集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
悲しき楽園計画 … 在日は朝鮮被差別を人気者にしたかった

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 在日利権ネット 精神成長 >

悲しき楽園計画

Regrettable_regrettable_paradise_plan, 2016.3.23, 2016.6.8

異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢



目次


コリアン・マイノリティ
 在日系タレントからみる顔の特徴

横長でやや離れめの瞳
 コリアン・マイノリティの特徴(1)

黒目がちな目
 コリアン・マイノリティの特徴(2)

悲しき楽園計画
 異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢

勝てないライバルは排除
 全体の質を下げる人気偽装策

関連





コリアン・マイノリティ … 在日系タレントが大半を占める日本の芸能界


 ロッテやソフトバンク、アサヒなど在日系列企業のCM、ドラマやバラエティ番組などに出演しているタレント、、あるいはテレビ局などの女子アナウンサーなどは在日や創価タレントが大半を占めています。 例外もありますが、在日系企業のCMで中心にすえられているタレントの多くは、在日朝鮮人や帰化人、またその近親者や子孫にあたる在日系タレントとなっています。 日本の公共放送、NHKの人気音楽番組「紅白歌合戦」の出演者も大半が在日だったと、過去の出演者が告白しています。 (2016/03/28)





横長でやや離れめの瞳 … コリアン・マイノリティの特徴(1)


 在日勢力は現在、横長の瞳で、比較的目と目の間が離れているのが特徴的な朝鮮系・在日系タレントを必死に売り出していて、女性タレントでは広瀬すずさん、武井咲さん、北川景子さん、柴咲コウさん、黒木メイサさん、AKBの前田敦子さん、大政絢さんなどがそれにあたるとみられています。 宣伝用などの写真では分かりにくいですが、記者会見などのある程度はなれた場所から撮影された映像などを見比べると、親子や姉妹のように雰囲気が似ています。 (2016/03/28, 2016/04/02)

 女性タレントの目として、印象が強すぎるため、日本社会では長い間、この横長の目のタレントは少数派でした。 外見の印象は、個人の好みの問題ですから、好きな人、この目を好む人はいたことでしょうが、この横長の目のタレントが増え始めたのは2005年前後以降のことです。

 男性タレントでは少し分かりにくですが嵐の松本潤さんや滝沢秀明さんなどがそれにあたります。 大相撲などをみれば分かりますが、人が太ると目は横長になりやすくなったりするため、男性の目は判別しにくい部分もあります。

 印象の強い横長の目は男性タレントには魅力的な特徴となりますので、横長の目の男性タレントはかなり以前から人気タレントとして存在します。 そのため男性タレントについては判別が難しくなっています。

 これらの横長の瞳は、コリアン・マイノリティのような朝鮮の特定地域の種族のような人々の特徴で、一説による被差部落別民だったなどという見方があります。 断っておきますが、中国などでは古来より、横長とは言いませんが、切れ長の目は美しい目の特徴とされてきたように、横長の目であること自体は、本来とくに非難されるような身体上の特色ではありません。





黒目がちな目 … コリアン・マイノリティの特徴(1)


 在日勢力が売り出している顔の特徴は、他にも黒目が大きいというのがあります。 タレントの上戸彩さんや、剛力彩芽さん、綾野剛さんなどがこれにあたります。 映画やドラマなどの演技では、目元の表現は重要な役割を果たします。 そのため、目元の表現力の劣る黒目がちな目は、通常であれば、演技が伝わりにくくなるため役者には向いていないはずですが、在日勢力は黒目がちな目元を重視しているようです。

 あえて表情を隠そうとしているのかもしれませんが、これもコリアン・マイノリティの特徴である可能性は高いでしょう。 黒目がちな目は、おおむね子供の目の特徴であり、幼い印象を与えます。 女性であれば可愛らしい特徴ともなりますが、男性タレントには可愛らしい目は向いていないでしょう。

 自然な状態で、黒目勝ちな男性タレントに人気が出る可能性は低いでしょう。 実際に「黒目がち 男性タレント」という単語をネットで検索してもヒット件数はごくわずかなものとなっています。 この結果からも日本社会には、黒目がちな男性タレントの需要がほとんどないことが分かります。 在日勢力が意図的に売り出していることが疑われます。

 横長の目ほど決定的な特徴ではないかもしれませんが、在日勢力が強く売り出していたことを考えると、恐らくコリアン・マイノリティの特徴と考えて問題ないでしょう。 在日勢力に属する人も人間ですから、何の意味もないことはしないでしょう。 黒目がちなタレントが多いという傾向がある以上は、何らかの判断が行われたはずです。 そこには何らかの意図が隠されていることが予想されます。





