集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集スト・強制尾行被害の通知書の配布 … 犯罪者への反撃、隣人知人へ注意喚起

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


一般分析 個別の被害と対策 >

集スト・強制尾行被害の通知書の配布

犯罪者への反撃、隣人知人へ注意喚起

Notification_of_the_organized_stalking_damage,
1509220120, 2015/9/22, 2016/11/25

< 目次 >

関連項目

注意、呼びかけ文書サンプル案 使えそうな物を印刷・コピーなどして配布するススメ

個人監視被害、防犯情報詐欺などへの注意呼びかけ文書を配る意義

電磁波被害、音声被害、つきまとい被害などを具体的な被害として主張することの問題点

「黙殺は敗北」 嫌がらせを無視すれば監視犯罪者のマインドコントロールが成功

監視犯罪の抑止目的であれば、「強打速攻」

「強打速攻」 私の場合


< 参考 >

【再掲示】集団ストーカー・テクノロジー犯罪規制要望書、集団提出ネット運動 - ベガのブログ
 ページ全体の5分の1くらいの位置にある【4、防犯チラシ等による説明】にリンク掲載 2016/11/24

ポスティング - 凶悪な組織的ストーキング犯罪と電磁波犯罪まとめ@wiki
 ポスティング・チラシの紹介 2016/3/12

文書通知法
 チラシ・ビラなどの文書で加害者に被害の現実を伝える、アンチガスライティングとしての文書通知






注意、呼びかけ文書サンプル案 使えそうな物を印刷・コピーなどして配布するススメ


 個人監視などの被害者に対して、私が求める最初の行動は、自分が被害者であること、自分は悪くないということを主張することです。 そうとはいっても、いつ誰に言えばいいのか、困る人のほうが多いことでしょう。 それに対処する改善案が注意通知文書の配布です。 以下のサンプル文書を各自必要に応じて内容を変更するなどして、周囲の人に配布すれば、完全解決とはいかないまでも、事態は改善へと向かうことでしょう。 (2016/03/13)

・個人監視被害、防犯情報詐欺一般(B5用紙版)(2015/09/26)

・テクノロジー犯罪、思考盗聴、電磁波被害への注意の呼びかけ(B5用紙版)(2015/10/16)

・集団ストーカー被害、犯罪行為に加担しないように注意する呼びかけ(B5用紙版)

・役所などの公的機関への注意の呼びかけ(B5用紙版)

・メディア、マスコミへの注意の呼びかけ(B5用紙版)






個人監視被害、防犯情報詐欺などへの注意呼びかけ文書を配る意義


 デモ活動や代議士などと政治的活動を行っている被害者組織では、すでに作られていることと思いますが、監視犯罪、テクノロジー犯罪、電磁波被害、集団ストーカー被害などへの注意を呼びかけるチラシ用の文章サンプルを考えてみました。

 監視被害者は、子供のSNSを使ったLINEイジメのように、自分が知らないところで、仲間外れにされた状態で、一方的に悪者にされ、反論のひとつも許されないまま、社会的信用を失い、犯罪者予備軍などとして嫌がらせを受けていることが多いようです。

 これを少しでも改善するために、まずは自分は悪くないと、正当性を主張するとともに、周囲の人に対して監視被害への理解を促すことを目的としています。 これらのサンプルを印刷、コピーするなどして、周囲の家のポストへ投函するだけでも、周囲の人の態度も変わってくることが予想されます。 監視犯罪、嫌がらせを行うことは、犯人が積極的に行っているだけで、その他大勢の人は、防犯情報の一部として一応対処しているだけで、本当は、手間がかかって面倒臭いなどと考えているはずです。 被害者と密接な関係にある、隣人や仕事関係者でもなければ、防犯目的などと言われたとしても、自分から進んで嫌がらせをしようなどとは思わないはずです。 それが人間というものです。

 まずはじめに、この嫌がらせに消極的な人達から、誤解を解いていこうという被害改善方法のひとつです。 (2015/09/26)






電磁波被害、音声被害、つきまとい被害などを具体的な被害として主張することの問題点


 普通に生活している人が想像できないような、監視犯罪特有の被害は、どれほど具体的に、客観的に説明してみても、理解されにくいものです。 あまり強く主張すると、頭がおかしい人として、精神病者のような扱いを受けることになりかねません。 実際に、監視犯罪者が、被害者にとどめを刺そうとするとき、被害者の信頼を一気に低下させようとするとき、病院などで精神鑑定を受けさせるという事実は、かなりの数、報告されています。

