集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
人口削減計画 超富裕層の世界人口削減計画

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 >

人口削減計画

Population_reduction_plan, 2016.5.6, 2016.8.1

超富裕層の世界人口削減計画【作成中】


目次


概要

毒性の高い食品や添加物・配合物質が多すぎる
 食品や日用品・消耗品に潜む発がん性物質や避妊剤などの毒物

危険性実態調査

体に悪い食品など

体によい食品など

危険物質を体内に入れない生活の検討






危険性実態調査


・注意 危険性があっても違法ではない

 危険性とは、あくまで潜在的なガンのリスクや、食べたり使用する量や個人の体質などによっては危険性が高くなる、という意味です。

 そのためここで扱っているものはどれも違法食品などではなく、2016年、現在の日本では製造販売が合法的に許可されている合法的なものですので誤解しないようにしてください。

 ただし、特に製造・生産業者の人は、このような危険性が懸念されるものが、健康意識の高い消費者から、買ったり食べたりすることを意図的に避けられている、という事実を理解しておいてください。 業者のかたには、コスト削減などのため現状維持でいくのか、安全性の高い(危険性の低い)食品も平行して生産するか、といった選択肢があるということです。


 このようなことからサンプルとして、私たちの食品や日用品に、健康被害を受ける可能性がある危険がある物質が、どの程度含まれているか具体的に調査したデータを公開します。

 原材料の赤い太字が危険性が疑われるもので、黒い太字は要注意のもので場合によっては危険が疑われるようなものです。

 赤の太字だとすべて危険性が高いかのようなイメージを受ける人もいるかもしれませんが、用量・用法などを注意すれば危険性の低いものも含まれているので注意してください。

 ここにあげた食品や日用品がどの程度一般的なものかどうかはわかりませんが、おおまかな参考にはなるでしょう。 2016.7.11, 2016.7.14


・個々の物質の危険性

下に簡単な説明は載せていますが、詳細は食品添加物辞典などのサイトで説明されていますので、そちらで確認しくてださい。 同じことを説明しても


・略称

Na … ナトリム 2016.7.11


< THE ICE CREAM SHOP アーモンドコーヒー >

・原材料名

乳製品、コーン(卵、小麦含む)、砂糖、キャンディングアーモンド、チョコレートコーチング、水あめ、チョコレート、コーヒー、でん粉、寒天、ぶどう糖、グルコマンナン、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カラメル)、香料


・商品の主なデータ

種類別:アイスクリーム、無脂乳固形分7.0% 乳脂肪分8.0%、内容量:115ml、製造者:株式会社シャトレーゼ 白州工場 山梨県北杜市白洲町白須大原8383-1、販売者:株式会社シャトレーゼ 甲府市下曽根町3440-1 2016.7.14


< かき氷、メロン >

・原材料名

果糖ブドウ糖液等、はちみつ、食塩、甘味料(サッカリンNaステビア甘草)、<危険性チェックここから2016.7.14> 酸味料、保存料(安息香酸Na)、リン酸塩(Na)、香料、着色料(黄4、青1)


・商品の主なデータ

品名:氷蜜(清涼飲料水)、内容量:1800ml、製造元:株式会社ハニー、本社工場:宮崎市高岡町花見1720-5 2016.7.11


・感想

内容量1.8リットルの業務用シロップ、人工甘味料使用でかなりの甘いシロップです。 知らずに食べる分には美味しいシロップでした。 人工甘味料の危険性を知ってしまった後は、知識が邪魔したのかあまり美味しく感じないようになりました。 それ以来、食べるのを止めました。 2016.8.1


< マイシロップ いちご >

・原材料名

果糖ブドウ糖液等、香料、酸味料、紫イモ色素、紫コーン色素


・商品の主なデータ

品名:シロップ、内容量:350ml、販売者:株式会社 明治屋 MY 東京都中央区京橋2-2-8


・感想

ラベルに「植物由来の色素使用」と明示されているように安全意識の高いシロップとなっています。 食品の安全性を気にすると食べられるものが限られてきますので、これは比較的安全なありがたいシロップです。 昔ながらの味わいでした。 2016.8.1


< こんがり 板チョコモナカ バニラ >

・原材料名

チョコレートコーチング、乳製品、砂糖、モナカ(卵、小麦含む)、水あめ、植物油脂、食塩、でん粉、寒天、グルコマンナン、加工でん粉、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カラメル、アナトー、カロチノイゾ)、膨張剤


・商品の主なデータ

種類別:アイスミルク、無脂乳固形分8.0% 乳脂肪分3.0% 植物性脂肪分5.0%、内容量:105ml、製造者:株式会社シャトレーゼ 甲府市下曽根町3440-1(※販売者表記なし)


< ふんわりソフト バニラ&チョコ >

・原材料名

乳製品、コーン(卵、小麦含む)、砂糖、植物油脂、カカオマス、生乳、でん粉、寒天、グルコマンナン、加工でん粉、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カラメル、カルチノイゾ)、膨張剤、甘味料(ステビア


