集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
大衆支配の支配洗脳詐欺

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判 > 支配層戦略、支配洗脳詐欺術 >

大衆支配の支配洗脳詐欺

Rule-brainwashing-fraud-of-the-public-rule, 2017/5/11, 2017/5/19, 評価:★★★★

メーソンのクーデタは何を約束するか? 万人の苦難 NWOクーデター成功後の大衆洗脳

 世界が恐怖や不満で覆われ民衆が我慢の限界を超えたとき、苦痛の原因である民族心・国境・身分の違いを、支配層が根絶しつつあると民衆に伝える。 支配層が与える新しい秩序に群集は群がり希望と期待とともに受け入れ、不正選挙というツールで支配層が世界王の座につく。 民衆は支配層との友好関係を望むようになる。 2017/5/20

メーソンの奴隷化、洗脳・マインドコントロール

 支配詐欺術の実行者となるメーソンには特に強力な洗脳を施す。 メーソンの子女を差し出させるなどして生まれる前から洗脳し目的達成の道具とする。 多重人格や無意識下への特定行動の埋め込みを行い、殺人や小児性愛用子供性奴隷、悪魔儀式など特殊な目的も自ら進んで行うよう洗脳教育する。 2017/5/19

支配者教育、メーソン幹部団の教育と教育機関となるシンクタンクの創設

 メーソンのシンクタンクは支配戦略の研究とともにメーソン幹部育成の場となる。 メーソンは世界統治に必要なすべての学問や知識を持たなければならないが、特に重要な学問は利益拡大のための経済学と人心をコントロールするための心理学である。 2017/5/11, 2017/5/12

仮初の支配者、メーソンの代理人

 メーソンが政府の要職についても危険がない状態まで支配が進むまでは、とかく過去や世評に何かとあり、国民との間に溝がある人間を要職につける。その人間が支配層の意に従わない場合には処刑し放逐しなければならない。彼らが最後の息を引き取るまで、メーソンの利益を守らせるために。 2017/5/12

メーソン・ロッジは民衆を欺くための見世物

 メーソン・ロッジ(集会所・支部・それらの建物)は秘密のメーソンやその活動を民衆に知られないようにするためのよい見世物となってきた。 民衆にメーソンの真の目的を知られることなく活動することができた。 2017/5/30

メーソンの防波堤

 非ユダヤ人のメーソン員は民衆の不満や攻撃の標的となり、支配層を守る防波堤となる。 これによって支配層の秘密も居場所も知られずにすむ。 2017/5/5

ゴイムを偽りのメーソン員として利用

 洗脳詐欺支配の実行犯や情報源となるためゴイムをメーソンその他のカルト勢力に加入させ利用する。 (※カルト勢力:世界ではフリーメーソン、ロータリークラブ、ラオインズクラブなど。日本では統一教会、創価学会、オウム真理教など) 2017/4/30

反ユダヤ主義など反抗勢力による下層メーソンの監視

 反ユダヤ主義は支配層がコントロールしている反抗勢力にすぎない。 反抗勢力は形式的に反抗させているだけだが、下層メーソンたちへの監視に必要であるため存続させる。 その他の一部の反対勢力も同様に監視目的で存続させている。 2017/5/19

民衆支配の武器、欲望・憎悪・野望などの利用

 民衆の貧欲さ、容赦なき復讐、憎悪と敵意に燃える、果てしなき野望などが、民衆を支配する武器となる。 これらの民衆の心をあおり様々な目的達成に利用する。 2017/5/19

国家の混乱

 社会の混乱と破綻を意図的に作り出す。 人々が犯罪的を犯しやすい状況のほうが利益追求しやすいため。

恐怖支配、世界中の国家を拷問にかける

 既存権力の転覆、秩序の崩壊によって世界の国々を国家レベルで拷問状態に追い込む。 世界中の政府が拷問に耐えかね平和を求めてきても、心の底から我々支配勢力への服従を誓うまでは平和を与えることはない。 2017/5/19

自由・平等・友愛(博愛)の支配への利用と支配後の否定

 「自由、平等、友愛(博愛)」は世界支配のための既存勢力の破壊に利用し、世界支配後は、もはや標語としては使わせず、「自由の権利、平等の義務、友愛の理想」というふうに単なる理想主義を表現したものに変える。 小さな弱点を攻めて全体を駄目にする戦略。 2017/5/19

人権思想を既存の国家破壊に利用し、破壊後は民衆の権利は認めない

 既存の国家権力を崩壊させるため民衆に自由・平等・友愛(博愛)を吹聴し、既存政府を支配した後は民衆の権利を否定する。 2017/5/11



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system