集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
和平交渉 … 話し合いによる事態の改善

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

和平交渉

話し合いによる事態の改善

Peace_negotiations, 2016/2/22, 2017/1/13


< 目次 >

方法的謝罪交渉
 うまく説明できない場合は、とりあえず謝罪してもよい

加害者との対話
 具体的な和平交渉で主張すべき事柄

お巡りさんを説得して健全化させよう
 現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる

和平交渉の意義
 社会が不正であると認識すれば改善できる






方法的謝罪交渉


うまく説明できない場合は、とりあえず謝罪してもよい

 集団ストーカーやテクノロジー犯罪をうまく説明できない被害者が、加害者と交渉しても、理解を得ることは難しいでしょう。 それでもあきらめずに、色々なことを丁寧に説明していけば、改善は見込めます。

 相手はある程度の加害意識を持った人間ですので、被害者に非難されないよう理論武装して待ち構えているような場合もあります。 完全な証拠を確保するまでは、容疑者のひとりにすぎませんので、あくまで相手の名誉を傷つけないように平和的に話をすすめましょう。


 被害者のなかに家族を説得するのに一年くらいかかったとブログなどで告白している人がいます。 本来、味方であるはずの家族ですら、説得には一年という気の長い努力が必要だったそうです。

 物分りのよい相手であれば、もっと簡単に説得できそうに思えるかもしれません。 しかし、一般的にはたいていの人は自分の体験や感覚で物事を判断しています。 また、理論については、その説を吟味するのではなく、その説を主張している人を信じるかどうかといった、人物判断を基準に行っています。

 このように普通の人は、感性的に物事を判断しています。 理論ではなく実体験や自分の感覚、あるいはある種の主観的信仰、つまり相手を信じるか信じないかで、物事を判断していることが多いので、説得も難しくなります。

 加害者に被害を体験させることも難しいでしょうから、加害者に信頼されている人物から説明してもらえればよいのですが、それも現実的にはなかなか難しい状態にあります。 集団ストーカーはテレビ・新聞など旧メディアを使って強力な情報規制が行われているので、旧メディア自体が使い物になりません。

 メディアを使うのであれば携帯電話やスマートフォンでネットサイトを見せるか、集団ストーカー関連の書籍が出版されていますので、これを利用するとよいでしょう。


 また、加害者に説得が必要だという時点で、被害者と加害者という人間関係が成立している状態にあります。 こうなると、加害者はすでに加害者組織からマインドコントロールされ、精神的に支配された状態になっていますので、そう簡単には被害者の言うことは信じません。 公安などからも、秘密をもらすと法的に罰せられるなどといったおどしや口止めが行われていることもあります。 加害者は嘘が完全にばれしまった状態でも、嘘を認めないという態度をとることがありますが、背景にはこのような理由があります。

 理性的な相手であれば、論理的に説得しやすい部分もありますが、説得自体が犯罪者に罪を認めさせるような部分もありますので、加害者がその罪を理解していればいるほど、自分の犯行を認めるような可能性は低くなってしまいます。


 集スト・テク犯は嫌がらせ犯罪に他なりません。 加害者の多くも、嫌がらせをしているということは理解していますので、程度の差はあっても、罪悪感自体は感じています。 そのため、加害者の罪を暴き立てたり、加害者を否定し、非難するよう交渉は、なかなかうまくいかないのが現実です。

 そのような交渉が難しい相手との対話では、まず、謝ること、謝罪してしまうという方法もあります。 謝る理由がうまく見つからない場合は、何も理由を告げずに、とにかく謝るだけでも効果があります。 謝られ、精神的に優位に立った加害者は、心を開きやすくなります。 話し合いや、交渉を開始しやすくし、二度、三度と話し合いを続けることもやりやすくなります。 加害者も自分への非難ではない、被害相談などであれば、話し合いに応じやすいのです。

 これとは逆に、初めから非難や否定、証拠を提示して罪を暴き立てるようなやり方で交渉すると、加害者はすぐに対話の窓口を閉ざして、話し合いに応じなくなってしまいます。 そのため、交渉では、まず対話の窓口の確保、継続的に交渉が続けられる状態を作ってから、少しずつ被害の実情や集スト・テク犯の問題を説明していくのがよいでしょう。

