集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。 あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

和平交渉 話し合いによる事態の改善

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

和平交渉

話し合いによる事態の改善

Peace_negotiations, 2016.2.22, 2018.1.13, 評価:★★★★

< 目次 >

話し合いの限界
 テク犯の加害装置を操作する実行犯とはそもそも対話が出来ない

冷たい人々
 周囲の人たちにいったい何が起きているのか

話し合いの基本
 加害者はすぐには罪を認めないが後から態度を改める可能性がある

加害者を思考停止に追い込む危険ワード
 信用出来ない話や陰謀論扱いとして誤解されやすい言葉

加害者は心を閉ざしやすい
 微妙な加害者ごころ

方法的謝罪交渉
 うまく説明できない場合は、とりあえず謝罪してもよい

加害者との対話
 具体的な和平交渉で主張すべき事柄

健全化が難しい被害加害者(テク犯被害者かつ加害者)
 加害組織は内部管理にテクノロジー犯罪を使っている

お巡りさんを説得して健全化させよう
 現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる

和平交渉の意義
 社会が不正であると認識すれば問題は改善できる


< 関連 >

犯罪者コントロール

周りの人への説明
 理解を得るには、犯罪者非難は後回し、先に被害や犯罪の仕組みを説明

初心者向け説明
 このあたりの記事を印刷して読み聞かせるのもよいでしょう

加害者との対話 … 話し合いや謝罪で簡単に被害が軽減することも - ノイズキャンペーン対策 2017.12.1

被害改善には対話がおすすめ … 直接話し合うかアンチガスライティングのような間接対話など - ノイズキャンペーン対策 2017.12.1


< 参考 >

被害を打ち明ける際の注意点 - 憂国と警告―GHQの洗脳から醒めた日本人のブログ 2017.12.12

リンク集
 相手の良心に訴える情報を選びましょう

リンク集 動画サイト
 直感的に理解させるには動画がよいでしょう

デモ陳情活動などのプレイリスト
 デモやフォーラム動画は初心者にも分かりやすい説明になっています

被害対策の優先順位概要
 対策をどう進めるべきか (1)話し合い

モビング・企業ストーカー対策
 和平交渉が有効 (2016/02/09)

被害対策・被害改善方法リンク 2017.12.14

税理士、消防署のサイレンにぶちギレ、拡声器で応酬
 消防署長に「ストーカー行為をやめろ」などと拡声器で叫び、逮捕された記事 2018.4.30




話し合いの限界


テク犯の加害装置を操作する実行犯とはそもそも対話が出来ない

 加害者と話し合えと言われても、それが出来ないから苦労しているのだ、と思う人も多いかもしれません。 たしかに話し合いには限界があり、その中でも一番の問題は、最も凶悪なテクノロジー犯罪機器を実際に操作している実行犯は、どこにいるかもよく分からず、話し合いなど到底出来ないという点です。

 これは致し方ありません。 電波兵器などを無実の市民に向けて攻撃しているような犯罪の自覚のある確信犯が被害者の前に姿を現すことはほとんどありません。 姿を現したとしても、それは自分が犯罪者であるとは気付かれない状態でしか姿を現しませんので、被害者が犯罪者を見つけて話し合うことは難しいでしょう。

 それでも被害者の前に姿を現すような加害者やその協力者など、被害者の周囲にいる人たちであれば話し合いによって加害行為を抑制できる可能性があります。 周囲の人たちから理解を得られずにいると、集団ストーカーの人為的な被害が悪化しやすく、被害者が受けるストレスも強くなってしまいますので、まずは近くにいる人たちから話し合いを始め、より多くの人に理解を求めていくのがよいでしょう。

 被害者の周囲にいる人たちが加害行為に参加している背景には、加害勢力の工作があり、加害勢力から加害行為に参加させるような工作が行われています。 加害勢力は自らが心理戦と呼ぶ工作を行い、周囲の人たちへ洗脳やマインドコントロールを施して、周囲の人たちを加害行為に参加させています。

