集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
全日本集スト被害者連合(仮)設立の提唱 社会的、法的対処のための被害者団結案

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


個別分析 被害者の団結 >

全日本集スト被害者連合(仮)設立の提唱 【作成中】

Proposal_of_union_of_gang_stalking_victim, 2016.3.9

社会的、法的対処のための被害者団結案


目次


団結の呼びかけ … 日本全国の被害者の相互補助体制の確立

集団ストーカー・強制尾行犯罪の概要 … 無慈悲な嫌がらせにひそむ在日利権ネットワークの影

団結の意義 … 社会的な解決力の向上

デモ活動などの効率化 … 各団体の動員協力体制の確立など

議論・情報共有 … 被害や目標などの議論や用語・概念の統一、アンケートなど

法制化の根拠となる歴史をまとめる … 集スト・強制尾行関連事件の情報を整理する

国連や海外の集団ストーカー会議への対処 … 受け付け窓口や会議に出席する代表者の選定など

工作員への対処 … 工作員を恐れては何もできない、分散型の運営が妥当か

音声化による情報共有 … ブログ・動画サイトなどの価値のある情報を音声化し共有する

動画サイト活用 … 価値のあるサイト情報を文字と音声で周知

組織の構成案 … 都道府県別や活動内容別の担当割り振り

自殺・事故・冤罪・犯罪などの誘発対策 … 被害者が犯罪者扱いされることを防ぐ

具体的な団結への展望




団結の呼びかけ … 日本全国の被害者の相互補助体制の確立


 すでに多くの被害者団体があり、ネットサイトでも集スト・テク犯全国被害者のようなサイトがあることからも分かるように、被害者が協力し合い団結することの重要性や必要性は、多くの人が訴えていることでしょう。 これらをもう一歩進めて、日本全国の被害者が団結することができるようになれば、被害の解決のためのより大きな原動力となることでしょう。

 すでに同じような団結の呼びかけや、それを実現しつつある団体がある場合は、そちらに協力するのもよいでしょう。 全国組織にあたるものがない、あるいは知らない場合は、被害者の団結に向けて、この記事などを有効活用して、全国の被害者の力がひとつになるよう協力してほしいと考えています。 (2016/03/09)




集団ストーカー・強制尾行犯罪の概要 … 無慈悲な嫌がらせにひそむ在日利権ネットワークの影






団結の意義 … 社会的な解決力の向上


 集スト・強制尾行犯罪やその被害を政府や警察に報告しよう、とは被害者の誰もが思うことですが、これはすでに行われています。 テク反ネットの陳情や各被害者団体のデモ活動などによって、日本政府や各都道府県の自治体、警察庁、各都道府県の警察署も集スト・強制尾行被害をすでに把握しています。 それにもかかわらず政府も警察も見て見ぬ振りをしているのが、残念ながら集スト・強制尾行被害の現状です。 政府や警察を動かすには、社会的により強く大きな力が必要となります。 そのためにより多くの被害者が団結する必要があります。 (2016/03/09)




デモ活動などの効率化 … 各団体の動員協力体制の確立など





議論・情報共有 … 被害や目標などの議論や用語・概念の統一、アンケートなど


 まずはヘイトスピーチをさけるべきでしょう。 犯罪者への怒りや不満があることは理解できますが、誹謗中傷や感情的な表現と情報周知・議論などは違うものです。 怒りや不満の表現は各自のブログ・ツィッターなどのSNSなどを利用してもらうべきです。 ヘイトスピーチは理論や議論などの情報の価値を大きく下げてしまいます。 ヘイトスピーチのようなものは誹謗中傷であるとして、一言で否定されてしまいます。

 全体としては、ヘイトスピーチにおちいらないように注意しながら、被害の現状を分析し、対策を検討し、実行に移す、そしてその結果を評価・判定し、またこれを繰り返す、というような一般的な問題対処法で説明されているような方法をとればよいでしょう。

 具体的には、副題にあるように、用語や概念をまとめて、次なる目標を検討したり、定期的にアンケート調査を行い、被害状況を確認できればよいでしょう。 (2016/03/09)




