集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
おすすめサイト

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > リンク >

おすすめサイト

Recommended_site, 2015/12/14, 2017/4/15

< 目次 >

おすすめサイトについて

おすすめサイト

QA、掲示板などの検索サイト

まとめサイト

若干の否定的な説も出ているサイトや個人







おすすめサイトについて


おすすめサイトについて






おすすめサイト


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題が解決するまで、どのサイトがより正しかったのか判断できませんが、現状で問題の真相に迫り、被害軽減などにつながるであろうサイトを集めています。

 裏社会情報では敵対勢力への批判の中に真実が含まれていることが多い、とはベンジャミン・フルフォードさんの言葉ですが、これは集ストの世界でも同じでしょう。 偽被害者や加害者勢力のほうが持っている情報量は多くなっていますから、情報源としては無視でないものもあります。 逆に私を含め被害者だからといって、すべての理解や分析が正しい訳でもありませんので、情報は是々非々で判断し、ときには判断を保留とするような冷静な対応をとっていくべきでしょう。 2017/3/15


セルフコントロール - NO LOVE, NO TEAM
  集スト被害者にも役立つ、スポーツ向けのメンタルヘルスや体調管理法など。

 集ストは心理戦によって思考や行動を誘導する洗脳系犯罪から開始されます。 まずは心を落ち着かせ、しっかりとした気持ちをで対処していきましょう。 2016/9/19, 2017/3/15

集団ストーカー教程
 [転載 分析 批判] 集スト問題を体系的に説明しているサイトの中で最も優れたサイトのひとつ。 掲示板のコメントや拍手は意図的に削除されている模様。 投稿自体も削除される恐れがあるので早めに確認しておきたい名推理。 2016/10/30, 2017/3/15

集団ストーカー教程のつづき
 [転載 分析 批判] サイト更新は停止中でもK24さんは健在、当サイトがつづきを若干サポート中 2016/11/15, 2017/3/12

ウォーカーのブログ
 [情報収集 分析 まとめ] 冷静な調査分析で集ストや背後関係など周辺分野も幅広くカバー。 被害者がおろそかにしがちな客観性において特に優れたサイト。
 まとめ - 一覧
 集団ストーカー - 一覧
 集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト
  リンク集 2017/1/23, 2017/3/15

目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
 [街宣活動 分析 批判] 智勇兼備の戦う活動家リラックスさんのブログ。 宗教や政治などについては諸説あっても、集スト問題では真相に向かって進んでいるはず。 2017/3/13, 2017/3/15

撲滅、集団ストーカー対策マニュアル(Ver.1.03)目次付与版はこちら
 [批判 分析 大規模被害報告] 体系的な分析や数多くの被害証言を集めたサイト。 2015/12/14, 2016/11/10

集団ストーカー.info
 [大規模分析 犯罪手法データベース] 集ストの人為的な部分を扱っているサイトの中で最も優れたサイトのひとつ

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)
~ 疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング情報サイト ~

 [精神医療 裁判 分析] 集スト全体の分析や音波系被害と対策、裁判の説明など 2016.1.12

きまぐれファイル
 [(上級者向け)批判 分析 憑依型思考盗聴] 感想 2015.12.14

CourseK2011 さんのチャンネル内、おすすめ動画リスト
 [動画 批判 分析 資料] 2015.12.14

被害対策研究 STOP Mind Control - ( STOPマインドコントロール ) 2015.12.14
 主にマインドコントロール被害について ―電磁波等による犯罪― 2017/3/15
 電磁波等による犯罪のトリック・情報・他 2017/3/15
 被害記録 2009(平成21)年8月 2017/3/15
 電磁波等による犯罪の科学技術の要点 2017/3/15
 関連記事 2015.12.14

私が海外逃亡した理由!!(集団ストーカー被害史) CourseK 被害オヤジ
 [批判 分析] 2015.12.14

いい加減に集団ストーカー及びテクノロジー犯罪を止めやがれ
(旧・戦え!集団ストーカー被害者)

 [批判 分析] 2015.12.14

思考盗聴の技術
 [技術 思考盗聴] 説明 2015.12.14

集団ストーカー辞典
 [全般 資料] 初心者にも分かりやすいサイト 2016.4.17

私は隠れ癌患者
 [官僚 公安 検察 原発 癌 集スト] 日本の真の闇となっている官僚組織と、官僚が公安や検察を使って行う警察の秘密活動、さらに集ストや原発問題などを分析。 2017/1/25






QA、掲示板などの検索サイト


 これらのサイトでは一般の人から専門家、場合によっては加害者側の意見など幅広い情報を得ることができます。 ただし、ネット工作員による犯罪隠蔽や思考誘導も行われやすくなっているので注意して使いましょう。

 リンクは「集団ストーカー」という単語の検索結果になっています。 ほかにも関連する単語である、テクノロジー犯罪、電磁波、電波、EMP、BMI、洗脳、マインドコントロール、創価学会、統一教会、公安、自衛隊、CIA、ユダヤ資本、シオニストなどでの検索もおすすめです。

