集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー被害の自己判定 嫌がらせや監視をされている気がする、自分は被害者なのか、気のせいなのか

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカー被害の自己判定

嫌がらせや監視をされている気がする、自分は被害者なのか、気のせいなのか

Own_judgment_of_gang_stalking_dagame, 2015/10/7, 2017/1/26

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の特徴としては、継続的に監視技術を悪用して個人情報を取得し、その情報を共有する集団が個人へ嫌がらせを行うという点が上げられます。 一時的ではなく、長期的であるという点も重要な特徴のひとつです。 2015.10.7

その他の初心者向けの説明はこちら 2016.6.16


< 初期症状 >

 初期症状としては、深夜の睡眠妨害、自分の情報が周囲の人へ知らされることからくるほのめかしや嘲笑、咳払いや声・特定の台詞を繰り返し聞かされる音声被害、音声による脅しや威圧行為の継続などの被害を受けることが多い傾向があります。

 多くの被害者が告白していますが、気が付いたときには過去5年から10年以上も被害を受けていた、ということがよくあります。 それほどまでに常識に隠れた巧妙な犯行が行われています。

 2015年の特定機密保護法施行以降は、思考盗聴被害もかなり初期から行われる傾向があります。 これは頭の中で、周囲の人をほめたり批判するイメージを思い浮かべる、考える、念じるなどして、その後その対処となった人たちの反応を見ることですぐに確認することができます。

 注意しなければならないのは、思考盗聴被害では被害者が考えていることが筒抜けとなり、思い描いた内容がすべて知られてしまっている可能性があることです。 さらに悪いことに、思考盗聴を逆に利用して悪口を言っても、その悪口を被害者がわざと意図的に伝えようとしていることは、加害者側にすぐに感付かれてしまいます。

 そのため、自分の頭の中の出来事でしかないとしても、過度な非難や悪口は考えないように注意する必要があります。 2016.9.27


< 被害の種類 >

集団ストーカー関連の被害・被害の種類
 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system