集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
まずはネット検索 たいていのことはすでに誰かが説明している

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会批評 >

まずはネット検索

たいていのことはすでに誰かが説明している

Net_search, 2017/2/23, 2017/3/13

 ウォーカーさんがネット検索のコツを紹介しています。 ネット検索を使いこなし、みんなで真実を探しましょう。

 今回は、私を含め、ブログなどを書いている人たちには特に注意が必要な話です。 人というのは同じ種類の生き物ですから、だいたい似たような感覚をもっています。 そのため、誰が同じような状況を見たり経験したりしても、誰もが同じように感じたり反応したりするようになっています。 ここに人々が互いに分かり合える可能性があるとも言えます。

 このような理由で、ネットで情報発信している私たちがブログなどに何か書くときも、たいていのことはすでに誰かが書いている可能性があります。 実際に検索することで見つかるいろいろな意見や説明は、むしろ自分で考えたものよりも、よりよいものであったということも多いでしょう。 この事実がネットで情報発信している多くの人たちを、後から微妙に困らせています。 後から考えると、「自分で書かなくてもよりよい意見や説明がネット上にすでにあったことに気付いた」、というのはよくある話です。

 これはパソコンやスマホで使うアプリの世界でも同じで、誰かがほしいと思うようなアプリはたいていほかの誰かが作っていて、すでに公開しているということがよくあります。 アプリの世界でも、ほしいアプリや使いたい機能を検索するだけで、その便利さにありつけるという訳です。

 これがネット世界の現状ですから、ネット検索情報をまとめて書いていくことの多いウォーカーさんのブログのスタイルが、今後のネット情報発信のスタンダードとなっていくのかもしれません。 もう少し時間がたてば、すべてのネットユーザーを新聞記者やネットジャーナリストに変えた、というのがIT革命の大きな特徴だと言われる日がくるのかもしれません。

 これに対して、検索ばかりしていては自分の意見が何も書けないではないか、と思う人もいるでしょう。 そのようなものは各自でほどよいところでおさめておけばよい訳ですが、発信する情報の質を考えると、検索をないがしろにする訳にもいかないでしょう。 検索と執筆のバランスに悩まされるというのが、IT革命後のネットジャーナリスト化した私たちの課題といってもいいのかもしれません。


< 参考 >

検索の仕方を覚えて、みんなで資料を集めましょう♪|ウォーカーのブログ

ネット・パソコン被害
 動かない、速度が遅い、SNSや動画などが見れないなど





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system