集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
強制入院の防止策 入院に必要な家族の同意を拒否させる

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 > 精神病工作 >

強制入院の防止策

入院に必要な家族の同意を拒否させる

Preventive-measures-against-involuntary-hospitalization, 2017/8/2, 評価:★★★★

 強制入院となると、被害者が実際に病院に入院しベッドで生活するようなことになります。 そこには生活があり、被害者の世話は看護師や家族が行うことになります。 そのため、家族の支援が必要となりますので、強制入院時には家族の同意が必要なルールとなるのでしょう。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者などで、強制入院の危険性がある場合は、あらかじめ家族や入院してからの世話役となる身元引受人へ、強制入院に同意しないよう頼んでおくと、強制入院を防ぎやすくなります。

 相手はそもそも加害者であり、ほぼ犯罪者のような人たちが主導していますので、家族への強制入院の同意も、かなり強引に、しつこく要請してくるこでしょう。 そのため、家族や世話役となる人たちには、警察や病院に強引に同意を求められても、何が何でも断り続けるよう、あらかじめ頼んでおくとよいでしょう。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者が強制入院させられることはよくある被害で、それ自体が本来は違法行為なのだと、正しく説明しておけば同意を得やすくなることでしょう。

 言葉で説明しても強制入院の拒否に同意がえらえれない場合は、時間をかけて何度も説明し続けるような感情に訴えかける説得を続けるなど、それ以外の努力を続けるしかないでしょう。


 警察が身元引受人に同意を取るとき、警察は被害者と家族を引き離し、本人が何も説明できないような環境をつくるなど、かなり用意周到に計画を実行してきます。

 強制入院にはほかにも色々な手続きが必要で、流れとしては次のようになります。

警察への通報などによる警察の関与

被害者に危険性があるという警察の判断

警察による被害者の任意同行や強制連行

被害者が精神病であるという精神科医の診断

入院への家族など身元引受人の同意

被害者の同意なき入院

 このような流れの中では、被害者の言動は、錯乱状態や精神異常などの理由で、警察からすべて否定されてしまう可能性があります。 そのため、強制入院で唯一被害者の味方になりうるのが家族や身元引受人となるのです。

 警察の横暴な捜査や、密室での不正な書類作成は、今の日本では日常的に横行していますので、それ自体を防ぐのはかなり難しいでしょう。 被害者を守るには家族の協力が重要となります。


< 参考 >
ただいま。。。 ( 事件 ) - 長年政官民が共謀し、正義・愛国・国益の名で国と弱い人達を食い物に - Yahoo!ブログ



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system