集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
北朝鮮の今後

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

個別分析 北朝鮮の検証 > 北朝鮮の外交 >

北朝鮮の今後

[North_Korean_future] (2016/03/19)

 2016年は1月から、核実験に大陸間弾道ミサイル発射事件などの軍事力を誇示する、あいかわらずの瀬戸際外交を続けている北朝鮮ですが、対応としては、現在、日本や世界が行っているような圧力をかける方向が有効でしょう。

 軍事力を誇示する方法の裏には、力こそ正義であるといった実力主義思想が隠されていることでしょう。 実際は、実力を示すというよりも、身を守るために大げさに騒いで威嚇しているといったところでしょう。 日本でも在日支配の影響が強いとみられるテレビ局のTBSが大げさに報道しているだけで、他局は静観しているようにみえます。 (2016/02/07)

 北朝鮮のような実力主義思想では、実力が重要であり、軍事力の強いほうが偉い、といった考え方となります。 北朝鮮よりも強い軍事力が存在することをしめせば、騒ぐのをやめ、黙って従うことでしょう。 実力主義というのは、より強い実力を持ったものが主導権を握るということを容認する考え方ですから、北朝鮮もより強い軍事力の前には、あきらめて、ひざを屈することでしょう。 (2016/02/07, 2016/02/12)

 2016年2月、現在、北朝鮮は「人工衛星打ち上げ」と称してミサイル発射実験を行うとみられており、周辺の日米韓は、防御体制をとっています。 前回の自称水爆実験のように、終わった後に、それほど騒がれずに、世界からあまり相手にされなかったことを教訓にしたのか、今回は、2週間程度の期日の間に行うという方法で、前回よりも長期間、周辺諸国へ軍事力をアピールしたいようです。 (2016/02/07)

 日本で北朝鮮のことに注目しているのは、在日朝鮮人勢力くらいで、多くの日本人は、対岸の火事、遠くの海の向こうの話として、あまり関心がありません。 国交もありませんので、貿易や人の行き来もなく、そもそもほとんど関与することができません。 日本としても、北朝鮮の不幸を望むようなことはありませんので、発展を遂げれば、北朝鮮社会も自然と公正さ重視するような社会へと変化することでしょうから、そのときは国交を回復してもよいでしょう。

 ただし、現在のような暴挙を繰り返すような国のままだとすれば、このまま国交断絶を維持せざるをえないでしょう。 ミサイル実験で、韓国の首都ソウルあたりにミサイルが落ちれば、宣戦布告とみなして、南北朝鮮を統一してしまってもよいかもしれません。 しかし、核の脅威があります。 北朝鮮と戦争して、核兵器を使われたとなると、攻める国も勝敗にかかわらず非難されることになるでしょうから、思うように動けず、現状維持ということになるでしょう。 (2016/02/07, 2016/02/12)

 ひとつの希望的観測としては、北朝鮮と戦争となっても、今後の核の脅威から世界を守るためだ、と主張することで、国際社会を納得させることもできるかもしれません。 新年や誕生日などのさしたる意味のない理由で核実験を繰り返されては困ります。 今のままでは、同じことを繰り返す可能性が高いですから、未来の核実験を停止させるため、やむなく攻撃するのだ、となれば、国際社会も非難はするでしょうが、強く否定することはないのではないでしょうか。

 問題としては、朝鮮戦争でも明らかとなっているように、朝鮮半島で起こる戦争は、米ロの代理戦争となるため、北朝鮮を滅ぼして任務完了という終わり方はしないでしょう。 代理戦争となれば、どちらも簡単には引き下がらないため、また、停戦というかたちで幕を引くことになるのではないでしょうか。 (2016/02/07)

 北朝鮮を国際社会が納得するかたちで滅ぼすことができた後も領土問題が残ります。 北朝鮮の領土は、韓国と統合するか、米中ロを含めて分割統治するようなかたちとなることが予想されます。 北朝鮮は核兵器関連施設が問題なだけで、他は大した産業もありませんので、あの領土は誰もほしがらないような可能性もあります。 あの地域は地理的に、共産主義圏と資本主義圏の間の緩衝地域となりますので、やはりどの国にとっても手の出しにくい地域といえるでしょう。 あの地域は国際的に使い道のないデッドスペースのようなもので、北朝鮮はデッドカントリーのような存在にすでになっているのかもしれません。 (2016/02/07, 2016/02/12)

 日本には「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。 貧困を脱却すれば礼儀をわきまえるようになる、ルールを守れるようになる、といった意味です。 北朝鮮も国民のひとりひとりがもっと活躍するような社会になれば、人々は当然の権利として、人権を主張するようになるでしょうから、不正が正され、国家全体も公正なシステムに発展していく可能性もあるのでしょう。

 北朝鮮の貿易は90%が中国に依存しているそうですから、経済制裁を加えようにも思うような被害は与えられないようです。 逆に考えると、世界の貿易相手ではないため、北朝鮮が豊かになろうが、貧しくなろうが、あまり影響がないともいえます。 ミサイル実験などで、あまり騒いでしまうと、北朝鮮の思惑通りの展開となってしまいますので、静観すること、つまり相手にしないで放置しておくのが、賢明な策となることでしょう。 北朝鮮とかかわっても何の意味もないでしょう。

 日本でもTBSやテレビ朝日あたりに北朝鮮報道を自粛させたりするなどの政策をとるとよいかもしれません。

 日本では拉致問題というのがあり、北朝鮮に国民が拉致されるという、犯罪被害が起こっています。 しかし、拉致されたからといって、韓国との慰安婦問題のように何らかの支援金を払うというのでは、問題を悪化させるばかりで、改善は見込めないでしょう。 日本人を誘拐して、身代金を要求するようなやり方はテロと同じですから、拉致犯罪や被害者があきらかになったら、相手の要求を受け入れるのではなく、暴力には屈しないという態度を示すべきでしょう。 (2016/02/07)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system