・商品の主なデータ

種類別:ラクトアイス、無脂乳固形分7.0% 植物性脂肪分7.0%、内容量:140ml、製造者:株式会社シャトレーゼ 白州工場 山梨県北杜市白洲町白須大原8383-1、販売者:株式会社シャトレーゼ 甲府市下曽根町3440-1 2016.7.14


< 危険性が疑われるもの簡単な説明 >


 危険度は、食品添加物に注意しましょう|一覧/毒性/テーブルなどを参考にしています。

甘草(カンゾウ)
 生薬でグリチルリチン酸を含んでいる。

グリチルリチン酸
 抗炎症作用のある副腎皮質ホルモン。 体内で鉱質コルチコイドというステロイドホルモンと類似の働きをする。 免疫抑制作用があるため使用には注意が必要となる。

サッカリンナトリム
 人口甘味料。 危険度4。
 子宮がんや膀胱がんなどの危険性があり、1973年、日本の厚生省から一時的に一般食品への使用を禁止されているほど危険性が高い。 禁止から8ヶ月後に禁止が解除されているが、これは金融マフィアの人口削減計画や食品・医療利権から日本政府へ圧力がかかったことが予想される。

ステビア
 人口甘味料。 やや危険。 発がん性と妊娠障害の危険。 2016.7.11






体に悪い食品など


 健康に気を使っている人は多いですから、調べれば色々と出てくるでしょうが、調査の過程で分かった役に立ちそうな情報を載せておきます。


牛乳、カゼインなど

 詳しく説明している人がたくさんいますので、詳細はそちらで確認してください。 そうとはいえ、ここでも簡単に説明しておきます。

 牛乳には色々なリスクがあることが分かってきた訳ですが、毒薬などではありませんので、飲む量や自分の健康状態などを注意すれば、好きで飲む分には問題ないでしょう。

 金融マフィア配下の機関ですから政治利用されたとみられますが、WHOが米(こめ)に発ガン性物質が含まれているなどと発表していたりもしています。 ごく微量に含まれる成分でも濃縮していけばガンの誘発が可能となってしまうのでしょう。

 次が牛乳を飲むリスクです。

 牛乳の主なタンパク質となっているカゼインが吸収しにくくガンや白血病の原因となりやすくなっています。

 牛乳のカルシウムは人には吸収しにくく胆石など結石にの原因になりやすくなっています。

 牛乳の乳糖も人には分解しにくく下痢を引き起こしやすくなっています。

 牛乳はもともと人の体にあったカルシウムを奪ってしまう作用があり、逆に骨を細くしてしまいます。 牛乳をよく飲む人には骨、大腿骨の骨折などのリスクが高くなっていることも知られています。

 また亜鉛不足の人が牛乳を飲み続けると糖尿病や味覚異常などを引き起こしやすくなります。

 牛乳は体に良い、というのは昔の話で、今は危険性の高い食品だということが客観的な調査ですでに分かっています。 人口甘味料もそうですが、お腹を下すとか、お腹がゆるくなるような食べ物は体によくない可能性があるとみてよいでしょう。

 酪農家や乳製品業界、牛乳関連産業にとってはこの情報は大変な死活問題となるレベルの事実ですから、必死に隠しているのでしょうか。 この情報は世間には広まっていません。 2016.8.6






体によい食品など


 健康に気を使っている人は多いですから、調べれば色々と出てくるでしょうが、調査の過程で分かった役に立ちそうな情報を載せておきます。


ガンを抑制する食品

 電磁波被害は最後の公害といわれているそうですが、電磁波やその他の強いストレスにさらされている集団ストーカーの被害者は特に注意が必要な病気のひとつです。

 現在の専門化などの調査によると、大豆・ニンニク・ショウガがガンを抑制するトップ3となっているそうです。






危険物質を体内に入れない生活の検討


 私たちの体内に危険物質が入り込むの原因は主に食品・日用品・医療の3つにあります。 大気汚染や海洋汚染、核爆発の放射能などの危険はありますが、これらは個人で対処するのは難しいですから社会的な対処が必要となりますので、ここでは考慮しません。




食品

 食品は口に入るものすべてのことです。 ハミガキ粉やうがい薬なども口に入れて使いますので、成分を口から吸収していますが、それぞれ日用品、医療品扱いとします。


 市販されている食品の多くには危険性が疑われる物質、添加物などが含まれていますので、なるべく摂取しないほうがよいでしょう。 市販されているものが食べられないと、食べるものがなくなってしまいますので、なるべく食べても危険が少なくなる食生活を考えてみました。

< 食品全般 >

 有機栽培や無農薬、有機原料などのものがよいでしょう。


< 食肉 >

 海外産の食肉、牛肉・豚肉・鶏肉などは、エサが海外の基準となっていて、食べさせられているエサの安全性が疑われるものがあります。 海外産よりも国内産のほうが若干安全ですが、完全に安全化どうかは疑わしいですから、食肉はできれば食べないほうがよいでしょう。

 現在、特に危険性がさけばれているのが、安い海外牛肉のエサに混ぜられている成長ホルモンです。 日本人の平均身長が年々高くなったり、女性が豊胸化していることなどから、日本人の体へも食品の成長ホルモンが影響しているのではないかと疑われています。