 周囲の人たちに加害行為を控えさせ、健全化に向かわせるということは、加害勢力全体の工作の一部が失敗に向かっているとうことになります。 加害勢力にとって、被害者の周囲にいる人たちが健全化していくことは、周囲の人たちを加害行為に利用できなくなるということですから、加害勢力も困るのです。 話し合いによる周囲の人たちの健全化は、被害者が加害勢力に対して出来る反撃のひとつと言えます。

 話し合いによる周囲の人たちの健全化と、テクノロジー犯罪の被害の度合いは、残念ながらあまり関連性はないようです。 周囲の人たちと話し合いを進め、ある程度は疑われながらも、それでもそれなりに平和的な関係を築くことができたからといっても、テクノロジ-犯罪の被害が軽減するとは限りません。

 それでも加害勢力と被害者の状況としては、部分的な反撃に成功した状態になりますので、被害全体、あるいは加害行為全体が抑制傾向になる可能性があります。 これは加害勢力からすると、何も対処や防御してこない被害者よりも、何かしらの対処をしてきて、さらにそれなり対処に成功している被害者のほうが、攻撃しにくくなります。 周囲に人たちから署名を集め警察や防犯パトロールなどの加害行為を非難されても困るなどといった理由が考えれれます。 加害勢力がそのような反集スト活動の活発化を恐れ、被害全体が軽減する傾向に向かっていくということではないかと予想されます。

 人為的な集団ストーカーとテクノロジー犯罪は合わせて行われることがあり、被害者の周囲にいる人たちも、加害勢力にとっての攻撃手段のひとつとなっています。 その攻撃手段のひとつが失われることで、思いのほか多くの加害行為が実行できなくなっている可能性もあります。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の全体を解決するには、どこかの段階で必ず多くの人たちに被害を訴え、理解を得るという活動が必要となります。 広く社会に犯罪を認知させ、問題解決に必要な法的な対処をとることで、問題は解決されていくはずです。 そのための準備段階として、より多くの被害者が周囲の人たちを説得できるような力を身に付けておくというのも、将来的に価値のある活動となることでしょう。 2017.12.2




冷たい人々


周囲の人たちにいったい何が起きているのか

 集団ストーカーの被害が始まると、周りにいる人の多くが、物音や態度などで悪意を演出したり、被害者を追い込むような加害行為に参加するようになります。 彼らは被害者を馬鹿にして見下したり、感情的に非難したり、道徳的に批判したりと、とても冷たい態度をとる傾向があります。 被害者は、どうして自分がこんなにもひどい扱いを受けなければならないのか、と不満や不信感などを募らせていくことでしょう。

 この状況はすぐには変えられません。 状況が改善するまでの間は、周りの人たちは加害者にだまされて、思考誘導や洗脳、マインドコントロールされてしまっているのだと考えておけばよいでしょう。

 被害者自身が「自分は本当に悪い人間になってしまった」とか、「自分は世の中から必要とされていないのだ」とか、そいういったことを考える必要はありません。

 単に加害勢力の人をだます技術が高度なため、みんなだまされた状態になっているだけです。 冷たい人たち自身も急に悪人になった訳ではありません。 彼らに集団ストーカー犯罪について丁寧に説明し、理解してもらえるようになれば、極端に冷たい態度をされるようなことは徐々になくなっていきます。

 そうとはいえ、被害者のほぼすべてがこの冷たい人たちに囲まれた生活を送っているのも事実です。 テクノロジー犯罪による被害であれば人それぞれ被害の度合いが違い、人によってはまったく受けていないという人もいます(恐らく気付いていないだけだと思われますが)。 しかし、集団ストーカーの被害を自覚している人で、周りの人たちから冷たい扱いを受けていないという人はこのサイトで調べた限りは存在しません。 逆に「テクノロジー犯罪のせいで痛みや不快感の中で生活していても、周りの人たちが優しいので何とか頑張っています」というような人も見当たりません。(被害者同士が集まると優しい人たちに囲まれた状態になることはありますが)