 Twitter検索もやYouTube検索・おすすめ欄もよい情報源になります。 2016/10/29, 2017/3/23


「集団ストーカー」の検索結果(Q&A) - Yahoo!知恵袋
 [QA 分析 被害報告] 2016.10.29

「集団ストーカー」の検索結果(知恵ノート) - Yahoo!知恵袋
 [分析 被害報告] 2016.10.29

「集団ストーカー」の検索結果 - ★阿修羅♪掲示板
 すべての虚構を暴き、真実に到達しようとしている| グ速
 [掲示板検索 世論 被害報告 裏社会] 2016/11/15

「集団ストーカー」のスレッド検索 | ログ速
 [掲示板検索 世論 被害報告] 2015.12.14

[集団ストーカー]についての検索結果 | 教えて!goo
 [QA 分析 被害報告] 集スト・テク犯の隠蔽工作が特に多いようなので注意 2017/2/2






まとめサイト


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者のかたたちがブログなどで書こうとしている内容のほとんどは、まとめサイトで、おそらくすでに扱われていることが多いだろうと思います。 問題解決や内容の重複を防ぐため、まずはまとめサイトで確認しておくのがおすすめです。

 「おすすめサイト」と重複しますが、ここでは問題全体を抽象的にまとめているサイトを紹介しています。

 何が正しい情報なのかということは、最終的には本人が知識や理解を深めていくなかで判断していかないといけません。 まとめサイトは問題に取り組んできた人たちの分析の前例として、私たち被害者の問題への理解を助ける有効な情報源となるでしょう。

 個々のブログもネット検索次第ではよい情報源になりますが、どちらかというと個々の事例について扱っていることが多くなっていますので、より正しい認識にいたるにはまとめサイトを頼るのが近道になるでしょう。

 各サイトで説明が省略されているものは、「おすすめサイト」のほうに説明があります。 2017/3/13, 2017/3/14


集団ストーカー教程 2017/3/13

集団ストーカー教程のつづき

まとめ|ウォーカーのブログ
 ウォーカーさんのまとめ情報はおそらくここに集約されるはず、電子書籍用としてまとめ中なのでそちらに変更される可能性もあり 2017/3/13

集団ストーカー.info 2017/3/13

撲滅、集団ストーカー対策マニュアル(Ver.1.03)目次付与版はこちら

大人のいじめ 社会のいじめ 日本の現実 - GasLighting | @wiki
 更新停止中でなければ今後の更新に期待 2017/4/15

集団ストーカー まとめ wiki
 当サイト管理人が運営している情報集約先の候補 2016/1/9, 2017/3/13

凶悪な組織的ストーキング犯罪と電磁波犯罪まとめ@wiki
 ※以前は当サイトからも投稿していたが現在は停止してwikiサイトへ移行中 2016/1/9, 2017/3/14






若干の否定的な説も出ているサイトや個人(作成中)


偽被害者、工作員、プロ市民、圧力団体、スパイなど
 数ではフリーメーソン、在日勢力が多いはず

 一見すると真面目そうなサイトに見えても、その裏では集団ストーカー犯罪や創価学会・警察犯罪の隠蔽や思考誘導を目的としている可能性があるサイトがあります。 それらのサイトを運営している人には、だまそうとしている人のほかに、彼らに本当にだまされて勘違いしている人がいますが、怪しげなサイトを調べると、実際の比率では、だまそうとしてる人のサイトのほうが多くなっているようです。 簡単にだまされてしまうような被害者の人たちは、そもそも自分たちではブログなどを書いていないということかもしれません。

 偽被害者や工作員などがサイトを作る目的は、被害者の不満の捌け口にするというガス抜きではないかという説があります。 有名陰謀論者が政府や裁判所の批判をしきりに行うのと同じで、真の被害者が団結して活動するのを抑えるという意図があるのではないかということです。

 日本で市民監視を継続的に行える組織、監視を続けても利益が出る組織は公安と自衛隊くらいですから、集団ストーカー犯罪も特に公安警察に強い疑いがかかっています。 日本では表の警備警察と裏の公安警察が同じ警察署で管理されていますので、一市民であっても電話や特にFAXが効果的ですが、公安に対しても直接苦情が言える環境にあります。 公安が被害者からのFAXを本当に読むのかは分かりませんが、警察の受付窓口の担当者は内容を確認することでしょう。 FAXさらに周辺の役所や消防署などに定期的に送られるようなことのほうが公安にとってはイメージダウンなどダメージが大きくなることでしょう。 創価学会を犯人にすることなどで、これらをさせないというのが大きな目的となっているのかもしれません。 2017/4/6


 偽被害者や工作員ブログやコメントなどを見分けるポイントは、具体的には、犯罪被害の隠蔽(被害は防げないと強く主張するなど)、過度な被害体験の告白、信頼関係のない相手への被害相談、会って相談したいなどの会談の誘い、団体や組織への勧誘、簡単に相手を馬鹿にしたり見下した態度をとる、などがあります。 彼らは同情を誘ったり仲間意識を作ろうとしたりしながら信頼を得て、犯罪を隠蔽するなどの思考誘導を行おうとしてきます。 それらの詐欺行為がうまくいかないとすぐに人を馬鹿にしたりと態度を豹変させる傾向があります。