 精神病院に入院ともなると1年くらいは入院生活を余儀なくされるようです。 退院後は、どうなるかというと、統合失調症などの精神病を持った人物として扱われることになります。 犯罪者側は嫌がらせに参加させたり、情報料をとるための人間、観客的加害者を増やす際の強力な根拠とするようになるとみられています。

 犯罪者側はなんとかして被害者に統合失調症などの病名を付け、自分たちの犯罪行為を正当化しようと考えているようです。 それを避けるため、精神鑑定など医師の診断の際は、誤解を招かないように、存在しないはずの音や声が聞こえるなどとは、主張しないことをお勧めします。 ありのままを、そのまま主張したければ、してもよいのですが、理解が得られる可能性は極めて低いと思われます。 被害者が医師の診断を受けるときは、すでに医療関係者側に、犯罪者が詐欺行為を働いて、被害者が不利になるような情報をもたらしている可能性が高いからです。 監視犯罪者は人を騙す能力が極めて高いため、そのような影響が強いであろう場面で戦うことは避けるべきでしょう。 勝ち目がないと思われます。 2015/9/26






嫌がらせを無視すれば負け、やり返さなければ悪化するのが嫌がらせの基本


 子供のころから平和な暮らしを続けて、たいしたケンカもせずに大人になると、ケンカのやり方、ストリートルールのようなものを知らずに生活を送っている人もいることでしょう。 そのような、平和的で、いわゆる優しい人が監視被害にあってしまった場合、残念ながら被害が悪化しやすいという事態を呼び込んでしまうことがあります。 このサイトの大項目10.論拠でも触れる予定ですが、人間のあらゆる争いごと、紛争には、その根底に基本的な共通するルールが存在します。

 それが、私の名付けた、反撃の「強打速攻」、嫌がらせを受けてもやり返さないようなときに当てはまる「黙殺は敗北」といったルールです。

 学生時代、特に中高生であれば、不良少年少女、いわゆるヤンキーが、他人から馬鹿にされることを極端に嫌うことや、世界情勢でいえば、最近の朝鮮半島での地雷や砲撃事件などで国家間で極端な強行姿勢がとられたことなどを見れば誰でも理解できる程度の事実です。






「黙殺は敗北」 嫌がらせを無視すれば監視犯罪者のマインドコントロールが成功


 黙殺というのは、嫌がらせを受けた状態を無視することです。 嫌がらせをする側も人間です。 自分が攻撃していること、ケンカを売っていることは理解しています。 売られたケンカを買わないことを、世間一般では、負けと判断します。 つまり、ケンカを売った犯罪者は、被害者に勝ったことになり、それを見た周囲の人間は、あらぬうわさを周囲に撒き散らしている監視犯罪者の言うことが正しいと判断するようになります。 この時点で、犯罪者が被害者の周囲の人間へ行うマインドコントロールはほぼ完成した状態となります。

 この状態になるのを防ぐためには、機会を見逃さず、自分は悪くない、などと自己の正当性を主張すべきです。 そうとはいえ、犯罪者にだまされてしまった人たちが、被害者に疑問点を質問して、その声に耳を傾けるようなことが自然に起こることはなかなかないでしょう。

 被害者は、何も言わず、何も言われないまま、徐々に悪人としての容疑を高められていくものです。






監視犯罪の抑止目的であれば、「強打速攻」


 被害者が自分の正当性を主張する機会、自分は悪くないと言うチャンスが訪れた場合は、「強打速攻」ルールに従い、なるべく速く、できるだけ強く反論などを主張すべきです。 しかし、公の場で、裁判所で互いに正義を主張しあうような状態になることは、通常はほぼないでしょう。 それでもチャンスがあれば、より速くより強く反撃することが、犯罪抑止には効果的でしょう。

< 参考 >
強打速攻法
 すぐに反撃する方法






「強打速攻」 私の場合


 私の場合は、すでに公安警察の捜査官や公安委員会あたりが容疑者として、優先順位が高いものとなっていますので、彼らに対して、より早くより強い反撃を試みています。 思考盗聴の仕組みや対策法の拡散や公安・政府批判など、よりダメージが大きいであろう反撃法を選んでいます。 (2015/09/22)








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system