 どうして周りの人たちが冷たい態度をとるようになるのかというと、これは加害者たちが風評工作や加害協力者の作成工作を行っていて、それが成功しているからです。 被害者の周囲の人たちは、加害勢力にとって工作をかける優先的な対象となっていて、ほとんどの場合は、被害者が自分の被害に気付く頃には、周囲の人たちへの工作はほぼ完了した状態になっています。 そのため被害者が気付いたときには、冷たい人たちに囲まれた生活を送っているということになるのです。

 冷たい人たちは加害者からそれぞれ、被害者の欠点や過去の失敗などを誇張して伝えられていて、仮にそれらがなくても嘘の情報を捏造して伝えることで、被害者のことを悪人や問題人物と考えるように思考誘導されています。

 被害者だけでなく周囲の人たちに対してもマインドコントロールを施そうとするのが、集団ストーカー犯罪の特徴です。 これは公安や自衛隊その他の特務機関が心理戦と呼んでいる手法で、元々は政治犯や暴力団員などの危険事物や精神異常者などに対して行われていました。 それが一般の人々へ拡大され、今では10万人以上はいるのではないかとみられている集団ストーカーの被害者へ行われるようになってしまっています。

< 注意:最新の被害者数予想は1~2万人 >
集団ストーカー被害者数 - 統計調査
 様々な集団の規模や関係者の総数などから監視犯罪との関連性を検証 2018.7.5


 それでは周囲の冷たい人たちとはどう接していけばよいのでしょうか。 この状況は被害者自身の力で対処していかない限りは変化せずにずっと続いていきます。 対処としては、直接話し合ったり、間接的に各家々などに集団ストーカーの防犯チラシをポスティングするなど方法があります。 これら活動を続けていくことで、完全とはいかないまでも、ある程度まで理解が得られるようになります。 その方法について検討しているのがこのページの記事です。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪はこの二つの言葉にすべての関連犯罪を含めた使われ方をしていますが、実際には被害者の置かれた状況によって、被害にも様々な違いがあります。 それぞれの被害者が自分の被害状況をよく理解し、適切な対処をとっていけるようになれば、個人の被害も、また問題全体の解決も早めることが出来るはずです。 2017.12.1




話し合いの基本


加害者はすぐには罪を認めないが後から態度を改める可能性がある

 人は他人の言うことを聞かないものです。 人は自分がよいと思う考えに従うだけです。 さらに人には自分の一貫性を保とうとする意識がありますので、相手の正しい話と分かっていても、自分の間違いを認めたり、自分の言動をすぐに改めるということは、なかなか出来ないものです。

 加害者や加害協力者との話し合いでは、加害者側は、被害者が危険人物や問題人物だと言われそれを信じた状態、いわゆる洗脳された状態にあります。 これが話し合いを始める前の状態です。 この状態が基本で、ここから話し合いを始めることになりますので、話し合いで理解を求めていく道はかなり険しいものとなります。

 普通に話し合うだけでも、まずはその人とある程度まで仲良くなり、最低限の信頼関係を築く必要があります。 まずは相手から好かれたり尊敬されるといった信頼関係を築かないことには、話を聞いてもらうことすら難しいでしょう。 自分がその話題に関する専門家であれば、相手もそれなりの敬意を示すことでしょうが、すべての話題の専門家になることも出来ませんので、相手から好かれるように心がけるのがよいでしょう。

 「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」という言葉があります。 これは仕事を教えるときの心得を説いたものです。 仕事だけでなく何事においても、普通の人の感覚としてこれと同じようなものだろうと思います。 誰かと話し、何かを伝えるということは、相手の頭に新しい情報を入れたり、相手の考え方を少し変えてもらうようという点では、仕事と同じような作業や目的があるとも言えます。

 接客業の女性であっても、5回はほめてからでないと説教話などはちゃんと聞いてくれないという話があります。 先に何かを注意した後では、いくらほめてもその後は話をちゃんと聞いてくれないそうです。 相手との関係性や知り合ってからの期間の長さなどでも変わってくるでしょうが、誰かに話を聞いてもらうことはそれくらい難しいことなのです。 この例からすると、特に女性の場合は、まずは仲良くならないことにはまともな話し合いにはならないようですから注意すべきでしょう。

