集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波の周波数と被害の関係 周波数によって異なる精神攻撃が可能(バリー・トラウアー)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波の周波数と被害の関係

周波数によって異なる精神攻撃が可能(バリー・トラウアー)

Relation_between_a_frequency_of_a_radio_wave_and_damage, 2016/7/29, 2016/12/11

< 目次 >

バリー・トラウアー博士の説明

具体的な電波周波数と精神干渉の関係






バリー・トラウアー博士の説明


 イギリスの諜報機関にも所属していた電磁波研究の権威、バリー・トラウアー博士によると、電磁波の周波数によって、様々な精神干渉被害を引き起こすことが明らかになっています。

 人体へ特定の周波数を照射することで、精神的な攻撃性を高めたり、無気力感などによる鬱症状を引き起こすことで自殺を誘発するようなことまでできるそうです。

 表社会では隠蔽されている電磁波技術ですが、裏を返すと、安心感や幸福感、場合によっては麻薬のような高揚感を引き起こせる可能性もあります。 麻薬ビジネスは裏社会の一大産業ですから、裏社会の麻薬利権者が電磁波技術の隠蔽をより強いものにしているのかもしれません。

 現在、大麻の医療利用が認められつつあり、カナダやアメリカのいくつかの州では、すでに医療目的などの大麻使用が合法化されています。

 大麻は日本でも1940年代まで医療目的で使用されていました。 また現在でもガン治療に効果があるという証拠が出始めていますので、大麻には免疫力を高めるような効果があることが予想されます。

 大麻自体が特に危険な植物という訳ではありません。 大麻の種となる麻の実には大麻の葉や花のような麻薬はほぼ含まれていませんので、現在でも七味唐辛子として食用に栽培されています。


 電磁波も自衛隊・公安・警察などの遠隔テクノロジー犯罪に悪用されるだけでなく、民生利用されて医療に活用されれば、免疫力を高めガンを治すような効果も期待されます。

 電磁波技術が、麻薬や覚せい剤などのように脳内のドーパミン量を変更し、さらにコントロールできるようになれば、安全な合法ドラッグとして一般に広がっていく可能性もあります。

 電磁波照射機(?)が広がり、安価な値段でドラッグのような快感を味わい、ガンも治せるとなると、多くの人が、たとえ貧しくても、精神的にはかなり満たされた生活を送ることができるようになることでしょう。

 裏社会や表社会の政府などは、向上心や労働意欲を停滞させるなどとして、電磁波技術の民生利用を規制しているのかもしれません。

 しかし、いくら規制しても、周波数のような調整値はいくらでも調整できるはずですから、電磁波の民間開発がある程度まで進んでしまえば、それから先の社会への広がりを止めることはできないでしょう。


 将来的な展望としては、集スト・テク犯が解決されるとすれば、おそらくこの電磁波研究の進展か、あるいは政府など表社会の政治的対処のどちらかとなるでしょう。

 民間の電磁波技術の発展にも、テクノロジー犯罪被害の改善への大きな可能性が秘められています。

 少しずつ知られるようになってきていますが、現在の日本では不正選挙によって民意が反映されない不正な支配制度が成立してしまっているとみられます。 そのため、表社会からの政治的な対処は不正選挙を改善しないことには対処が難しくなっていますので、電磁波技術の発展、技術向上による対処のほうが現実的な改善策となるかもしれません。

 現在の社会環境はかなり発展していて、海外では子供が核融合実験を成功させて、今では10万世帯規模の電力発生装置まで作ろうとしています。

 私たちのような一般人でも、自由に電磁波を発生する装置と電磁波・周波数の測定器さえあれば、理論上は誰でも調査できるはずですから、私たちひとりひとりが取り組めば、意外と簡単に、電磁派周波数と精神干渉の関係が明らかになってしまうかもしれません。 2016.7.31

 おそらくパルス型電磁波照射装置と厳密な測定器が手に入れば、あるいは作り出すことができれば、後は時間の問題でしょう。 アラン・H・フレイ博士が1960年頃にはすでに行っていたような半世紀以上前の実験装置ですから、絶対に手に入らないということはないでしょう。 2016.8.25

 電磁波周波数と精神干渉の関係が明らかになったそのときは、政府に電磁波規制を強化させ、警備警察あたりの素人から、人権を無視して命令を実行し、時には技術を悪用する公安・自衛隊などに、電磁波、マイクロ派遠隔テクノロジーを悪用させないという社会制度を作り上げることもできるようになるでしょう。 2016.7.31





具体的な電波周波数と精神干渉の関係


精神干渉

 電波攻撃装置を自由に使うことができませんので、未確認の内容ですが、周波数と引き起こされる精神干渉の種類についての情報があります。

詳しいサイトが見つかりましたので別ページにまとめています。

電磁波の人体干渉周波数一覧
 精神や肉体へ干渉可能な電磁波周波数の相関リスト
2016/12/11


マイクロ波聴覚効果

 WHOの「レーダーと人の健康」という文献によると、200MHzから6.5GHzの周波数の電波で、マイクロ波聴覚効果が生じるとされています。

 また、別の論文では、2.4MHzから10GHzで生じるとされています。 パルス幅の調整や出力を大きくすることでマイクロ波聴覚効果が生じるということです。

以下、マイクロ波聴覚効果 - Yahoo!知恵袋より引用

モトローラ・フロリダ研究所の「電波エネルギーパルスの聴覚応答」という論文によると、
マイクロ波としては、2.4メガヘルツから、1万メガヘルツ(1万メガヘルツは10ギガヘルツと同一)の周波数の電波で、マイクロ波聴覚効果が生じる。
2016.8.21





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system