 対話・交渉さえ継続的に行えれば、被害が改善できる可能性は格段に高まります。 少なくとも交渉している相手からの加害行為は大きく弱められることが期待できます。 2016/4/16, 2017/1/13






加害者との対話


具体的な和平交渉で主張すべき事柄

 集団ストーカー犯罪を行う加害者との、直接的な対話、話し合いが可能な場合、積極的に話し合いを行うべきです。 これが被害改善に最も有効な対処法となります。 実際には、犯罪者がすぐに犯行を認めることはありませんので、根気強く交渉を行わなければなりません。 加害行為も人がやっていることですから、人の心に反省を促し、加害行為をしないように導き健全化するのが、人として一番自然な解決法です。 そのため、話し合いなどの交渉が最も有効な対処方法であることは確実な事実です。

 電磁波やテクノロジー犯罪については、説明することが難しいので、うまく説明できない場合は、話題にはしないほうがよいでしょう。 携帯電話・スマホ・ノートパソコンなどが使えるのであれば、説得力のあるネットサイトや動画をうまく利用するとよいでしょう。 世間的に隠蔽されている技術や犯罪を話だけで説明するのは、大変難しいことです。 感性的な人には被害者デモ活動の動画、理性的な人には技術を扱ったサイトを利用すると効果的でしょう。

 テクノロジー犯罪の実行犯が電磁波や中性子線被爆により、救急車で運ばれるような事故が度々に起こっているという情報があります。 加害者の健全化を考えると、実行犯は危険な仕事をさせられているという点で被害を受けていると知らせてあげるのも効果があるでしょう。 電磁波などの加害装置・加害兵器の危険性を知らされていなかった実行犯たちは、自分たちすらだまされていたことを理解することでしょう。 2016/4/15, 2017/3/26


<参考>

初心者向け説明
 このあたりの記事を印刷して読み聞かせるのもよいでしょう

リンク集
 相手の良心に訴える情報を選びましょう

リンク集 動画サイト
 直感的に理解させるには動画がよいでしょう

デモ陳情活動などのプレイリスト
 デモやフォーラム動画は初心者にも分かりやすい説明になっています


 犯罪者は、犯罪行為に関しては、証拠が残らないことをよいことに、自分の犯行を認めることはほとんどありません。 これには、公安や創価学会などが口止めしていたり、言い訳の方法を教えているということが背景にあります。 犯行を非難するのであれば、具体的な証拠のあるものに限定すべきでしょう。 ただし、そのような証拠を残すことは少ないため、あまり現実的ではありません。

 そこで何を主張すべきかというと、それは一般的な被害者が受ける被害、自分が実際に受けている被害についてです。 マイクロ波、電磁波、思考盗聴、その他の監視技術などテクノロジー部分にはふれずに、まずは具体的にどのような嫌がらせを受け、精神や健康がどのような被害にさらされているのか、できるだけ真剣に、熱心に伝えるのがよいでしょう。

 加害者は基本的には、自分が悪いことをしていることを、あまり理解していませんので、結果的に嫌がらせ犯罪を行っていたということを理解させることで、犯行の抑制、被害の緩和などが期待できます。 加害者に、被害者が嫌がらせを受けるべきターゲットではなく、心身ともに健康被害を受けている被害者であることを理解させましょう。

 話し合いで、加害者にどの被害が特につらいのかなどを伝えると、被害者自身の弱点をさらけだしてしまうことにもなります。 そのため、短期的には、よりひどい被害に合ってしまう危険も、あるにはあります。 しかし、人を苦しめて喜んでいられるのは、被害者の痛みを理解できてない状態の人かサイコパスのような狂人や本当の精神異常者だけですので、対話を重ね被害の悲惨さなどを理解させていくうちに、弱点を突くような非人道的な加害行為は抑制されていきます。

 嫌がらせ攻撃が減るのは話し合いで理解を得られた相手とそれを監視や人から聞いたような末端の加害者だけで、公安・自衛隊情報部・創価学会など集団ストーカー犯罪の主犯格の組織に属する人間には弱点をさらけだしてしまうということになります。 それでも嫌がらせ犯罪の実行犯となる末端の加害者を健全化することで、多くの被害を軽減できる可能性があります。