 他には一般的に年をとるほど頭が固くなり、人の言うことに耳を傾けなくなる傾向があります。 高齢者に何かを伝えたり、考え方を変えさせるのはかなり難しくことです。 逆に若くなればなるほど頭が柔らかい傾向があるので、説得力のある内容であれば、理解されやすくなっています。


 一般論はさておき、集スト・テク犯の加害者について考えてみます。 サブタイトルにあるように、加害者を含め一般的には人は他の人から何かを言われても、すぐに罪を認めたがらない傾向があります。 罪を認めたがらないことは、加害行為の多くが悪いことではなく、むしろよいことだと思考誘導されて教え込まれていることが多いという裏事情もあるでしょう。 これは警察・公安・自衛隊・その他のカルト宗教など国家・軍事心理戦として意図的に心理操作をしていることが原因だとみられています。 心理戦で一般人を加害協力者に仕立て上げているような担当者自身も、善悪を歪め、道徳心を消し去るような洗脳教育を心理戦の一部として受けさせられているそうです。 彼らの善悪感情や道徳観はすでに歪んだものとなっていると考えておいたほうがよいでしょう。 善人にルールを説明するようなやり方ではうまくいかないでしょう。 恐らく、罪を認めない悪人を改心させるような話し合いとなることが多くなるでしょう。

 それでも加害者に話の内容が正しく伝わっていれば、加害者であっても後から態度を改める可能性はあります。 そのため、すぐに相手の言動を変化させることを目的と考えるのではなく、後から徐々に相手の態度を変えさせていくことを目的とした長期的な視野を持った話し合いを進めていくのがよいでしょう。

 直接話し合わなくても、周囲の人の家に防犯チラシをポスティングするだけでも、周囲の人たちは自分がやっていたことが迷惑な加害行為だったという事実を理解して、加害行為を控えるようになることが知られています。 これには成功例がいくつかありますので、特に話し合うほど仲がよくないような人たちへの対処としては、かなり有効な方法だと言えるでしょう。

 職場や学校などでインターネットが使える環境があれば、集団ストーカー関連の情報を検索し、自分のパソコン画面に表示させておくだけでも似たような効果が期待できるでしょう。

 ネットが使えず、ポスティングも出来ないという場合は、防犯チラシや集団ストーカー関連の本を自分の机やロッカーなどの見やすい置くという方法もあります。 一般的には告訴状の書き方など裁判関連の入門書や六法全書などを置いておくと、色々なハラスメントを未然に防ぎやすくなることが知られていますので、合わせて試してみるのもよいでしょう。 2017.12.1, 2018.1.13




加害者を思考停止に追い込む危険ワード


加害者を思考停止に追い込む危険ワード
 信用出来ない話や陰謀論扱いとして誤解されやすい言葉 2018.1.13




加害者は心を閉ざしやすい


微妙な加害者ごころ

 集団ストーカーやテクノロジー犯罪をうまく説明できない被害者が、加害者と交渉しても、理解を得ることは難しいでしょう。 それでもあきらめずに、色々なことを丁寧に説明していけば、ある程度までは理解してもらえる可能性はあります。

 相手はある程度の加害意識を持っているはずですから、被害者に非難されないような言い訳を考え、いわゆる理論武装して待ち構えているような場合もあります。 加害担当者は警察や防犯パトロールなどから、被害者に非難されたときのための言い訳を、あらかじめ教えられていることが知られています。

 どんなに凶悪に見える加害者であっても、法的には証拠を確保するまでは、容疑者のひとりにすぎませんので、あくまで相手の名誉を傷つけないように平和的な話し合いをすすめるのがよいでしょう。


 被害者のなかに家族を説得するのに一年くらいかかったとブログなどで告白している人がいます。 本来、味方であるはずの家族ですら、説得には一年という気の長い努力が必要だったそうです。