悲しき楽園計画 … 異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢


 横長の目や黒目がち目をしたタレントが芸能界で人気者としてもてはやされている、今の芸能界の現実から導き出される答えのひとつが、異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢としての悲しき楽園計画の存在です。

 歴史的な事実としては、朝鮮は1910年から1945年まで日本へ編入されており、関東地方や九州地方のように、日本国内の朝鮮地方となっていました。 この時期と戦後しばらくの間、朝鮮で暮らしていた被差別民は、差別に耐えかねて日本へ移住しています。 そのすべてが芸能人となり、異国である日本で人気者になろうとしていたわけではないでしょうが、日本社会を裏から支配しようとし、実際にある程度まで支配的な影響力を持つにいたり、実力を手に入れた在日勢力が、差別を中和しようと考え尊敬や敬愛されることを求めたとすれば、同情の余地はあるのかもしれません。

 しかし、差別の対義語、逆となる言葉、概念は公平や平等などです。 差別の逆は、平等であること、差別をしないということです。 仮に本当に被差別民だった人たちが、被差別民の容姿を優遇することで差別をなくそうと考えているとすれば、それは間違っています。 優遇は差別の一種にすぎません。

 在特会という在日朝鮮人への様々な特権、いわゆる在日特権の廃止を求めて結成された団体があります。 在日特権は過剰な優遇行為であり、他の外国人よりも朝鮮人を優遇する不平等なルールだとして、廃止を求めています。

 横長の目や黒目がちな目の人たちを過剰に優遇し続けた結果、訪れる未来は、横長や黒目がちな目を持つ人々が恨まれ、否定されるような差別的な未来ではないでしょうか。 過剰な優遇行為は、現実を歪めていますので、いつの日にか、その歪みが正される日がくることでしょう。 もしも、本当に、悲しき楽園計画が存在するのであれば、なるべく早い段階で改めるべきでしょう。 2016.3.23





勝てないライバルは排除


全体の質を下げる人気偽装策

 現在、在日利権ネットは、悲しき楽園計画のひとつとして、在日芸能人を人気者にするために、在日が支配するテレビ・新聞・ラジオなどを利用して、芸能界から自分たちより優れたライバルを排除する、ということを行っています。

 在日利権ネットのタレントやスポーツ選手のライバルとなる相手を次々と追い出すことで、全体の質を下げ、在日利権内のタレント・スポーツ選手でも人気者になれる状況を作り出そうとしています。

 テレビCMなどでも行われています。 以前、武井咲さんが美人ではない女性お笑いタレントといっしょにテレビCMに出演していましたが、これは偶然ではありません。 意図的に行われています。

 女性タレントの人気偽装工作は、なかなかうまくいっていないせいか、何年もかけて、日本系美人タレントや美人女子アナウンサーを排除したりしています。

 逆に美人でないタレントは増やしています。 美人でないことが売りのお笑いタレントや、女装家(いわゆるホモの同性愛者)がテレビ業界ではもてはやされています。

 一時期、急にテレビに出演する女装家が増えたことがありますが、これも当然、意図的に行われたものです。 日本社会やテレビ業界が急に同性愛者に対して寛容になったのではありません。 その証拠に、男装家(いわゆるレズビアンの同性愛者)のテレビ出演はほとんど増えていません。 ホモは在日利権の女性タレントの引き立て役として必要ですが、レズは特に必要ないということです。 2016.5.30

 他にも2016年5月に地下アイドルという、インディースアイドルのような、アイドル活動をしていた女子大生が刃物で刺されるという事件が、過剰に報道されているといのも、悲しき楽園計画のひとつとみてよいでしょう。

 テレビタレントは在日利権ネットが支配していますので、ある程度、自由にコントロールできますが、一般人が自由に芸能活動を行うことはコントロールできません。 彼らのなかには在日利権タレントよりも質が高い人も、いずれは出てくるでしょう。 そのときには在日の芸能利権が奪われてしまいます。

 在日利権ネットは芸能人の全体質を落とし続けていますので、すでに芸能利権はテレビなどの従来の芸能から、ネットアイドルなどへ移行している部分もあります。

 コンテンツの質が悪いとすれば、質の高いほうへ需要が移るのは、当然の結果ですが、これを何とかして防ごうとしたのが、危険性を過剰にアピールする地下アイドル傷害事件報道ということでしょう。

 地下アイドル傷害事件の危険性を過剰に報道し続けることで、在日利権アイドルの質が低いことを隠すとともに、新たなアイドルが地下アイドルから現れないようにしたかったのでしょう。

 日本では毎年、千人弱の人が殺人事件で殺されています。 毎日、2・3人も殺されているのに、地下アイドルの傷害事件だけ、連日、報道され続ける裏には、在日利権ネットワークの悲しき楽園計画のようなものが存在するはずです。 2016.5.24, 2016.6.8