法制化の根拠となる歴史をまとめる … 集スト・強制尾行関連事件の情報を整理する






国連や海外の集団ストーカー会議への対処 … 受け付け窓口や会議に出席する代表者の選定など






工作員への対処 … 工作員を恐れては何もできない、分散型の運営が妥当か






音声化による情報共有 … ブログ・動画サイトなどの価値のある情報を音声化し共有する






動画サイト活用 … 価値のあるサイト情報を文字と音声で周知






組織の構成案 … 都道府県別や活動内容別の担当割り振り






自殺・事故・冤罪・犯罪などの誘発対策 … 被害者が犯罪者扱いされることを防ぐ


 被害者を犯罪から守ることは重要な活動となることでしょう。 現在、集スト・強制尾行関連で報道されるのは、被害者が犯罪者として扱われる場合がほとんどです。 マスコミにも強い影響力をもつ犯罪組織は、集スト被害者を、被害者ではなく加害者、犯罪者として扱い、そのイメージが悪化するよう世論を誘導しようとしています。

 集スト・強制尾行犯罪組織は、何十年も前から、集スト被害者を精神病者扱いすることで、犯行を隠蔽してきました。 それが、現在にいたってはネット上ですでに論破され、限界に近付いていると感じているのかもしれません。

 2015年には淡路島5人殺害事件が起こりましたが、これも集団ストーカー被害者が、犯罪者の遠隔テクノロジー犯罪によって思考誘導されたことで起こった可能性が非常に高いです。 容疑者は集スト被害を受けていたことをSNSなどで告白しており、事件の起こる前に、「やられる前にやれ」といったような声が聞こえたと告白しています。 これは神の声作戦などとして利用される、遠隔テクノロジーによる音声送信の被害を受けていた可能性が疑われます。

 一般的に集スト被害者は精神的にも肉体的にも限界まで追い詰められていることが多く、この心身ともに極限状態となっている状態では、自殺や事故・犯罪などの事態を引き起こしてしまう危険が高くなります。 そのため、この対処法を検討することは重要な活動となることでしょう。




具体的な団結への展望


 集スト・強制尾行の被害者は、監視と嫌がらせをセットにした被害を受けています。 そのため、秘密を隠すようなことは大変難しい状況へ追い込まれています。 この状況では、被害者だけの非公開通信やプライベートネットワークを形成すること難しくなります。 いくらパスワードでロックした非公開サイトを作っても、ラインアプリのような非公開SNSを利用しても、犯罪者からその存在を隠したり、工作から情報を守るようなことは、おそらくできないことでしょう。

 情報を守ることができないとなると、どうすべきか、というと、公開した状態で情報交換するような形をとるしかないでしょう。 より多くの人の意見を取り入れることを考えるとウィキスタイルのサイトをひとつ作れば、それで実現できることでしょう。

 加害者工作員による情報の削除や変更は、常に行われる危険がありますので、サイトに提供する情報は、各自がUSBメモリなどローカル環境に保存しておくとよいでしょう。 こうしておけば工作員が何度、情報を書き換えようとも、何度でも情報を復元することができるようになります。 工作員はパスワードを盗んだうえでのネットサイトの不正アクセスを行うことになりますので、警視庁サイバー犯罪対策課などに捜査を依頼することで被害の改善も見込めます。 もしも、サイバー犯罪対策課が不正アクセスに対処しなければ、この課は能力の低い、役に立たない組織ということになりますので無視することはできないでしょう。

 さらにミラーサイトを作ったり、サイトを丸ごとバックアップできりょうなサービスを利用する方法もあります。

 団体の活動としては、会員に負担がかからないように当面は、有志のボランティアで活動し、具体的な活動内容に応じて募金を募るようなかたちがよいのではないでしょうか。 入会にあたることは、こちらも当面はメールアドレスをメーリングリストに登録するくらいの弱いつながりでよいでしょう。 会員数が把握できれば、被害者、関係者の人数が分かりますので、これだけでも大きな前進と言えるでしょう。

 被害者の情報共有ができるようになれば、被害の歴史や対策法なども周知しやすくなり、問題の解決に向けた大きな力となることでしょう。 団結の過程では、また新しい問題が発生することでしょうが、人の痛みを知る集スト・強制尾行犯罪の被害者であれば、それらの問題も団結し乗り越えることができるはずです。 (2016/03/09)




to kenken

https://www.youtube.com/watch?v=Os5ZCcf-DuQ&index=1023&list=PLVl_AWZSVYM0RFv10dHt1DXvzGPBFsGxh





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system