 物分りのよい相手であれば、もっと簡単に説得できそうに思えるかもしれません。 しかし、被害者の周囲にいる人たちは、加害勢力から監視情報などをもらいながら、加害勢力の風評工作や協力者作成工作などを受けていて、加害者にだまされて洗脳されてしまっている状態にありますので、誰を説得するのも一筋縄ではいきません。

 一般的に人が何かを信じたり判断する場合、多くの人は自分の体験や感覚で物事を判断しています。 また、理論については、その説を吟味するのではなく、その説を主張している人を信じられるかどうかといった、人物への評価をその判断の基準にしていることが多くなっています。

 普通の人は、そのような基準から物事を感性的に判断しています。 理論ではなく実体験や自分の感覚、あるいは信念やある種の主観的信仰、つまり相手を信じるか信じないかで、物事を判断していることが多いので、説得とはそもそも難しいものなのです。

 すでに洗脳されてしまっている周囲の人たちは、被害者をマイナス評価している状態にありますので、普通の状態での説得よりもさらに険しい道のりとなります。 これをゼロに戻し、さらには常識的に普通となるレベルに戻し、出来れば犯罪周知などの防犯活動をしているのだというプラス評価へ変更させるのが対話の目的となります。

 感覚的に被害を説明するには、加害者に被害を体験させればよいのでしょうが、それも難しいでしょうから、その人の人物評価や一般的な権威、立派な肩書きのある人などを利用して、加害者に信頼されている人物から説明してもらえればよいのですが、それも現実的にはなかなか難しい状態にあります。 集団ストーカーはテレビ・新聞など大手マスコミを使って強力な情報規制が行われているので、マスコミの情報も使い物になりません。

 メディアを使うのであれば携帯電話やスマートフォンでネットサイトを見せるか、集団ストーカー関連の書籍が出版されていますので、これを利用するとよいでしょう。


 また、加害者に説得が必要だという時点で、お互いの間には被害者と加害者という人間関係が成立している状態にあります。 こうなると、加害者はすでに加害者組織からマインドコントロールされ、精神的に支配された状態になっていますので、そう簡単には被害者の言うことは信じません。 加害勢力から警察などを経由して、秘密をもらすと法的に罰せられるなどといったおどしや口止めが行われていることもあります。 加害者は嘘が完全にばれしまった状態でも、嘘を認めないという態度をとることがありますが、背景にはこのような理由があります。

 理性的な相手であれば、論理的に説得しやすい部分もありますが、説得自体が犯罪者に罪を認めさせるような部分もありますので、加害者がその罪を理解していればいるほど、自分の犯行を認めるような可能性は低くなってしまいます。


 集スト・テク犯は嫌がらせ犯罪に他なりません。 被害者を悪人扱いし加害行為をいくら正当化してみても、加害者の多くは、自分が他人に圧力をかけ、他人の言動を変えさせようとしているということは理解していますので、罪悪感を感じていることもあります。 加害者はその罪悪感を否定するため自分の行為を肯定し正当化していますので、被害者が加害者の罪を暴き立てたり、加害者を否定し、非難するよう交渉は、なかなかうまくいかないのが現実です。 2016.4.16, 2017.12.2




方法的謝罪交渉


うまく説明できない場合は、とりあえず謝罪してもよい

 交渉が難しい相手との対話では、まず、謝ること、謝罪してしまうという方法があります。 これにはかたくなになっている相手の警戒心を解く効果が期待できます。 世間話などを交えながら、加害者個人を批判しているのではなく、犯罪システム自体を批判しているのだということが伝わっていけば、加害者も被害者の言葉に耳を傾けやすくなるでしょう。

 被害者は日ごろの恨みや苦しみから、加害者のことを悪質な凶悪犯と思い込みがちですが、そうとは決め付けずに、一人の人間として相手に接したほうが話し合いもスムーズに行いやすくなるでしょう。 警戒心の強そうな相手には、世間話などを重ねて十分に親しくなってから、集団ストーカー犯罪から離れた部分から少しづつ説明していき、相手の態度や理解度を考えながら長期的に説得していくとよいでしょう。