 この件は、その後、警察の不手際から犯行が防げなかったとして、警察の無能さがネット上でも話題となり、テレビニュースの話題としては、あまり取り扱われなくなりました。

 犯人は事件の以前から、周囲の人々から危険視されていた人物で、今回の事件でもネットでナイフを購入し計画的に、犯行を行ったことなどが発覚し、警察の無能さはさらに国民に知れ渡ることになりました。

 その後のテレビ報道では犯人の本名が通知されなくなりましたので、おそらく韓国人や在日韓国人による犯罪だったのでしょう。 日本の在日マスコミでは、朝鮮人や在日の犯罪を隠蔽するシステムがすでに完成しています。 日本のマスコミが犯罪者の通名・朝鮮名を公表することはほとんどありません。

 朝鮮にはヒステリーや癇癪を我慢できないような精神病である火病という病気があります。 ネット上で「ファビョる」などと言われている韓国人など朝鮮民族にみられる精神病のような、精神的傾向のことです。 おそらく、今回の犯人もこの火病を発症していたのではないでしょうか。

 また朝鮮文化では女性蔑視、男尊女卑傾向が大変強く残っていますので、劣った者としてみていた被害女性に受け入れられなかったことが、特に耐えがたかったのでしょう。

 韓国での婦女暴行、レイプ事件の発生率は世界的にも大変高くなっていますので、韓国人には暴力的な衝動を抑える精神性が全体的に不足していることが予想されます。

 今回の事件での警察のもっとも大きなミスは、被害者が警察へストーカー被害の相談を行い、警察の緊急通報登録システムに登録していたにもかかわらず、警察の運用ミスで、被害者が警察に連絡しても、かけつけるのが遅れてしまったという点でしょう。

 警察が電話を受け付けてから17分後にかけつけたそうですが、これがあと10分早ければ、女性が被害にあわずにすんだ可能性も十分あります。

 被害女性側も警察の緊急通報登録システムの存在を過信していた部分もあるかもしれません。 警察などは大して信用できるものではないと、正しく理解していれば、恋愛ストーカーの目の前で警察へ通報するようなことはせずに、自分の足で走って逃げるなどの対応が取れた可能性もあります。

 警察側は今回のアイドル傷害報道で、恋愛ストーカーも集団ストーカーも対処などしない、と暗にほのめかしたつもりかもしれませんが、警察の無能さばかりが非難されるという悲惨な結末になってしまったようです。 2016.5.30, 2016.6.8

 その後、犯人は、悪いことをしたとして反省の意を表しているそうです。 ネットでナイフを購入し、現場まで凶器を持ち込み、7回も生きた人間を刺しておいて気楽なものです。 謝ればすむとでも思っているのでしょうか。

 犯人には、ナイフ購入時や現場への移動時など、反省する機会は何度もあったはずです。 それにもかかわらず、計画的に犯行を行っていますので、謝る時期としては遅すぎます。

 裁判になっても、謝罪は減刑のための表面的な言い訳にすぎないと判断されるのではないでしょうか。 明らかな計画犯ですから、本当に反省している可能性は極めて低いでしょう。 犯人は女性を殺すためにナイフで何度も刺したはずです。

 残念ながら犯人の更生は見込めないでしょう。 明らかな精神異常者、危険人物である犯人を日本社会に放置しておくべきではないでしょう。

 今回の事件が計画的な殺人未遂だったことは明らかです。 犯人は殺意をもって殺人の準備を進めています。 犯人は殺人者とほぼ同罪として扱われ、死刑または無期懲役の刑となることが予想されます。

 犯人が裁判で法廷に立つ前後では、泣きながら謝罪することが予想されます。

 日本民族の高潔さは自分の失敗に対して、涙を流すことで同情を請うようなことを許しません。 自分の間違いは潔く認めるのが大和魂というものです。 日本では人前で泣きつくなど子供のすることです。 日本人であれば、うれし泣き以外では、みっともないので、涙を見せないでほしいところです。

 しかし、今回の事件が本当に在日犯罪であれば、京都の議員やソフトバンクの孫さんのように人前で泣きついて同情を請うような場面が報道されることが予想されます。

 こういった子供のような精神的稚拙さが在日犯罪の特徴のひとつといえるでしょう。 在日朝鮮人の精神的な成長を促すことは、予想以上に急務となっているのかもしれません。

 日本人であれば親や家族、周りの社会からそのように教育されているはずですので、やはり朝鮮人・韓国人学校のようなものは、日本社会から本国などへ移転させてしまったほうがよいのかもしれません。 2016.6.8





関連


日本からの制裁
 在日勢力への日本社会からの制裁は避けられない

在日利権ネットは人種ではなく文化や民族主義の共同体







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system