集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
日本の覚せい剤ルート … 北朝鮮・香港・中国が主な流入元



目次 > 個別分析 北朝鮮の検証 > 北朝鮮の外交 >

日本の覚せい剤ルート

[Stimulants_root_of_Japan] (2016/04/03)

北朝鮮・香港・中国が主な流入元


 北朝鮮は日本の覚せい剤の主な流入元のひとつで、その量はかなりの割合になると考えられています。 日本が北朝鮮への経済制裁を行うことで、覚せい剤の流入量も減るとみられています。 北朝鮮が2016年に行った核実験など示威行為やそれらの国連ルール違反の制裁として、日本は人や資金の移動を規制するなど様々な制裁を行いました。

 覚せい剤の密輸は、日本海上で船と船の間で行ったり、北朝鮮側が船を海底に沈め、日本側が船を引き上げるという方法が使われているそうです。 海底に沈めてもGPSの発達により100%回収できるようになっているため、空港の警戒を強化しても、ほとんど防げないそうです。

 2016年の制裁では船の入港を厳しく規制していますので、覚せい剤の密輸を大幅に防いでいるだろうとと考えられています。 制裁では資金源を断たれた北朝鮮の軍やスパイ、また日本の暴力団などに打撃を与えているとみられています。

 この時期、覚せい剤関連事件の発覚が増えたことは、制裁を契機に、覚せい剤を扱う暴力団が資金不足におちいるなどして弱体化し、警察の捜査が進展した影響かもしれません。 (2016/04/02)


参考

「(2)犯罪組織による薬物の不正取引の実態」 掲載データは平成14年度まで (2016/04/03)




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system