 細かい理屈や分析が苦手な被害者のかたは、自分を含めた被害者を見下したり馬鹿にした態度をとっている人が加害者側の偽被害者や工作員だと考えておけば、おおむね合っているはずです。 集団ストーカーにおける被害者と加害者の実力差は圧倒的ですから、犯罪者として自覚のあるほぼすべての加害者は、被害者のことを取るに足らない弱者だと判断しています。 実際に見分けるのは簡単です。

 ちなみに犯罪者としての自覚の少ない加害者は、不安そうな態度や少し自信のなさそうな態度をとる傾向があります。 これは被害者のことを凶悪犯や危険人物だなどという嘘を、本当の加害者から言われて、それを信じ込んでしまっているからだとみられています。 加害者のほうが、被害者よりも相手を恐れてしまっている状態にあるということです。

 日頃から理由のない被害に苦しめられている被害者であれば、人の心の痛みはよく理解できているでしょうから、相手に対して、馬鹿にしたり冷たい態度をとるというのはそもそも不自然です。 自然と必要以上に優しい態度をとってしまうのが集団ストーカー被害者の性というものでしょう。

 主張全体としては、集団ストーカーの実行犯と疑われる創価学会、警察、公安、自衛隊など、主犯となる官僚・政府・政党、さらには背後で影響力を持つとみられるフリーメーソン・イルミナティその他のカルト団体や朝鮮やユダヤ系企業など、CIA・NSAなどの海外諜報機関などを擁護、またはそれらの組織へ責任転嫁している、などの点があげられます。

 おおむねこれらが判断材料になりますが、これらの一部は批判するがほかは批判しないなどの巧妙な隠し方をしているような場合もありますので、その判断は難しい部分もあります。

 私たち被害者からみると、加害組織は結託している同じグループのようにみえますが、実際には別々の組織が連携していて、それぞれの組織は仲がよかったり、悪かったりします。 そのため創価学会や在日勢力・フリーメーソンなどを非難しているからといっても、本当は加害グループ同士が非難しあっているような場合もあります。 また、加害グループの内部にも集団ストーカー被害者はいますので、加害組織を擁護しつつも、部分的に非難しているような場合もあります。

 ネット情報も最終的には人が書いているものですから、一部の文章だけを抜き出して判断するのではなく、できればその人と直接会って判断するのがよいでしょう。 会うほどまでは興味がないという場合は、偽被害者の可能性もあるということを考慮しつつも、判断を保留にしておくのが、客観的で公正な態度となるでしょう。


 基本的には、誰かが偽被害者や工作員、プロ市民、公安、自衛隊、創価学会であるとか、ネット上のコンテンツがそういう人たちによる偽サイトや犯罪・誘導コメントであるといった主張は、それ自体がそういった加害者側の人間の利益となる言動だという事実を、まず初めに理解しておかなければなりません。

 偽被害者という考え方、概念自体は、初めは単なる偽者の被害者を表していたことでしょう。しかし、次第に変化して今では、加害者同士の争いや分断を目的として意図的に使われるようになっています。 本当の偽被害者についての正しい情報を教えてくれる人もいますが、偽被害者についてしつこく説明してくるような人というのは、加害者側の人間である可能性を念頭において対応をとるようにしなければなりません。

 被害者をだますというのが集団ストーカーの心理作戦の基本です。集団ストーカー加害者のしていることは、全体的にみると、被害者をどれだけうまくだましてコントロールできるか毎日試しているという面もあるのです。

 被害者が日常的に受けているノイズキャンペーンも、音を聞かせるだけで、その原因となることが起こっていると錯覚させるという方法が使われています。本当はにその音の原因となる人や乗り物は存在しないのに、あたかも人や乗り物などからその音が出ていると誤解させることで、監視圧力などを与え、不安感や緊張感などを意図的に引き起こしているのです。被害者の対応としては、まずは不安感や緊張感を起こさないように心を落ち着かせリラックスした状態を保つように心がけるのがよいでしょう。慣れれば物音で心を乱されるようなことはほとんどなくなり、常に落ち着いた状態で生活することもできるようになります。

 ノイズキャンペーンに使われる音はマイクロ派による遠隔テクノロジーを悪用したもので実際には何も起きていない状態で音だけを聞かせるという仕組みになっています。 それでも元となる音は、実際に現実に出た音を録音して使っていますので、とてもリアルな音となっています。 近頃では音量や聞こえてくる方向などもかなりリアルに再現されているため、ベテランの被害者でも音を聞いただけでは本当の音か偽の音か区別するのが難しくなっています。 また、この音には実際にその周辺で聞こえることのある音でよく耳にする音が利用されています。 そのため、音が聞こえるだけの嘘のノイズキャンペーンだと決め付けていると、たまに本当に出ていた音で驚かされるようなこともありますので注意しましょう。