 公安・自衛隊・創価などの内部にいる主要な犯罪者であっても、人としての基本的な善悪は理解していて、たとえば上司にあたる人間の命令に逆らったりはしない程度のモラルは持っています。

 集団ストーカー犯罪は、危険人物の監視やテロ防止、仏的の排除などの理由で正当化されていて、主犯格の組織に属している加害者たちにとっても、正しい行為であり正義であると、犯罪者なりに正当化しているのです。 この仕組みを理解して犯罪を行わせている真の主犯格の人間以外に対しては、自分たちのやっていることが単なる犯罪行為であると理解させれば、彼らもまただまされて利用されているあわれな奴隷にすぎないのだと理解するようになりますので、自然と加害行為の手も緩めざるをえません。

 誰でも自分のやっていることに正義や正当性がなく、単なる犯罪にすぎないと理解してしまうと、心の中に犯罪の責任を取らされたくないという自己防衛意識が生まれてきますので、加害行為も沈静化に向かうという仕組みです。


 加害者側の人間と対話ができるという状態は、問題を改善するうえで非常に恵まれた状態です。 威圧的な態度をとったり、攻撃的な発言を行うことは我慢して、あくまで正当な主張を平和的に続けることで、対話可能な相手であれば、かなりの確率で健全化させられる可能性があります。

 世界中の政府、国家から危険宗教団体、カルト団体として認定されている創価学会の会員であっても、話し合いで被害を軽減させたり、カルト教団から改宗、脱会させたりした例もあります。 同じ人間同士、分かり合えると信じて頑張りましょう。 2016/4/15, 2017/1/13






お巡りさんを説得して健全化させよう


お巡りさんを説得して健全化させよう
 現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる






和平交渉の意義


社会が不正であると認識すれば改善できる

 あらゆる人類社会に共通する、最も文化的で、最も有効な問題の対処法は、問題解決や事態の改善を目指した話し合いです。 堅苦しい言い方になりますが、それらを行う和平交渉や平和会議などを行われることが望まれます。 理想としては、話し合いが必要のないような社会、問題の起こらない社会が実現されればよいわけですが、それも難しいでしょう。  2016/02/22

 和平交渉では、それぞれの立場の人々の様々な意見に、みなが耳を傾け、必ずしも適切な対応をとるところろまではいかないまでも、妥当な対応がとれるような状態へと、事態を進展させるように、交渉に参加するすべての人が努力しなければなりません。  2016/02/22, 2016/04/15

 テロや戦争、集団ストーカーや警察の強制尾行犯罪などにもあてはまりますが、おどしや暴力は、ときには影から、ときには白昼堂々と行われています。 これらの不当な暴力的行為は、平和的な話し合いでは、自らの利益を拡大できないような人間が行う犯罪的行為です。 本質的には利権目的の不正行為にすぎませんから、不正は不正とみなして、あきらめずに断固として戦うべきでしょう。

 不正行為というものは、所詮不正行為にすぎませんから、公のもとにさらされれば、その罪をまぬがれることはできません。 暴力的行為が引き起こす健康被害は最終的には、人を死にいたらしめる、人類にとって許されることのない重大な不正行為、犯罪行為です。 最終的に人を殺すような行為は、政治や軍事的意義などでいかに正当化しようとしても、正当化が許されることのない凶悪な犯罪行為にすぎません。

 そのため、多くの人々に情報を周知し、議論を重ねることで、必ず改善できます。 政治や軍事などの様々な要件も、社会全体を守ることや発展させることを目的としており、根本的には、人の命を守ることが最優先事項となっています。 人命の保護という人類社会にとって普遍的な目的が存在し、それを実現するため、健康被害を及ぼし、最終的には人の命を奪う危険のあるような暴力的行為や人権侵害行為は、対処すべき重要な課題であると言えます。 (2016/02/22)


<参考>

被害対策の優先順位概要
 対策をどう進めるべきか (1)話し合い

モビング・企業ストーカー対策
 和平交渉が有効 (2016/02/09)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system