集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

社会不正の改善策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

社会不正の改善策

Social_injustice_improvement_measures, 2016.4.30


 不正を働く巨大権力への対処、改善策ですが、すぐに打倒するのも難しいでしょうから、さしあたりモラルの向上など健全化を促すのがよいでしょう。

 モラルやコンプライアンス意識の低い組織に対しては、一市民であっても不買運動に参加し、ネットを利用して不満の声をあげるなど、少なからずできることもあります。

 どんなに巨大な利権組織であっても、利益が得られず、選挙に負けてしまっては、組織は崩壊せざるをえません。

 あらゆる利権組織は利益と権力を剥奪することで打倒できます。 具体的には、不買と選挙、利益の抑制と多数決による決定者の変更で打倒できます。 民主主義はそれを実現できる優れたシステムとなっています。

 巨大な不正で利益を得るのは巨大権力であり、不利益をこうむるのは私たち、一般市民にほかなりません。 黙って見過ごすべきではないでしょう。

 巨大権力組織は権力や情報、つまり、国際機関や政府・マスコミなどを支配して、世論や思想、民意を支配できているつもりでいるようですが、それもそろそろ終わりに近づいています。 特にマスコミ、情報分野では、現在、IT時代に突入していますので、市民が情報を判断し、自ら発信できる時代になっています。 もはや情報を支配できているとはいいがたい状態にあります。

 今後、市民から信頼や支持を失った組織が生き残れるということはないでしょう。 権力者も自滅したくはないでしょうから、自然に健全化されていく可能性もあります。 2016.4.23




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system