 これらに注意して対応できれば、偽被害者とやり取りをすることも、犯罪解決につながる有効な情報源ともなりますので、偽被害者とのコミュニケーションも無駄ということはないでしょう。

 (実際には、本当の偽被害者は過剰な偽被害者情報やおだてるなどの被害者からの信用創造行為、その他の犯罪隠蔽を目的としたような思考誘導を行い続けてきますので、時間をかけたわりにはあまりよい情報を得られるということは少なくなっています。 それでも加害者側の雰囲気、行動や思考パターンを分析するには役に立つでしょう。
 ここであげているサイトにはどれも有益な情報も含まれていますので、必ずしも悪意のあるサイトとは断定できませんが、もしかすると、たとえば加害勢力にアカウントを乗っ取られたり、暴力的あるいは経済的におどされるなどして、本人の意思に反した内容が掲載されているという可能性もないとはいえないでしょう。 フリーメーソンなどはあらゆる社会層に入り込み、人々をだまそうとしていますので、被害者のふりをするのも得意かもしれませんので、これはこれで注意が必要となりますが。

 これらのサイトの内容はおおむね正しいだろうと思われますが、万が一ということもあります。 それぞれの内容にごとに本当に正しい情報なのか、思考誘導のための嘘なのかなど、閲覧者となるみなさんが各自注意しておくにこしたことはないでしょう。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪についてある程度以上の知識や判断力を身につければ、自然と判断できるようになるのもかもしれません。

 また本人ではなく、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害勢力が、こういった有望な活動家の活動を妨害したり、被害者同士を争わせるような分断工作を行っているという可能性もあります。 工作員からの嘘や誘導にもだまされないように注意する必要があります。

 さらに著者本人の知識が比較的浅い頃の古い内容のものが、修正されずそのまま残り、批判の対象となっていることもあります。 木を見て森を見ず、と言いますが、一部分だけを批判して、その人のすべてを否定しようとするような加害工作員の罠にかからないようにも注意しなくてはなりません。


 懸念される内容についてですが、テクノロジー犯罪という言葉自体には、集団ストーカーの人為的な部分へ疑惑がかかるのを避ける意図が、また、自衛隊犯人説は創価学会や警察へ疑惑がかかるのを避ける意図が、それぞれあるのではないかと懸念されています。

 集団ストーカーの人為的な部分を強く否定したり、創価学会犯人説を強く否定している、あるいは以前からよく行われている被害者を妄想にとらわれている、または統合失調症などの精神病だと誘導するようなサイトには、これらの懸念が生じます。

 このようなサイトには背後で、創価学会などの在日勢力や警察が支援している、あるいは直接行っている隠蔽工作である可能性があります。

 ネット情報の量は膨大ですから、マイナーなブログなどについては調査が進んでいないのが現状です。

 繰り返しになりますが、集団ストーカーの隠蔽、創価・警察擁護、精神病への誘導、その他の加害者側に都合のよい思考誘導などが行われている情報は、加害勢力の工作である可能性がありますので注意しましょう。

 特に被害者団体などには、被害者の他に、創価学会員や公安警察など加害勢力の工作員が2割から3割程度はまぎれ込んでいるとみられています。 そのため被害者団体など集団から出される情報には、それぞれの情報ごとに冷静な判断を行う必要があります。

 これを書いている私自身も、あれはプロ市民だとか、右翼だ、左翼だ、などと言われているのかもしれませんが、ネット上の文章から受ける印象と、実際に会ったり、ネット上でやりとりしたときの印象は、かなり異なっていることがあります。

 そもそも集団ストーカー・テクノロジー犯罪を考え出し、実行しているような人間は詐欺師といういうべき卑怯な人間の集まりといってよいでしょう。

 詐欺師というのは人を信用させてからだましますので、疑い始めればきりがありません。 被害者すらも疑うという、疑心暗鬼を起こさせることが、加害者側の目的なのかもしれません。

 中国の古代の兵法、孫子などが使っていた離間の計というのがあります。 今でも創価学会系の組織が離間しろなどというふうに使っているのが、集団ストーカー被害者の間でも有名になっています。

 離間とは仲間割れや仲たがいを誘発する計略・策略などのことですが、集団ストーカー活動家同士に対しても行われています。 そのひとつがここで扱っている、否定的な意見の出ているサイトに対しても行われている可能性があります。

 たとえば、偽被害者として有名となった加害者が、純粋な活動家サイトへ、仲間であることをほのめかすコメントなどを書き込みすることで、偽被害者の仲間と誤解させるような方法が使われています。 私たちはこのあたりも注意していかなければなりません。

 百聞は一見にしかず、と言いますが、ネット情報だけでその人のすべてを判断するというのは危ない部分もあります。 そのため、真相については、最終的には、みなさんがご自身の目で確かめるしかないでしょう。 特に会うほどは気にならないという人は、私の説明しているような懸念も存在するということを心に留めておき、いろいろな被害を未然に防げるようにしてほしいと思います。 2016/12/15, 2017/3/11


