集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
カルト宗教テロ 超富裕層は工作に危険宗教組織を利用する

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正(裏社会) >

カルト宗教テロ

Religious_cult_terrorism, 2016.5.2

超富裕層は工作に危険宗教組織を利用する

 創価学会とオウム真理教、さらには北朝鮮が共謀して起こしたという説のある、地下鉄サリン事件ですが、その裏には超富裕層の麻薬ビジネスや日本社会の抑制戦略があったのではないかと疑われています。

 創価学会やオウム真理教を支配しているのが超富裕層だと言ってしまうと、いまひとつ説得力がありません。 しかし、アルカイダ、ISILなどは超富裕層が影から支援していたのだ、という説であれば、それなりに証拠らしきものも出回っています。 イランの指導者ホメイニさんもアメリカがテロを支援していると名言しています。


< 参考 >

最高指導者、「アメリカは信用できない」

ISILテロ
 アメリカのISIL偽装テロと原油価格操作


 創価学会やオウム真理教の首謀者が超富裕層である、という説は理論としては、それなりに正当性があるのです。 2016年4月末に、マスコミがいきなりオウム真理教の資産が増えている、勢力を拡大していると報道し始めました。 様々な問題に対して、そろそろ警戒が必要になってきているということでしょう。

 アメリカの911でのビル爆破とまではいかないでしょうが、また地震からの原発事故、放射能汚染などが起こらないとも限りません。 超富裕層の実力は強大ですから、事件発生自体は防げないでしょう。 しかし、いくつかの起こりうる大惨事に対して、事後対策案を検討しておくことはできます。

 テロや暴力に屈すると、テロ首謀者は、成功した、うまくいった、と判断しますので、また同じような被害が出てしまいます。 暴力には屈しないのが最も有効な対処法となります。 同じ過ちを繰り返させないために、多くの人が、この意味をよく理解しておかなければなりません。 2015.5.2


< 参考 >

恐怖支配は臆病者の支配方法
 テロ・カルト教団・秘密結社は臆病者を支配する




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system