集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
行政・司法関連リンク 防犯関連の警察・公安・自衛隊や裁判所など

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > リンク >

行政・司法関連リンク

防犯関連の警察・公安・自衛隊や裁判所など

Polity_and_judicial_related_link, 2016/8/20, 2017/2/16

 暴力団や創価学会などは敵対者など不都合な人間に対して、できる攻撃はなんでもやります。 集団ストーカーもその攻撃のひとつとなっています。 しかし、それに協力するなど、主な集団ストーカーの主体となっているが警察・司法組織全体です。 警察組織が実行し、司法と協力して犯罪を隠蔽しています。

 日本全体としては、公務員のほぼすべてが共犯の鎖につながれた共犯関係にあります。 正しいことを言ったり、内部の不正を指摘するような公務員は排除されるという仕組みが、すでにできあがっています。 公務員全体としては、同じ人が長期間在職するせいで、特に人事が腐敗しやすくなっています。 人事が、能力主義や成果主義となるような制度にするか、人員削減などでの健全化が有効な改善策となるでしょう。

 自衛隊も治安維持名目で行われる集団ストーカーには協力していて、高度なテクノロジー犯罪機器は兵器に属しますので、自衛官や予備自衛官が実際には運用しているとみられています。 警察の出世コースには自衛隊への出向が含まれているなど、警察と自衛隊はたいへん結び付きの強い組織となっています。

 集スト警察犯人説については、元警察官が、集団ストーカーの犯人は警察で、集団ストーカーは警察の裏金作りだと名言しています。 このことは、もはや疑いようのない事実と考えなければいけません。 創価学会や暴力団などは警察の模倣犯ということになるでしょう。

 警察と司法さえ犯罪を行わずに、逆に取り締まることができるようになれば、他の警察・司法犯罪などと同じように、集団ストーカー問題も解決さるはずです。 残念ながら、現今のところは、特に警察組織全体が集団ストーカーの防犯利権を積極的に裏金作りに利用し、金儲けをしている状態にあります。 しかし、実際に犯罪が行われていて、その証拠が集まりつつありますので、時間はかかるかもしれませんが、将来的に問題が改善されることは間違いないでしょう。

 公安や警察で犯行を行っている個々の人間は、防犯利権のための奴隷作業員にすぎませんので、彼らのより上位にいる人間が健全化されていくにつれて、集スト被害も改善されていくでしょう。 2016.8.20


あまのはら ふりさけみれば
 3 公安の無秩序|あまのはら ふりさけみれば 2017/2/16

警察官の不祥事 ニュース一覧 - フレッシュアイニュース 2016.8.20

警察不祥事 - Wikipedia 2016.8.20

警察正常化協議会(警正協) 2016.8.20

大河原宗平のブログ 2016.8.20





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system