< メモ >

< 対策の基本、ネット上の被害者の9割は偽者という説も >

 初めて被害者ブログにコメント送る場合、このサイトの管理人である私であっても、相手からは怪しまれているだろうな、と思いながらコメントを送っています。 世の中には良い人もいるでしょうが、その人が偶然自分のネットアカウントを見つけてコメントをくれる、ということは、実際にはそれほどは起こらないでしょう。 最初は偽被害者や工作員ではないかと怪しまれながらも、徐々に信頼関係を築き上げていくというのが自然な人と人との関係と言えるでしょう。 知らない人を警戒するのは、相手が人である以上は、ネット社会でも一般社会でも同じことです。 小さな子供へのしつけではありませんが、ネット世界でも、知らない人にはまずは警戒するという習慣を身に着けておいたほうがよいでしょう。 ネット検索で上位になっているような集団ストーカー世界の有名サイト・ブログなどであっても、それが偽被害者である可能性は十分にあります。


< 偽被害者・加害者の特徴(対話での) >

●現状維持型の被害者、集団ストーカー問題の解決を目指した活動を進めていない、または同じ活動で満足している被害者

 街宣活動、ポスティング、ネットでの情報周知などは問題解決に向けた活動としては王道であり、有意義な活動ではありますが、その成果についてあまり関心を示していないような人は、その活動の目的が問題の解決ではなく、被害者としての信頼作りにあるような可能性も疑われます。 集団ストーカー、特にテクノロジー犯罪の技術は日々進歩していますので、少なくともこれに注目し対処法などを考えようとするのが被害者の自然な姿でしょう。 問題解決に向けて常に前に進む、というのも難しいのでしょうが、ひとつの方法に効果がなければ別の方法を試そうとするというのが、常識的な人間のごく普通な考え方でしょう。

●自分が重度の被害者だと主張する

 偽被害者が最初に行う安易な信用作りです。 偽被害者は、痛みや睡眠妨害で何もできない、殺されそうだ、など自分がひどい被害にあっていると主張する傾向があります。 実際にそのような被害を受けている人もいますが、とりあえず重度の被害者であると主張したり、それらを安易にアピールしてくる傾向があります。 通常の被害者は問題の解決を目指して活動しています。 ひどい被害アピールすることだけを目的としていて、被害アピールだけで満足して何も問題解決につながることを主張していないような人には偽被害者の可能性が疑われます。 2017/3/27

●テクノロジー犯罪は防げないものだとして、対策をあきらめさせようとする

 被害者は耐えることしかできませんが、頑張って生き抜いていきましょう、といったことを主張して、問題に対処することをあきらめさせようとする偽被害者がいます。 また同時に、写真や映像で証拠をとっても無駄だという印象操作を行い、証拠を取られることを避けようとすることもあります。 2017/3/27


●テクノロジー犯罪を宇宙人や米軍などによるものだと印象操作する

 電磁波は宇宙から照射されている、アメリカのスパイが集団ストーカーの犯人だと、証拠もないのに強く主張してくる偽被害者や工作員がいます。 自衛隊の責任だというのは、どちらかというと普段責任転嫁されやすいカルト宗教などが行っている印象操作であることが多くなっているようです。 犯人としてはレプティリアンやイルミナティなど被害者が到底対処できないものをあげることもあります。

●信頼関係のないような他人にいきなり被害相談を持ちかける

 ブログなどSNSで情報周知している人は、被害や問題を周知しているのであって、被害相談を待ち受けている訳ではありません。 そのような見ず知らずのブロガーなどに被害の相談を持ちかけることで、偽被害者は信頼を得ようとします。 相談その他のコメントを大量に送ってくる行為は、被害者のブログ執筆や情報収集などのネット活動を時間や労力の面から妨害するという意図も隠されていることでしょう。 2017/3/27

●行政サービスへの要望メール依頼

 日本政府や警察、はたまた国連、WHOなどに被害を訴えれば、何とか解決してくれそうなイメージがありますが、メールひとつで社会問題が解決されるのであれば誰も苦労はしていないでしょう。 私たちの問題もとっくの昔に解決しているはずです。 行政サービスがメールを受け付けているのは、被害者数の推計や活動家リストなどを作成するという目的も隠されているとみられています。 国内の要望メールを都道府県ごとに送れば、それぞの地域差や住人の個人情報もいっしょに集めることができてしまいます。 現在の日本政府や国連を信じるというかたは要望をメールを送ってもらってもかまいませんが、本当の被害者の声が届いているのであれば、すでに解決しているはずですし、こんな問題はそもそも起こらないのではないでしょうか。 2017/3/27


●被害者にブログ開設をすすめる

 単なる親切ですすめている人もいるでしょうが、加害者側が攻撃結果などの状況を知るために、被害者に情報公開をすすめることがあります。明らかに偽被害者とみられているブロガーがブログ開設をすすめて作られたブログが、明らかにアカウント乗っ取りにあっていることから、これが原因とみられています。

