集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ネット資産のモバイルリスニング案 … 爆発的に増え続けるネット資産の有効活用術、インターネット上の文字情報の音声化と携帯聴取

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会批評 >

ネット資産のモバイルリスニング案

Mobile_listening_plan_in_internet_property, 2016.3.2

爆発的に増え続けるネット資産の有効活用術、インターネット上の文字情報の音声化と携帯聴取


 ネット世界には価値のある情報がたくさんありますが、すべてを閲覧するのは時間的に難しいでしょう。 しかし、文字データを音声化して、作業中や移動中に耳で聴くのであれば、ネットを見るよりも簡単に多くの情報を得ることができます。 情報を伝える側も多くの情報を伝えることができますので、情報はさらに有効活用されることになります。 (2016/03/01)

 ネット情報の音声化は、集スト、強制尾行犯罪だけでなく、爆発的に増え続けているネット情報の有効な活用法として、今後、世界的に活用される有望な方法と言えるでしょう。 すでに文字を音声で読み上げる技術はある程度まで進歩しており、実用に耐えるレベルに近付いてきています。

 日本語の場合、漢字の読み方の種類が多く、音声化アプリというより、漢字変換アルゴリズムの問題ですが、漢字を読み間違うことがあります。 漢字の平仮名への変換率は、私の体感では9割程度ですが、そもそも音声化用データに漢字を使わなければ、この誤読問題は回避できます。 漢字で作った文章を仮名に変換するという作業が発生してしまいますが、この変換作業は多くの人が協力すれば、いずれは終わる作業ですので、なんとかなるでしょう。 (2016/03/01, 2016/03/02)

 音声化技術の向上は、ネット資産の有効活用法として、政府あたりが国策として技術研究を進めていくことが期待されます。 ネット資産活用は日本全体の知識レベルの向上につながり、学力の低下が不安視される日本社会にとっても有効施策となることでしょう。 音声化技術は、英語など同一表記同一発音となる、ひとつの単語の読み方がほぼひとつに限定される言語のほうが、実現するのは簡単でしょう。 文字データ音声化が、一般に普及したとき、他言語圏の国々に負けないように、日本も文字データ変換技術を高めておいたほうがよいでしょう。 2016.3.1

 日本語の場合、文字データを作るとき、つまり文章を書くときに、漢字変換前のデータ(カナ文字)を保存しておくことで、どう読めばよいか判断できますので、将来的にはこのかたちで音声変換用のデータ(漢字などのないカナ文字だけのデータ)を作る方法が有望となるかもしれません。 これはシステム的には、言語変換プログラムの機能となるでしょうから、すでに実装されているかもしれませんが、実装されていない場合は、ウィンドウ付属のIMEあたりに実装されることが期待されます。 (2016/03/01, 2016/03/02)

 ここで扱っているのは、文字データは、いわゆるテキストファイルをボイスリーダー(音声読み上げアプリ)で音声化して録音するというかたちですが、ネット資産には著作権問題がありますので、将来的には情報を発信する側が音声データを同時に公開するようになることも予想されます。 ネット資産の音声化が進んだ未来の社会では、各ページのアクセス方法の選択肢が増え、従来の「読む・見る(ブラウザ閲覧)」の他に「聴く(音声聴取)」などが加わっているかもしれません。 インターネットは世界的に、read or listen(リード・オア・リスン)と選ぶような時代となることもそう遠い未来の話ではないかもしれません。

 ネットのニュースサイトなどを設定しておくと、興味のある分野の最新ニュースが音声で伝えられるような未来の姿が目に浮かびます。 さしあたり株式情報あたりからはじまり、ITCなどとして専用のネット聴取ラジオ機器、ネットリーダーやオンライン・カスタム・ラジオのようなかたちで発売されるようになるかもしれません。 それよりもまずは、ネット接続機能とスピーカーなどの音声出力機能を兼ね備えた携帯電話やスマートフォンのアプリとして実現する可能性のほうが高いでしょうか。 (2016/03/01, 2016/03/02)

 軽く調べてみましたが、テキストの音声化はある程度まで実現されていて、TTS(Text To Speech)と呼ぶそうです。 スマホのアンドロイドやパソコンのアプリから利用できます。 カーナビに内臓して電子書籍を読み上げるなどの有効活用もされつつあります。 ネット情報もすでに聴かれているようです。 設定したサイトの情報が自動で読み上げられるという案もすでに実現しているのかもしれません。 おそらく漢字は読み間違えていることでしょうが、思いのほか未来は明るいのかもしれません。 (2016/03/01, 2016/03/02)


 ネット資産活用を考えると、日本がIT時代で活躍するできるようにするには、ネット利用料金の引き下げのほうが有効でしょうが、それは今回の話とは別件ですので、対処を期待しつつ政府の健闘を祈ります。 (2016/03/02)


参考

音声通知法
 批判記事・ニュースなどの音声放送で加害者に被害の現実を伝える (2015/10/09)

ネット情報音声化計画
 被害改善の突破口を模索するための音声資料の作成 (2015/12/05)




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system