 会話自体が苦手だという人は、この際、一般的な会話のルールや会話がはずむコツなどをネットで調べて、会話のうまい人になれるような努力をしてみるのもよいでしょう。

 謝る理由がうまく見つからない場合は、何も理由を告げずに、とにかく謝るだけでも効果があります。 謝られ、精神的に優位に立った相手は、心を開きやすくなります。 相手を上から目線で責めるのではなく、謙虚に協力を求めるような態度をとるのがよいでしょう。 挨拶のような簡単な謝罪でも、話し合いや、会話・交渉を開始しやすくし、二度、三度と話し合いを続けることもやりやすくなります。 相手も自分への非難ではない、被害相談などであれば、話し合いに応じやすくなります。

 会話を続けていくためには、犯罪の話ばかりだと相手も飽きてしまい、心を閉ざしてしまうようなことにもなりかねませんので、相手の興味のある世間話なども徐々に増やしていくとよいでしょう。 集団ストーカーに限らず、犯罪の話というのは心理的なストレスが強いので、ストレスを緩和させるような話を増やしたほうが会話が続きやすくなります。

 これとは逆に、初めから相手を非難したり、否定したり、証拠を提示して罪を暴き立てるようなやり方で交渉すると、相手はすぐに話し合いに応じなくなってしまい、対話の窓口を閉ざしてしまいやすくなります。 そのため、交渉では、まず会話を続けある程度仲良くなって対話の窓口の確保し、継続的な交渉が続けられる状態を作ってから、少しずつ被害の実情や集スト・テク犯の問題を説明していくのがよいでしょう。

 世間話のようなものでも、会話さえ続けていければ、被害が改善できる可能性は格段に高まります。 少なくとも交渉している相手からの加害行為は大きく弱められることが期待できます。 誰であってもよく会話するような親しい間柄の人にはおかしな圧力はかけにくいものです。 2016.4.16, 2017.12.2




加害者との対話


加害者との対話
 具体的な和平交渉で主張すべき事柄




健全化が難しい被害加害者(テク犯被害者かつ加害者)


加害組織は内部管理にテクノロジー犯罪を使っている

 あまり知られていないようですが、加害組織は組織員などの加害実行犯をテクノロジー犯罪で痛みや不快感などを与えることで管理、支配しています。 創価学会がその代表で、創価学会の幹部はみな身内に病人や引きこもりの家族などを抱えていると元学会員が告白しています。

 被害加害者(※造語、自分もテクノロジー犯罪を受けている加害者)には、次のようなパターンがあるようです。 中にはいわゆる偽被害者(※2)としてブログや街宣など反集スト活動を行っている人もいるようです。

・創価学会の末端の会員
・創価学会から被害を受けているメーソンなど別のカルト組織メンバー
・右翼左翼などの活動家
・警察、公安、自衛隊、その他特務機関のメンバー

 話し合いによる彼らの健全化は特に難しくなることが予想されます。 話し合いを続けても理解が進まず、あまり被害軽減の効果もないような場合は、あまり深入りしないほうがよいでしょう。

 また、職業的な加害者である公安や自衛隊・その他の特務機関に属する工作員については、そもそも話し合い程度で健全化することはできないでしょうが、彼らはそもそも被害者の前にはほぼ現れませんので、話し合いの対象としては考えなくてよいでしょう。

< 参考 >
(※2) 若干の否定的な説も出ているサイトや個人
 公安・自衛隊・メーソン系カルトなどの工作員や偽被害者、プロ市民、集ストバランサーなどの疑惑(集スト・テク犯) 2017.12.2




お巡りさんを説得して健全化させよう


お巡りさんを説得して健全化させよう
 現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる




和平交渉の意義


社会が不正であると認識すれば問題は改善できる

 あらゆる人類社会に共通する、最も文化的で、最も有効な問題の対処法は、問題解決や事態の改善を目指した話し合いです。 話し合いはとても重要なことです。

 和平交渉、ここでは話し合いのことですが、これを行う意義は、相互理解を深めることと問題解決の契機を得ることにあるでしょう。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、とかく自分の被害ばかり主張しがちですが、加害者や加害協力者たちの意見を聞いてみれば、加害勢力の都合や加害行為の意図などがみてくるでしょう。