●引越しを先を具体的にすすめる

 単なる親切ですすめている人もいるでしょうが、加害者側も具体的な引越し場所を指定して引越しをすすめているようです。自分たちの近くへ呼んで監視するのか、加害者が集中している地域へ誘導しているかは定かではありません。 2017/3/26

●ネトウヨ企業
 安倍政権に対する批判的な意見をSNSやブログに書き込むと、国民の税金を使ってSNSやブログを荒らす会社。(株)ホットリンク、 ピットクルー(株) NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション ソーシャルリスニング(株)アノン世論調査センター 武蔵エンジニアリング。 2017/4/14

●秘密を打ち明けてくる
 偽被害者・工作員などはコメントやメールであまり親しくもない相手に、秘密を打ち明けることで親密さを高めたり、信頼を得ようとする傾向があります。 ブログには公開できませんが、あなたにだけ教えます、といった心理テクニックを使うことがあります。 周りを心配させたくないなど偽りの理由を説明しますが、実際にはあちことでいい加減なことを書いているので、辻褄が合わなくなることを避ける意味もあるでしょう。 ブログなどにプライベートな情報を公開しろとは言いませんが、被害の事実や加害者への批判が正しくできないような相手は信用できません。

●誤解への誘導
 テクノロジー犯罪の被害を、気のせい、誤解、ノイローゼ、精神病、在日、CIA、NSA、宇宙人などのせいだと誘導しようとします。 被害の軽減や防御などは出来ないとして思考停止させることや、抵抗をあきらめさせること、あるいは監視や市民弾圧支配を受け入れさせるのが目的となっているようです。 この誘導は加害者側の基本戦略で、いろいろなところで常に行われています。

●誤解誘導:「集団ストーカー」という言葉を使わせないようにすすめる
 加害者側は犯罪の名前さえ知られずに犯行を続けたいということでしょう。 ユーザー辞書などの文字変換ソフトの登録単語から削除されるような被害例もあります。 2017/4/15


NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
 [資料 デモ活動] テク犯ネットについて説明 2015.12.14, 2016.8.14

 テクノロジー犯罪の技術分析や政府などへの陳情活動に力を入れている点はよいのですが、委員の川崎さんなども言っていますが、テクノロジー犯罪は防げないという立場をとっており、これが被害者に対して、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害を黙って受けいるように誘導しているのではないかという疑いがあります。 詳しくは上の「テク犯ネットについて」のリンクを参照してください。

 ほかにも、被害対策や防御方法などをいっさい公開していない点が疑惑がかかる要因となってしまっています。 疑われないような活動を続けらることが期待されます。 2017/3/11


集団ストーカー問題を克服する
 [全般 政治 調査 デモ] NPOテク犯ネット運営委員の川崎さんブログ。

 川崎さんの言うサブリミナル・メッセージとは意識への介入(NPOテク犯ネット系での思考送信のこと)で得た情報のことで、情報源に対する信頼性について疑問視されています。 また彼の言う解決勢力や加害勢力の分類などが、今の世界情勢や裏社会事情とはかなり異なる独自の分析となっており、これも疑問視されています。 たとえば、ジェイコブ・ロスチャイルドが解決勢力へ資金を支援しているなどと川崎さんは主張しています。 この今の世界情勢分析からするとごく少数派となる川崎さんの主張には、彼への説得を試みたり、彼からの説明を求めた多くの人たちが、話題や論点がすり替えられたという経験をしたと訴えており、彼の自説や理論全体への誠実さについては強い疑いの目が向けられています。 説得を試みた多くの人たちは、彼から自分のネット発言をブロックされるような、コミュニケーションの強制停止などの対応を受けています。

 私もSNS上ですが本人に確認してみたところ、本人は自分の説や方針に自信をもっており、変えるつもりはないそうです。 何を主張しようと個人の自由ですから、すべてを否定するつもりはありませんが、川崎さんの主張は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の具体的な部分以外は独自の意見が多くなっていますので、信憑性が低くなっています。 気を付けましょう。 話題・論点のすり替えは私のほうでも確認できました。 政治家のようなすり替え方をしていました。 本人は京都大学を卒業したと主張していますが、川崎さんの言行への不誠実さを考えると、この情報もどこまで信用できるのものか分かりません。

 私のほうでも、川崎さんのブログの2015年12月までに公開されていたものは一通り確認しましたが、被害経験はそれなりにリアリティがありますので、過去に被害者であったというのは事実なのではないかと思います。 もちろん加害者であれば、被害者のブログなどからリアリティのある情報を探し出してくるようなこともできるでしょうが、他人から盗み取った情報を集めたうえで一貫性を保つこと、つまり嘘がバレないようにするのは難しいですものです。 加害者のおどしに屈して協力しているような可能性であれば、ないとは言い切れないかもしれません。 創価学会などのカルト宗教はテクノロジー犯罪で信者を攻撃して、その原因を奉仕活動やお布施が足りないせいだとして、テクノロジー犯罪攻撃を悪用していますので、そういった背景があるのかもしれません。