 成長ホルモンは成長期の子供や若者にはよいようにみえますが、成長ホルモンがあまり必要なくなった大人がとりつづけるとガン細胞の成長を促進させるような害があるのではないかとみられています。

 他に、現在、危険視されているのが、ブラジル産の鶏肉です。 これは以前はブラジルからアメリカへ輸出されていましたが、アメリカがブラジル産鶏肉の危険性から輸入規制したため、日本へ輸出されるようになったものです。

 日本の基準からするとかなり規制の緩いアメリカですら輸入を規制するほどですから、かなり高い危険性があることが疑われます。 これも成長ホルモンを過剰に与えている点も危険視される要因となっています。

 ブラジル産鶏肉は日本政府が規制をかけるようになることが予想されます。 その後はおそらく、中国や韓国、その他の途上国へ輸出されることになるでしょうが、ブラジル産鶏肉は世界中の国々にとって注意が必要となるのではないでしょうか。

 政治的な、裏の目論見としては、アメリカは発展中のBRICSの発展を抑止しようとしていますので、ブラジルの発展を抑止しようとする意味もあるのでしょう。


< 魚・魚介類 >

 養殖魚は食肉のように成長ホルモンが与えられている可能性がありますが、天然のものはおおむね成長ホルモンの危険性は低いでしょう。

 魚介類の危険性は、海洋汚染にあります。 人工地震説が説得力を高めつつある現在、海底で核兵器が使用されている可能性もかなり高いとみてよい状況となってきています。

 2016年にエクアドルで大地震がありましたが、その後も近隣のチリではイルカや他の魚などの海洋生物の死骸が大量に浜辺に打ち上げられるなど、海洋生物の不振死が起きています。 死骸には放射能などの調査は行われていないようですが、調査すれば危険性が明らかになるかもしれません。

 セシウムなどの放射能汚染を考えると、北半球よりも南半球の魚のほうが安全とみられているようです。 しかし、海の水は流れており、海流は循環していますので、南半球が必ずしも安全だとは言い切れないでしょう。

 安全性を考えると、魚介類も食べないほうが安全でしょう。


< 肉の代わりは納豆 >

 肉も魚も危ないので食べないとなると、栄養が片寄ってしまいます。 肉や魚の主な栄養素となるアミノ酸系の栄養素が不足してしまいます。 この不足を補うのには納豆がよいでしょう。

 納豆であれば有機栽培のものもありますので、かなり危険性の低いものが手に入るでしょう。

 あまり広まっていませんがアミノ酸を含む藻なども開発されつつありますので、肉の代用品となるかもしれません。


< 遺伝子組み換え食品 >

 遺伝子組み換えはそれ自体ではそれほど危険性が高まるとは言い切れません。 問題は安全性の検証があまり行われていないということと、遺伝子組み換え農作物を作っている米モンサント社などの評判が悪く信頼性が低いということです。

 モンサントという会社は軍産複合体で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤なども作っている会社です。 枯葉剤はベトナム戦争後に大量に余ってしまい、これが日本政府に売りつけられ、さらに日本各地に除草剤と混ぜてまかれたことが知られています。

 枯葉剤と一般の除草剤は1対1で混ぜられ山林に堂々と散布されたという証拠が出てきています。 枯葉剤が散布された当時は、地域の人々から「山の草は食べるな」と言われたほど山林を汚染してしまったそうです。

 山林では山菜やキノコなどがとれますし、ペットの犬を散歩させると草をかじったりしますので、山林にまいたのが発覚してしまったのでしょう。

 米モンサント社は世界的に悪名が高く、モンサント者の遺伝子組み換え食品などは特に強い警戒が必要となるでしょう。

 モンサントはケムトレイルやHAARPなどによる意図的な土壌汚染や気候変更で農家を赤字に追い込み、農地買収を続け会社を拡大してきたということも知られていますので、社会的にもコンプライアンス意識などの低さが懸念されます。

 これは現地のアメリカ人が世間に周知するため映像を作りDVDにしたり動画サイトで公開するなどしている内容ですから、なかり信頼できる情報ではないかとみられています。

 金融マフィアによる人口削減計画や医療利権の拡大などの目的から人々の体に毒を入れるという方法は常套手段になっているとみられますので、この点からも警戒が必要となります。 人口削減計画ではガン誘発や避妊化という方法がとられているとみられます。

 このようなことから遺伝子組み換え食品は全般的に危険性が疑われますので、おそらくこの先10年くらいは食べないほうが安全でしょう。 2016.7.5


< 安い食べ物のほうが危険性が高い >

 安い食べ物のほうが品質が悪くなるというのは当たり前の話ですが、質が悪いを通り越して、毒性が高くなるという危険性があります。

 牛・豚・鶏などの食肉でいえば、エサへの農薬や成長ホルモンの混入などが疑われますが、それ以外でも製造法に科学的な手法が導入されている食品があり危険性が疑われています。

>人工イクラなど








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system