 それらがみえてくれば、いったい何が問題なのか、それではどうすべきなのかといった問題解決のきっかけを得ることができ、そのきっかけが解決に向けた次のステップへ活動を押し進めてくれることでしょう。

 実際には被害者と加害者は敵と見方に見事に分断されてしまっていますので、このような話は「言うに安く行うに難し」といったところが現状となるでしょう。 それでも加害者との会話を続け、理解を深め、信頼関係を築いていく中で、お互いにとってより望ましい答えに近付いていくことが出来るはずです。

 加害者との対話は、被害者にとっては辛く苦しいことだらけかもしれません。 それでも対話を続けていくことで、問題の突破口が見つかる可能性は大いに期待できます。 加害者や加害協力者といっても、相手も人間ですから、基本的なルールなどは分かり合えるはずです。

 現実的には、大声で悪口を言い返してくるだけで、まったく話し合いにならないような加害者もいることでしょう。 そういうひどい相手は仕方ありませんので、相手にする必要はないでしょうが、話し合いが出来そうな人というのも周りを探せば見つかるだろうと思います。 そこが自分の被害を軽減し、最後には問題全体を解決に向かわせるような突破口になる可能性もあります。

 被害者の人たちには、どうか話し合うことをあきらめないで欲しいと思います。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪はとてもひどい犯罪です。 しかしながら、人間の歴史は何度もひどい問題を乗り越えたという実績がありますので、今回のこのひどい犯罪も乗り越えていくことが出来るはずです。 歴史的な視野で考えれば、将来的にこの犯罪が解決は確実にやってくる未来の出来事と言ってよいでしょう。

 私たち被害者はその集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決される未来を、一日でも早く実現するために、日々被害と戦いながら、ブログや街宣などの活動を行っているとも言えます。 それらの活動の中で、より適切な相手とより有効な話し合いなどの和平交渉が行われるよう努力し、一日も早く平和を実現していきましょう。


 問題全体の解決のために行う和平交渉の具体的な目標のひとつに、政府やマスコミに、この犯罪をハラスメントの一種として定期的に警鐘を鳴らすような情報を発信させる、というのが考えられます。 さらには国連の会議で各国の首相が重大な人権問題として取り上げ、問題解決に努力していけるようにするというのが次の目標になるでしょうか。

 このどちらかが実現すれば、特に人的な被害などは一気に減少していくことでしょう。 これらの努力はかなり前から始まっていて、今では国連で被害を取り扱ってもらうための取り組みとして世界各国の17団体が連盟でG20サミットに嘆願書を送ったりしています(※3)。

 しかしながら、現実は、明らかな犯罪であるのに、政府やマスコミ、国連などが被害者の訴えを一切無視し、むしろ情報を隠蔽しようとしています。 これには裏事情があり、日本政府やマスコミ、国連系組織も、支配層(※4)など裏社会事情を考えると、主犯側の組織なのではないかとみられます。

 そのため実際にはあまり期待は持てませんが、それらの組織などがせめて一言でも被害について言及するのであれば、それは喜ばしいことです。 この犯罪は当てにならない組織にすら助けを求めなければならないようなひどい状況にあるとも言えます。

 しかし、たとえどんなにひどい状況にあるとしても、問題を解決するためには活動を続けていくしか道はありません。 問題解決を目指していく中で話し合いや、より大規模な勢力との和平交渉は、避けては通れませんので、今後はさらにその必要性や価値が高まっていくことでしょう。 2016.2.22, 2017.12.2


<参考>

(※3) 2017年、G20サミットへ嘆願書を送った世界17団体

(※4) 支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配
 下書きを読む前に(1)用の説明

(※4) 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判
 シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など

被害対策の優先順位概要
 対策をどう進めるべきか (1)話し合い

モビング・企業ストーカー対策
 和平交渉が有効 (2016/02/09)






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system