 川崎さんが現状の状況にいたった経緯はともかく、分析や自説、その他の物の考え方は、どう考えようとも個人の自由ではあります。 しかしながら、テクノロジー犯罪全般を、決して防げない犯罪である、と主張してしまっている点は、被害者に誤解を招く危険がありますので、改めてほしいところです。 犯罪を防ぐことは私たち被害者にとって最も重要な目的のひとつとなっています。 被害対策などをあきらめるための言い訳のようなものは、私たち被害者には必要ないでしょう。 2017/2/28

 一説によると、川崎さんは一般の人たちに被害者を精神病者だと思考誘導するために、おかしな情報を発信しているのではないかともみられています。 川崎さんのブログはGoogleにお金を払って広告を出していますので、被害者向けというより一般人向けの誘導サイトではないか、という見方もあります。 2017/3/26

 川崎さんは「NPO以外の被害者の会は偽被害者の会です。」とブログに書いていたという情報もあり、川崎さんの根拠を示さない自由なネット発言は現在も続いているようです。 私が川崎さん本人からネット上ですが直接確認したところ、彼の言うメディア・サブリミナルも、根拠がないことを言うのはひかえるように、とテク犯ネット石橋理事長からも注意を受けているそうです。 2017/3/27

< 参考 >
私が偽被害者などというデマが流されています -- 集団ストーカー問題を克服する
 ネット検索上でも高まっている疑惑 2017/2/28

< 注意 >
 偽被害者という言葉は加害者が好んで使っている言葉でもありますので気を付けましょう。 加害者が偽被害者役を演じていることもあります。 2015/12/28, 2017/2/28


自衛隊の犯罪を斬る
 [技術全般 分析 ブログ] 統合失調症マイクロ波説でノーベル医学賞を狙う東大卒の博士のブログ。 今後の活躍が期待される精神医療の不正を打ち砕く有望株。 このブログは自衛隊の話題限定ではなく、科学など広範囲な分析サイトで、テクノロジー犯罪に関する話題も豊富。

patentcomさんの知恵ノート一覧 - Yahoo!知恵袋
 [技術分析] 「自衛隊の犯罪を斬る」の管理人による科学技術犯罪に関わる分析のまとめ 2016/11/10

 どちらもpatentcomさんが書いているサイトです。 patentcomさんは、自衛隊が電磁波技術を悪用しているとみています。 一見すると間違っていることは言っていないようにみえますが、創価学会のような一宗教団体がテクノロジー犯罪技術をもっているはずはない、という立場であったり、勉強会などで集団ストーカー関連の質問を禁止していることがあるなどの点が疑問視されています。

 まず、事実関連としては、patentcomさん個人の主義思想は自由ですからどういう立場であっても自由なのですが、この被害改善責任論のサイトや一般的な集団ストーカー・テクノロジー犯罪で扱っているようなテクノロジー犯罪が自衛隊以外の犯行であることには、patentocomさんはかなり否定的な態度をとっています。 また、いわゆるテクノロジー犯罪の被害軽減や解決については関心が低いというのもまた事実です。 patentcomさんの主張からすると、彼がテクノロジー犯罪の被害者の代弁者となってくれるようなことは、それほど期待しないでおいたほうがよいでしょう。 ただし、自衛隊批判とテクノロジー犯罪批判で共通する部分があれば、十分批判してくれる可能性はあります。 このあたりは是々非々となるでしょう。

 patentcomさんの、創価学会のようなただのカルト教団が軍事兵器ともなるテクノロジー犯罪機器を持っているはずないという考え方は常識的な考え方で、それ自体が間違っているようには思えないでしょう。 このあたりは殺人のための本格的な軍事兵器と、集団ストーカー加害者のいたずら電磁波機器との性能の違いから、分けて考えているという可能性もあります。 それでも、この部分を強調して、創価学会への批判をもみ消したい勢力、つまり創価学会勢力が、自衛隊をスケープゴートとする責任転嫁をしようとしている可能性も考えられるでしょう。

 私にとっても「自衛隊犯罪を斬る」サイトはテクノロジー犯罪の解決を考える上で、とても期待しているサイトのひとつとなっています。 6千以上のブログが掲載されていますので、すべて確認した訳ではありませんが、2千記事くらいは確認できたかと思います。

 私からみても、創価がテクノロジー犯罪技術を持っていないというpatentcomさんの意見は、ちょっとした例えのようなもので、カルト宗教程度が、自衛隊のような本格的なレーダー兵器や痛撃兵器を持っているはずはないといった意味にもとれるだろうと思います。

 ACPの役員か何かを務めらられているということですから、おかしな人物であることはないでしょうが、創価学会は日本裏社会における支配者グループ、天皇財閥に属しているとみられていて、三菱などテクノロジー犯罪技術を利用した企業に対しても支配的な影響力を持っています。

