業であった場合は、加害組織へ集ストが依頼されます。 探偵、興信所、創価学会、警察、公安、暴力団などがその請負組織となります。

 集ストはブラックビジネスとして成立していますので、お金さえ払えば代行するという組織が存在しています。

 一般的な集ストへと悪化した場合、監視や睡眠妨害が行われるようになり、日常生活のあらゆる情報が企業へもたらされ、企業内で行われるモビングでも監視情報を悪用したほのめかしなどの嫌がらせが行われるようになります。

 一般的な集スト同様、簡単には解決できませんが、モビングの場合、加害者の顔や名前がある程度まで特定できますので、直接的に交渉することが比較的容易です。 ほのめかしをしてきた相手に、ほのめかしで犯行を指摘したり、相手側の目的や要求を確認することがやりやすいのが特徴といえます。

 問題解決に向けての対策は、テロなどの危険行為と同様に、事態の健全化を目指した和平交渉が有効となります。 適当な相手と話し合いましょう。 なるべく多くの人と何度も相談を重ねていくことが効果的です。

 ほのめかしに、ほのめかしで応えるくらいであれば、それほど問題はないでしょうが、やり返す場合、あくまで嫌がらせを嫌がらせで仕返しするかたちとなりますので、やり返した被害者が悪者扱いされる危険が高くなります。 やり返すのではなくて、平和的に事態を改善するよう心がけましょう。

 一般的な集スト対策などはこちら

 和平交渉というとおおげさですが、相談は、常識的な範囲で、平和的、理性的に対話を行うのがよいでしょう。 リストラ目的のモビングで退社されることを余儀なくされる場合であっても、退職時の条件などを前向きに交渉できる可能性があります。

 対話には譲歩も必要でしょうから、不本意かもしれませんが、場合によっては、被害者側から、「秘密にしますので、ここだけの話、本当はリストラ目的ですか?」などと確認してしまってもよいでしょう。 モビングが行われた時点で、被害者の組織における立場は、すでにかなり悪いものとなっていることが予想されますので、その組織での活躍は、どのみち難しいでしょう。

 一般的には、組織内で活躍できる可能性がある場合は、誰かが救いの手をさしのべるものです。 それが行われないような組織には見切りをつけてしまってもよいでしょう。 モビングや集ストを行うような組織は、そもそもあまりよい組織とはいえません。 企業ストーカーリストなどに名を連ねる会社は、集スト以外にも労働問題や粉飾などで世間を騒がせている企業が多く見受けられます。

 別の組織へ移る場合、もとの組織から紹介された組織などを選んでしまうと、また同じようなモビング、集ストが繰り返される可能性がありますので、慎重な選択が必要となります。

 集ストの加害組織、請負組織は、監視で手に入れた情報をまた別の組織へ提供し、集ストを継続しようとしますので、別の組織へ移る際は、あらかじめ集ストの存在や被害を説明しておくとよいでしょう。

 加害組織はいろいろありますが、どれも防犯系ネットワークや在日勢力のネットワークなどでつながっています。 またどれも在日朝鮮人の就業比率が高い組織となっています。 (暴力団への加入は就業とは言いませんが便宜上含めています)

 創価学会や警察、探偵なども日本国内はもとより海外へもネットワークを持っていますので、一度、集スト被害を受けてしまうと、その事実を隠すことは、ほぼ不可能に近いと考えるべきでしょう。 しかしながら、一般的な企業は、どの組織も犯罪組織などでない限りは、集ストのような犯罪行為を肯定し、堂々と嫌がらせをするようなことはありませんので、その組織へ入る前に丁寧に説明しておけば、それなりに安全の確保は可能でしょう。

 会社、企業というものは、辞書的な意味でも、実質的な意味でも、営利、利益を得るための組織ですから、会社の利益に貢献できる人材であることをうまくアピールできれば、活躍の場はそれなりにあるはずです。 何の知識も技能もない中学生くらいから集スト被害を受けているような場合、かなり厳しい人生となってしまうでしょうが、知識や技能、いわゆる職能を身につけ、自分の能力をみがき、実績を重ね、自分の価値を高めていくことで、社会で活躍できる可能性も高めることができるでしょう。

 集ストは、現在ではネット検索すれば、その実態、被害や犯罪手法などを簡単に知ることができるようになっています。 問題の解決には、問題点を発見することが重要で、問題点が発見できれば、半分は問題が解決したと判断できると言われています。 すでに社会的に認知されつつある社会問題ですから、この先、100年も続くような犯罪ではなく、いずれ改善が見込まれる社会問題といえます。

 集ストが本当に対処不可能な犯罪であるとすれば、今後、犯罪や被害は拡大していくことでしょう。 犯罪や被害の拡大は、社会的な対処、改善の必要性を高めますので、どのみち対処せざるをえない状況となります。 大人数で監視・尾行・つきまといなどを行い、ほのめかしや睡眠妨害で心身ともに弱らせ、組織から排除したり、自殺に追い込むような、あきらかな犯罪を社会が放置できるはずありません。 (2016/02/09)


参考

和平交渉
 話し合いによる事態の改善 (2016/02/22)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system