集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波犯罪に関連する情報公開の必要性 … 在日レイシズムは日韓関係を険悪化させる

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

電磁波犯罪に関連する情報公開の必要性

[Necessity_of_information_disclosure_about_a_electromagnetic_wave_crime]
(2016/02/08)

在日レイシズムは日韓関係を険悪化させる

 現在、日本政府や警察は、集団ストーカーを隠蔽することと、情報公開することでは、どちらがよいのか、メリット・デメリットを検討していることでしょう。 集団ストーカー犯罪、電磁波技術の悪用は、すでに暴力団までが行うようになっており、社会的な治安の悪化は防ぎようのない状態へと近付いています。

 有効な対処法が存在しない場合、さしあたり次の段階では、被害者は犯罪に対処するため、同じ犯罪手法で対抗するようになるのではないでしょうか。 被害者が犯罪者に対して、現在、知られている集団ストーカー手法を使って身を守ったり、反撃したりするような状況になることが予想されます。

 集団ストーカーの犯人として強い疑いの目が向けられているのは、創価学会など在日朝鮮人(北朝鮮・韓国人)と、公安警察など公的な秘密部門、さらに在日朝鮮人が30%以上の比率を占める暴力団関係者などです。 警察組織にも6千名もの創価学会員がいることが知られていますので、おそらく、創価学会へのカルト批判や、在日へのレイシズム、人種差別や排斥運動などへと発展していくことでしょう。

 在日レイシズム自体は、集団ストーカー以外でも、北朝鮮の核実験やミサイル実験が行われるたびに、悪化するのではないかと懸念されています。

 日本社会が在日レイシズムにおちいってしまっては、これまで行ってきた融和政策、人権教育や在日特権の付与などの政策が無駄になってしまいます。 特に、日本政府が現在まで行ってきた、日韓の友好関係の構築や親善活動などは、極端に後退してしまうことでしょう。

 国民感情としても、韓国人には、反日感情のよる日本や日本人への強い批判性や嫌悪感などが存在します。 対する日本人には、韓国の強い反日感情について好意的な意識を持っていないという現状があります。 この状態に集団ストーカー犯罪の犯人が在日朝鮮人だなどという認識が広まってしまえば、火に油をそそぐようなもので、日韓関係の悪化は避けられないはずです。

 多民族が融和しながら社会全体を発展させるような理想とはほど遠い状態となってしまうことでしょう。 それを防ぐには、もはや電磁波技術を公開し、その危険性や対処法などを社会へ認知させるしかないのではないでしょうか。

 電磁波犯罪や、それを悪用する集団ストーカー犯罪は、放置しておけば自然に沈静化するようなものではありません。 犯罪者は明確な目的をもって犯行を行い、確実に利益を貪っています。 利益が出て、逮捕されることもないとなれば、犯罪者にとってこれほど便利は犯行方法はありません。 集団ストーカー被害が拡大することがあっても、犯罪者が自ら犯行をやめるようなことはないでしょう。

 現在、集団ストーカー犯罪が多発しており、政府はそれを認知しながら、何の対策もとらないとなると、これは政府の失策ということになります。

 日本政府は集団ストーカー被害者が多数存在することを知りながら、見殺しにいている状態にあります。

 日本政府は政府としてやるべきことをやっていないのです。

 集団ストーカー被害者は日本全体で約5万人程度は存在するとみられています。 これに対して加害者である可能性のある組織の数は、在日の韓国・北朝鮮人の総数が約65万人、警察組織全体が約30万人、暴力団関係者が約5万人、またそれらが含まれるであろう創価学会の構成員が約100万人程度とみられています。 すべてが創価学会の信者とは限りませんが、集団ストーカーの実行犯としては約100万人程度の規模が予想されます。

 実行犯のすべてが10人でひとりの人間に犯行を行った場合、被害者は10万人となりますので、5万人という被害者予想値は、見積もりとしては若干少ない数値といえるかもしれません。 約100万人といえば大都市の人口に相当するほどの大きな数値です。 集団ストーカーは約100万人の被害者と加害者の間で起こっている大規模犯罪ということもできるでしょう。

 100万人という数は、政府が無視してもよい数を大きく超えていますので、段階的に電磁波技術の悪用を防止するなど、適切な対処が行われることが期待されます。 (2016/02/08)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system