 創価学会は単なるカルト宗教ではなく、日本に支配的な影響力を持っているとみられる、日本金融マフィアの大同盟に加わっている、巨大連合の一部であることが分かってきています。 これについては集団ストーカー被害者のみなさんも気を付けていかないと、集団ストーカー問題の本質はみえてこないでしょう。

 そのような巨大支配組織の一部である創価学会であれば、テクノロジー犯罪技術、patentcomさんいうレーダーやマイクロ派などの電磁技術機器を手に入れることができないとは考えにくいでしょう。

 patentcomさんにたいして、テクノロジー犯罪の関連技術をもつ三菱の会社が創価系企業であることが証明できれば、patentcomさんも創価がテクノロジー犯罪の犯人ではないという説をくつがえす可能性もあるのではないでしょうか。

 自衛隊で心理戦の専門教育を受けたという元自衛隊員にからは、ある金持ち組織のためにあらゆる工作を行うところがある、と言われています。 自衛隊には日本版FEMAとなるパイナップル・ブリゲイツのような市民虐殺部隊などの裏工作部隊があるということでしょう。 公安や警察を比べても自衛隊の危険性は群を抜いていますので、自衛隊犯罪に警鐘を鳴らすこと自体は有意義な活動ではあります。 2016/4/18, 2017/2/24

< 参考 >
「スクープ!米国と自衛隊合同による市民殺害部隊パイナップル・ブリゲイズ(民主党マニフェスト日本版FEMAで本格起動!!) そこちょっとつんつく」


増加するテクノロジー被害(電磁波犯罪)
 [分析 社会不正 在日] 集スト以外にも創価・民主党など在日勢力批判など関連分野を幅広く言及 2016/5/28, 2017/2/1

 思想信条の自由などは憲法でも認められていますので、個人が何を信じようと自由なのですが、管理人のサクラさんは自民党を日本人の政党として応援しています。 私が本人に確認したところ、その他の反日勢力の政党よりも日本人の政党のほうがよいということでした。 このあたりは政治家や政党の背後関係をある程度理解している人であれば、どういう意味か理解できると思いますので、各自、お察しください。 2017/3/11


集団ストーカー テクノロジー犯罪全国被害者
 [批判 分析 技術]
 頭の中に声を聞かせるテレパシー送信 テクノロジー犯罪被害報告
  (全国被害者管理人ブログ)

 被害者サイトの膨大なリンク集やテクノロジー犯罪の調査など有益な情報が集まったサイトではあります。

 管理人のtuyoさんは、それ自体はおかしなことではないのですが、テクノロジー犯罪被害で、パニックを起こさないようにと、常々主張されています。 実際に受けている被害以上に、被害妄想が拡大して、よりひどい被害となることがあるということを警告されている訳です。

 これは意見としては正論で、ほかの意見と大きく矛盾するようなことはありません。 特に問題のない主張です。

 しかし、これに対して、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害を妄想だと誘導しようとしていると懸念する意見もあります。

 tuyoさんについては、悪い噂はほとんど聞きませんので、悪い人ではないのだろうとは思います。 また加害者側の工作員や、彼らに誘導された人がtuyoさんの活動を妨害したり、被害者同士を分断しようとしている可能性もあります。

 私からみても、tuyoさんが本物の被害者か、偽被害者か、あるいは途中で創価や暴力団のおどしにあって言動を制限されるようになったのかなど、いろいろな可能性があるでしょうが、今のところはどれとも断定できるほどまでは調査が進んでいません。

 しいて言うならば、tuyoさんはラーメン屋さんをやっているそうですが、これは客商売であり、麺やスープ、具材なども製麺所や問屋、八百屋などから仕入れないといけませんので、集団ストーカー被害者が経営する場合、加害者からの妨害やおどしに弱い部分があるのではないかと予想されます。

 基本的には、偽被害者というのは加害者側の工作員である本物の偽被害者が、特に好んでばらまいている嘘情報のひとつでもありますので、偽被害者だと強く主張している人のほうがあやしいだろうと思います。

 そうとはいえ、tuyoさんには疑いを晴らすような、集団ストーカー問題の解決に向けた活躍をされることが期待されます。 2015/12/14, 2017/3/13


テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録
 [周知 分析 被害報告] 2015.12.14

 特に悪い部分があるようにはみえませんが、一部活動方針について懸念される内容が見当たります。

 このサイトではNSA犯人説を推しています。 また日本の警察を擁護するような増えてきています。 これらが日本の警察犯人説を隠蔽する目的があるのではないか、という懸念の声があります。

 この程度であれば許容範囲かとも思いますので特に気にする必要もないだろうと思います。 以前は警察用語的な記事は少なかったようですから、何か心変わりなどがあったのかもしれません。

 また、ツィッターやブログなどのアカウントを度々乗っ取られる被害にあわれていると自身でも書いていますので、アカウント乗っ取り被害にあっている可能性もあります。 私個人の印象では、2016年後半くらいから元々の筆者の意見とは異なる見解の記事が増えてきているようにみえます。 2016/12/27, 2017/3/11



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system